2017年 05月 20日

巨大魚育む春の人造湖(朱鞠内湖MAXタコス味編)

d0317378_17091345.jpg
今シーズンも志願の上、朱鞠内MAX苦行団に加わえていただき、やって来ました北の人造湖。
今年も日の出から日没まで、許される最大限の時間、幻の大魚イトウを狙います・・・まさに朱鞠内MAX!
AM4:00出船、我々一行は希望どおり北大島に上陸し、フィッシングスタート。
上陸直後は穏やかな風のおかげで水面が荒れず、我々が膝上くらいまで立ち込んでいる水中にはワカサギの姿が見えます。
十分に手の届く沖では大きな尾鰭を見せてイトウがムックリとボイルしているのが見ることもできました。ウホー!


d0317378_17091617.jpg
この日の道具立てはDeerCreek#7/8、ブグレーにはVision35ldのランニングライン。
それにスカジットコンパクト(インター)+シンクティップ。
なお、シンクティップは20年前に使っていたタイプ2のシューティングヘッド(#9)を4mにカットして使用しました。
悪くはないんですが、ティップはもう少し重く短くしても良いかも・・・。


d0317378_17091173.jpg
割と早い時間帯、ゆっくりリトリーブする左手にモァンモァンという生命感が伝わってきました。
左手でランニングラインを強く引くと同時にロッドを起こすと、とてもコンディションの良いアメマスが姿を見せてくれました。
スローリトリーブで魚を釣ったのは初めてなのですが、なんとも不思議な手応えでした。
毎年恒例の参加賞にしては釣れる時間が早いし、サイズも50cmはある立派なアメマスです。


d0317378_21312345.jpg
なお、朱鞠内湖の渡船サービスを利用しての釣りは、今回で3年目となりますが過去2年はいずれもイトウを『見て』います。
『見て』いるだけで『釣っていない』はいないのですが、個人的にはイトウという魚は神々し過ぎて、見るだけでも『ありがたやありがたや、ナンマンダブ・・・』
という感じですので、釣れなくても不思議と悔しくありません・・・何でしょうこの気持ち。釣る前から既にターゲットに呑まれている(笑)?
湖面に刺さる一本の杭のハズが、湖畔に横たわる一本の丸太になり、『今年もイトウを見たいなぁ・・・』とぼんやり考えながらZzz・・・。


d0317378_21312181.jpg
・・・なんと、私が湖畔に横たわる丸太になっているその間には友人がイトウをキャッチしておりました!
しかも、けしからんことに私が寝ているすぐ目と鼻の先で!
起き抜けに目をこすっているときにはリリースを済ませて、こっちに向かってガッツポーズ。
『ちょっと、なんで起こしてくれないの!?』と高校生が母親に言うような理不尽な八つ当たりをしておきました。
(写真は仲間内のライン添付画像を借用)


d0317378_17091502.jpg
やがて正面からの風が強くなり、距離を出すことが困難になってきます。
竿先からはランニングラインがチョビっとしか出ていないので、スイスイとリトリーブしちゃうとアッという間に終わっちゃいます。
なので、出来るだけゆっくり引いて、少ないラインを少しでも長持ちさせるセコセコ作戦で行きました(笑)。
こんなだから釣れないのかな(笑)?
昼食係としてバーナーを扱う予定の私としては、この強い風が別の意味で気になってきます。
バーナーにオプションで付いている風防ではいかにも頼りないので周囲の石を積んで風を防ぐことにしました。
ついでにテストを兼ねてコーヒーを淹れてリフレッシュ。


d0317378_17091421.jpg

本日のランチはタコス味のホットサンド。
中身は自作のタコスミート、サルサ(カットトマト+オニオン+ピーマン)、チェダーチーズ、ソーセージ。
新調したCHUMSのホットサンドメーカーは食パンが余裕をもって入るサイズで使いやすいです。
但し、四辺がきっちりプレスされないので、具材への火の通り方に関しては先代のコールマンが若干優れているかな?
美味しいとは思いましたが、釣りのランチとするなら、もっと具を入れてボリュームを出したほうが良いかもしれません。
こちらは来年の課題としたいと思います。どなたか美味そうなホットサンドのレシピあったら教えてくだされ。


【中身1:タコスミート】
合挽挽肉にニンニク、塩コショウ、ウスターソース、ケチャップ、カレー粉、チリパウダー、パプリカ、オレガノ、ナツメグ等々・・・を分量適当に加えて炒めた後、水を少し入れて水分を飛ばします。
嫁を『ちょっと来て味見てみて、ちゃんとメキシコ味になってる?』と2回も呼びつけたので、ウンザリされたかも(笑)
『サルサとチーズと一緒に食べれば大抵メキシコ味になるから!そもそもメキシコ味って何さ。』とのことでした。


