2017年 09月 16日

晩夏の道東河川(Foolish gambler am I 編)

友人達が週末に足を運ぶフィールドに大いに迷っている金曜日、私には一つのプランがありました。
道東の河川で遡上アメマスを狙いたいというものです。
しかしながら、その目論見は5〜6年間は外れており、約270km走ってパーフェクトボーズマンも充分ありえますし、そもそも濁って釣りにならない場合も考えられます。
長いこと葛藤しましたが、『(丁度良い)水位・(遡上の)時期・(問題の)自分の釣り可能日』が一致するタイミングは、そうそう無い!・・・と道東道を走りました。
d0317378_20105910.jpg

前日に水防団待機水位まで急上昇したのですが、今は丁度良い水位まで下がっております。水の色はちょっと濁りがキツいけど。
ドキドキしながらキャスト&ダウンを繰り返しますが・・・開始30分でダメダメ感が濃厚に。
それでも、暫くすると下流に弧を描くラインに”ゆいんゆいん”と生命感が乗り、30cm弱のアメマスが顔を見せてくれました。
海から来た魚ではないことは明らかですが、出方が良かった・・・というかウグイじゃなくて本当に良かった、ファイト中に休憩したからウグイかと(笑)
その後もいくつかの場所を巡ってみましたが、ここら辺の川の下流域には釣り人が私しかいない様でした・・・道東独特の茫洋とした景色と濁った水が、私のギャンブルがやっぱり失敗に終わったことを告げておりました。
あれ? 2015年のこの時と状況や気持ちが全く同じ、そういえば、この時、こんなギャンブルはもうヤメタと決意したのを思い出しました。あっ!忘れてた(笑)
d0317378_20105841.jpg

[PR]

# by andieloop | 2017-09-16 23:00 | 釣り | Comments(0)
2017年 09月 03日

思い出は誰の為?

来年は中学生になる長男と二人だけでニジマス釣りに出かけました。
大きいのが釣れなくたって良いから何とか魚を釣らせてあげたいと思い、友人が紹介してくれた小規模河川に足を運びました。
この川も多少なりとも河川工事が行われており、やや白濁した水が気になりますが、結果から言うと我々のような親子連れが楽しむには充分な川でした。

d0317378_20035671.jpg

上手になったとは言い難いけれど、ロッド一本分のラインならば後方や対岸の木を避けながらフライを投げ込むことも出来るようになりました。
目を細めながら釣り下る息子の後ろ姿を見守っていると、やがて小さいけれど元気なニジマスがポツポツと釣れてくれました。
ホントにありがたい・・・・ありがとう!

d0317378_20035761.jpg
d0317378_20035823.jpg


鮭が川に遡上する様子を見学したり、その後ろにアメマスが付いて回る様子でも見れないかな?と思い釧路方面へ移動(結果:早すぎたようでした)。
夕食には大楽毛にある『ぶた福』のミックス豚丼を注文しましたが『韋駄天』の豚重に引き続きまたしても息子は残しやがった!
普段は肉肉肉肉とウルサいくせに(笑)

d0317378_20035966.jpg

今晩の寝床は白糠の道の駅。
暗闇の向こうから聞こえる波の音を聞きながら・・・ヘッドライトでコロコロコミック・・・・。

d0317378_20040016.jpg

『好きな娘とかいるんか?』みたいな普段出来ないような話でもしようかと思ったんですが、照れ臭くてなかなか出来ないものですね。こんな子供っぽい漫画を夢中で読んでる長男ですが次の春には中学生。
諸先輩方の息子さんの例を鑑みると、中学生位になったら週末に父親と魚釣りになんて行きたくないと言うかもしれませんね。
妻は『ウチの子達は行きたがると思うよ』などと言うものの、いろんな行事があるだろうし、いろんな事に興味が移るだろうし、そのほうがむしろ正常なんじゃないか?とも思うし。
思い出作り・・・息子の為というより自分の為と言うべきなのかもしれません。
・・・なんて、ちょっと感傷に浸りながら、疲れてスヤスヤと眠る息子の手をそっと握ってみたら(もう恥ずかしがって手を繋ぐことも無くなりましたので)、いつの間にかけっこう大きくそして分厚くなっててビックリ。
何だか嬉しいような、寂しいような上手く説明できない気持ちが一気に押し寄せてきて涙が少し出てしまいました。
とうとう頭おかしくなったかな?(笑)

d0317378_20040065.jpg
d0317378_20040105.jpg
d0317378_20042148.jpg


[PR]