【中身2:サルサ】
トマトの缶詰(カット)にみじん切りにしたタマネギ、ピーマンを混ぜただけ。

これらを前日に作って、タッパーに入れて持って行きました。
ちなみにトップバリューからレトルトのタコスミートが売られているそうです。前日の仕込みまでしたくない方はご参考までに。


d0317378_17091769.jpg
沈みゆく夕日が許された時間が僅かであることを示し、そこから来る焦りのあまりカウントダウンを取ることも忘れ(こういう雑な所がダメなんですよね(笑))、一心不乱にキャスト&リトリーブを繰り返しますが、残念ながらリトリーブする私の左手に衝撃が訪れるのは動かない根掛かりのみ。
やがて、遠くから迎えのボートが出発する音と、それを聞いたYunさんがリールにラインを巻き取る音が今日の釣りの終了を私に告げていました。
(写真はYunさんのフェイスブックより借用)


d0317378_17091246.jpg
私に朱鞠内湖の女神が微笑むのはいつでしょうか?まぁ一年に一回の参拝では、その日は遠いかもしれませんね?
こちらは私たちをポイントに渡してくれたり迎えにきてくれたりする朱鞠内の女神様をイラスト風に。今年もお世話になりました。

[PR]

# by andieloop | 2017-05-20 23:00 | 釣り | Comments(8)
2017年 04月 17日

春の道東河川(すべてが此処に・・・編)

皆さま大変、ご無沙汰しております。
ブログを訪れて頂いても全然更新せずにおりまして心苦しい限りです。
1~2月はともかく、3月はアメマス釣りに出かけたいなと思いましたが、結構色々ありまして釣りもしないまま4月を迎えてしまいました。小樽勤務から札幌勤務に変わりまして、相変わらず釣行回数は少なくなりそうですが、今後もブログは続けていきたいと思います。

さて、定宿予約の都合上、随分前から企画された別寒辺牛川釣行に参加させて頂きました。
初めてこのフィールドを訪れたのが2014年4月13日ですから4年連続です・・・が、あら?例年より人が少ない??
そして、なかなか水中からのコンタクトを得られず、絶望的な雰囲気が仲間内に漂います。
少しダレ気味にキャストを続けること小一時間、ようやっと釣れてくれたのは少し痩せたアメマス。口の中が黒いのは厚岸産の証?
d0317378_20395549.jpg



僅かな陸地が私たちの休憩場所。暖かいカップヌードルでお腹を満たします。
あ、コーヒー飲むの忘れましたね・・・失敗したなぁ。
正午からは、気温が上がってきたのが良かったのか、更にポツポツとは釣れるようになりました。
本当に「ポツポツ」とですけど・・・アメマスの減少はここ別寒辺牛川も例外ではないようです。

d0317378_20401491.jpg



鈴木旅館の疲れた体に染みわたる熱湯風呂、清掃を放棄して久しい施設、煎餅布団、そしてそれらマイナスポイントを全てを引っくり返す美味しい夕ご飯(次の日作ってくれるお弁当も美味しいです)。
聞くところによれば厚岸町内には遠藤旅館というコチラも料理が有名な旅館があるそうですが、友人たちは一切興味がないようでした。やっぱり、ここじゃないと『ベカンに来た』感じがしないのでしょうね(笑)。
疲労とアメマスの躍動を味わえた安堵感、朝イチは絶望してたのにすっかり機嫌になっている友人たちの笑い声、熱いお吸い物、冷たいビール・・・。酔ったせいもあり何だか全てがココにあるような気がして、泣きたいような気分になっている内に座敷でイビキをかいておりました(笑)。

d0317378_20400881.jpg


次の日は遅めのスタート。
ガツンという衝撃と共に、なかなかの重量感がロッドに乗ります。
『キタコレ!』・・・と思いきや、私の中で恒例のダブルヒット(ドロッパー付けてます)。アメマスは複数で行動するということの証左でしょうか?私はアメマス釣りのなかでヒットの瞬間が一番好き。なので、できれば別々に来てほしいナ・・・。

d0317378_20400212.jpg

2年連続竿頭の友人がキャッチしたトロフィーサイズ。
寡黙な方ですが、釣ったアメマスに話しかけるのは今年も同じでした(笑)。
d0317378_20402758.jpg


こちらも素晴らしいサイズ。朝のローテンションとこの時のハイテンションの落差は面白かったです(笑)。
今回トロフィーサイズを釣るところを3本目の前で見ましたが、フライは4~5cmのものが良い結果を残しているように感じました。サケ稚魚のサイズなのかな?