# by andieloop | 2017-09-03 18:40 | 家族 | Comments(6)
2017年 08月 19日

ファミリーキャンプ2017

夏休みの恒例行事のファミリーキャンプです。
昨年と同じ森林公園びふかアイランドキャンプ場に3〜4泊の予定で準備しました。
なお、ドサクサに紛れてウェーダー、ロッドなどの川遊びグッズも積み込もうとしましたが、妻の白い目に恐れをなして元の場所に戻しました。
こうして到着したキャンプ場は見たことも無いほどの大盛況。
家族連れ、ライダー、道外からの長期滞在者で大変混み合っており、テントを張る場所を選ぶことは出来ない状況。
とても快適なキャンプ場だから、この時期こうなるのは仕方ないのですが・・・。
d0317378_21325925.jpg

夕方〜朝方にかけては、この時期として考えられないほど気温が低く、これは天塩川のニジマス達もさぞかし気持ち良いんだろうなぁ〜と息子らが管理(?)する焚き火にあたりながら、ぼんやりと考えていました。
d0317378_21330084.jpg
d0317378_21330135.jpg

今回はダッチオーブンを使って燻製に挑戦。
まずはチープなソーセージで練習しましたが『何じゃ?酸っぱい!』・・・どうやらスモーク時間が長すぎるとタールが付きすぎて酸っぱくなるようです。
この反省を踏まえてスモーク時間を少し短くしましたので概ね美味しく出来ましたが、残念なことにサーモンはスモーク味の焼鮭になってしまいました。
コレはコレで単純に食べ物として美味しいけど、やはり、あのネットリした食感を出すに充分な下ごしらえが重要なようです。

d0317378_21330223.jpg
d0317378_21330221.jpg


余ったスモーク豚肉(?)はホットサンドの具にして、スモークチキンはそのまま食べるのを我慢してサンドイッチに。
・・・美味しいことは美味しいのでしょうが、実は燻製の美味しさがイマイチ分からない私なのでした。だって煙の味するからね・・・。
家に大きめのスモーカーを準備して自家製ベーコンが出来たら幸せになれそうだな・・・それとスモークサーモンとシメジのクリームパスタを作る事を当面の目標としたいと思います(笑)。
d0317378_21330344.jpg
d0317378_21330415.jpg

【ニジマスの話1】
帰りに寄った旭川にある妻の実家では朝食にムニエルを出してくれました(写真はありません)。

私 『美味しいですね。マスですか?』
義母『そう、ニジマスなの♪』
私 『!』(吹き出しそうになるが、慌てるな・・・食用の養殖ニジマスに違いない・・・)
義母『近所の人が近くの川で釣ってきて沢山釣れたからって頂いたの♪』
私 『!?』
義父『デカかったよ、この位あったわ(笑)』(推定50cmオーバー)
私 『!!!』(気を失う)


【ニジマスの話2】
旭川にある義兄の会社の事務所に寄ると『これあげる』と飾ってあったLLサイズのニジマスの剥製を頂きました。
15〜16年前に旭川近郊の川でルアーで釣った魚だそうです。
とても立派なモノなんですが、う〜ん・・・なんとなく罪悪感というか複雑な心境(汗)。
d0317378_21330548.jpg

今シーズンは釣行回数が極端に少なく、まだニジマスを釣っていないという危機的な状況です(笑)。
このブログを訪れてくれる皆様にも、本当に申し訳ない気持ちでおります、ハイ。 秋に期待をしていますが、今般の2件でバチが当たりそう・・・。
ご先祖様(妻のだけど)、何卒ワタクシに50cm程度のニジマスをお恵みください。
d0317378_21330643.jpg

[PR]

# by andieloop | 2017-08-19 22:36 | 家族 | Comments(2)
2017年 06月 18日

Born to be wild

次男の日曜日の絵日記より。
来年はもっと釣りたいそうです。そうなると良いね。
d0317378_16492176.jpg

週末は息子二人を連れて、十勝方面へニジマス釣りに出かけました。
昨年は何だかんだで連れて来れなかったから2年ぶりとなります。
午前3:00、『絶対起きる』宣言をしていたクセに、全然起きない二人をようやく起こして札幌を出発。
すっかり明るくなった頃に十勝平野が車窓の外に広がりますが、案の定、目に入る十勝川各支流は思わず目を覆いたくなるような状況。
河原に生えていた木々は殆ど流されて、堤外(河川が流れている側)の殆どは裸地というのでしょうか砂利や土が剥き出しになっています。
文字どおり『傷跡』というにふさわしい光景・・・。
そこに洪水及び河川工事の影響でしょうね細かい泥の粒子が水に混ざっているような、不健康そうな水が流れており、魚が居るようには到底見えません。
熊が出なそうな範囲でなるべく上流に移動しましたが、何と橋が壊れていました。

d0317378_16491766.jpg

ここで更に上流域や渚滑川などの別河川に大きく移動することも考えましたが、熊の心配があるし、小学校3年生の次男にとっては水量が多すぎたりと移動は厳しいと判断して、雰囲気皆無の川でフライを流してみることにしました。
すると幸いなことに、少し水深のある流れ込みに小さなウェットフライを流してみると、小さなニジマス達が釣れてくれました。
まだ、フライラインを右手の指でホールドして手繰ることを知らない長男は口でラインを咥えて対処、そう言えば私も初めての時はそうなった(笑)