d0317378_20402369.jpg


こうして厳しいながらも別寒辺牛川を堪能した訳ですが、このフィールドでは駐車スペースの問題、我々釣人が線路を歩くことによる列車の安全な運行への影響が問題視されているようです。今回は列車が徐行をする位ブレーキをかけているシーンを見かけてしまいました(釣人が十分に軌道から距離を空けなかったようです)。もし事故でも起きれば、たちどころに鉄道会社は立入防止柵を設置するでしょう。私も同じ穴のムジナです、お目こぼしを受けていることを常に忘れずにいましょうね。

d0317378_19503003.jpg
さて、お土産を家族に振る舞うまでが私の別寒辺牛川釣行。
アサリは酒蒸しやボンゴレではなく、マイブームのアヒージョに入れてみました。ある方の影響で作り始めたこのアヒージョ、少し気取った上品な料理なのかなと思いましたが、そんなことないですね。簡単で無骨で本当に美味しいです。

[PR]

# by andieloop | 2017-04-17 20:15 | 釣り | Comments(8)
2017年 01月 22日

スペイスイベル2017

ランニングラインとシューティングヘッドの間に入れるスペイスイベル。
昨シーズンいっぱいはNTパワースイベルを使用していましたが、今シーズンはWクレンという2連結のモノに戻すことにします。あくまで体感ですが、こっちのほうが回転する部分が多いから良いのかもしれません・・・。
私の場合、ブレイデットは使わずにソルト用の組糸を使い、引き込んでループを作るのではなく、パーフェクションループ及びクリンチノットでスイベルと組糸を接続しています(念のため接着剤で抜け防止措置をします)。仕上がりは多少ボコボコしますが、引き込まない分全体を短く作れます。
所持するリールが少ないと、作る数も少なくてイイでしょ?3つでイイ、ワハハ(泣)。

d0317378_16300066.jpg


[PR]

# by andieloop | 2017-01-22 16:50 | 釣具 | Comments(0)
2017年 01月 16日

野武士の剣

今般、愛竿DeerCreekのコルクグリップを交換しました。
このモデルのコルクはあまり良いものを使用していないので、もともとコルクの割れ目をパテで埋めてあるんですが、程なくパテが剥がれてしまい、いつしかそこが黒く変色(カビ?)して見るも無惨な状態になってしまいました。
そこでウッドエポキシを充填して対応していたのですが、時間が経っても色が全然馴染まなくて異様な雰囲気のグリップになりました。
加えて、コルクがブランクから浮いてきて(内部で接着剤が剥がれた様子)、握るとブニブニして気持ち悪いことこの上ない。
ツーハンドロッドのグリップ交換をプロに頼むとおそらく結構な費用がかかるのでしょう・・・一念発起、年末年始にかけて、DIYでコルク交換をしました。
写真はキレイに見えるように撮影しましたので、お!良いじゃん!と思われるかもしれませんが、実物はけっこう突っ込みどころあります。
私の釣り道具はこんなのばっかりです(笑)。
d0317378_20413329.jpg

d0317378_20412406.jpg

作業の模様は長ったらしいので畳みます。


More
[PR]

# by andieloop | 2017-01-16 20:48 | 釣具 | Comments(6)
2016年 12月 10日

冬の尻別川(さよなら2016シーズン編)

『夢を追って、3人仲良く撃沈しましょう』そんなお師匠らの言葉で尻別川行きが決まった金曜日の夜。
後志利別川と尻別川を天秤にかけての選択でしたが、迷いに迷った結果ニジマスの可能性が僅かでもある尻別川へ行くことを前述の言葉で後押ししたのでしょう。
d0317378_1954334.jpg



ポイントへのラッセル、凍るガイドとリール、ビシビシ顔に当たる雪・・・ヌルヌル滑る川底に、もし転んだらお陀仏かも知れない水量・・・。
動画で観る北米の冬のスチールヘッド釣りのような情景・・・そんなカッコいいものではなく修行です(笑)。

d0317378_21165546.jpg


お二人が遙か下流まで釣り下っているの見ながら、休憩のタイミングが誰より早い私。 凍ったスニッカーズを囓ると前歯が折れそうなので、今回からキットカットにしておきました。



d0317378_1961569.jpg



セブンイレブンの鍋焼きうどんにオニギリを投入し、更にグツグツと煮ると・・・おやおや?海苔と鮭が汁に合います。 次回はうどんを全部食べた後に、残った汁に鮭オニギリを入れ、更に溶き卵と乾燥わけぎを入れてみたいと思います。きっと鮭雑炊みたいな感じになるんじゃないかと・・・汚いですかね(笑)?。

d0317378_1964288.jpg



・・・釣果ですか?
冒頭の言葉どおり撃沈です。生命反応一切なしの完全BOZEでした。 魚の躍動を味わったのは7月末・・・ハァ〜・・・ため息が出ちゃう(泣)

d0317378_21173173.jpg



いやいや、そんな事よりも道東のアメマスが芳しくない中、冬の釣りにおける一尾のハードルが更に高くなった現状に軽い戦慄を覚える私でした。

d0317378_1965467.jpg



[PR]

# by andieloop | 2016-12-10 23:00 | 釣り | Comments(6)