d0317378_16491915.jpg


まだ小さい次男には3番ロッドを両手持ちにするのが丁度良いようで、25cm位のニジマスが掛かると「大きい!」と叫んで大喜び。
彼の体感としては我々大人が40〜50cm位のニジマスを釣るのと同じくらいなのかな?・・・うっ・・・ちょっと羨ましいかも(汗)

d0317378_16491870.jpg


フィッシュランドで買ったナイロンウェーダーは内部が蒸れ蒸れのようで次男のズボンはビショ濡れ。昼食はパンツ姿で(笑)。

次男:『お父さん、道の駅まで行って・・・ウ○チしたい』
 私:『ダメだ・・・ここからは遠すぎて間に合わない・・・(ニヤリ)』
次男:『えぇ〜!?』
 私:『大丈夫、ここなら誰も来ないから。いいか、コツはギリギリまで我慢して一気に短時間で済ますことだ。やってみろ(ニヤニヤ)!』
長男:『オレもやったことあるよ!しかも高速道路(の法面)で!』
次男:『・・・』

人間としての尊厳か何かが邪魔をしていたのでしょうか? 暫く抵抗していた次男でしたが、やはり押し寄せる生理現象には抗し切れず、遂には私が愛用する水に溶けるポケットテイッシュを手に藪の中に消えていきました(頭隠して尻隠さずだったけど)。
・・・無事、生まれて初めてのWild−Shitを済ませて藪から出てきた彼の表情は、単にスッキリしたというだけでなく、心なしか少し逞しく見えたものです・・・わんぱくでもいい、たくましく育ってほしい(1970年代−丸大食品)

d0317378_16492013.jpg


夜はお待ちかねの焼肉バイキングウェスタン。腹を減らして、お店と勝負だ!
妻がこういう食べ放題的なお店を嫌がるので、なかなか連れて来て貰えない子供らは大はしゃぎ。
お腹がはち切れるまで食べてました、ケーキやアイスを・・・第1皿からいきなり菓子パン食べるんじゃないよ。

d0317378_16492237.jpg


お店との勝負に完全に負けた我々が次に向かった先は町内の温泉。
出てきた頃には外はすっかり涼しくなっていました。さぁ、息子らよ今夜は何処で眠ろうか?

d0317378_16492310.jpg


やっぱり定番の道の駅に移動、ササッと車内に寝床を作り、息子達はアッというまに夢の中へ・・・しかし狭かった・・・。

d0317378_16492273.jpg


『何時でも一緒に来れる』なんて思っていましたが、長男もいつの間にか小学校6年生。
最近は妻が手を焼くほど生意気になってきたし、私も厳しく叱責することも増えました。
時には大きな声を出して反抗することも・・・だから、たまには釣りにでも一緒に行って、父と子の瑞々しい思い出を・・・なんて・・・。
中学生にもなれば友達関係や部活動などで、父親と遊ぶなんてことも無いかもしれませんが、せめて私の方に悔いが残らないように・・・。
高校生くらいになって、まだ釣りに行きたいようなら一緒に本流に行けるんだけどな。

最後に、ある橋の上からの光景。
ここは割と市街地に近いため河川工事が他より進んだ状況のようですが、両護岸の間の水深は多分20cm程度でしょう。
・・・ウソ・・・でしょ?
この広い左右の護岸の間では、やがては川が蛇行し始め、深みや瀬を作り、川辺に樹木が繁茂するんでしょう?そのつもりでこうしたんでしょう?
あくまでも、この姿は途中経過に過ぎない?そうであって欲しい・・・。

d0317378_16491629.jpg



[PR]

# by andieloop | 2017-06-18 16:54 | 家族 | Comments(6)
2017年 05月 30日

フライタイイング#39 セッジとサワダフック

家の裏の雑木林から虫の鳴き声が頻繁に聞こえるようになってきました。何となくムッシーな気分が疼いてきましたので、久しぶりにバイスに向かいました。
私的に使用頻度が高いのがSAWADAのBLACK SPEY(SL6)とBLACK SEDGE(TD7)です。
どっちも黒くてダウンアイのウェットフライ用フック・・・程度の認識しかなくて、どう違うの?という感じでした。
本日分かったことですが、何とパッケージの裏に詳しくスペックが書いてある(笑)!
読むと両者の違いは以下のとおり。見た目のまんまBLACK SEDGEが太くてちょっと短いということですね。

 BLACK SPEY(SL6)
  ワイヤ:スタンダード
  シャンク:1Xロング

 BLACK SEDGE(TD7)
  ワイヤ:1Xヘビー
  シャンク:SLIGHTTLY CURVED

d0317378_22220399.jpg

ヒゲナガカワトビケラのサイズをイメージして巻いてみました。
左がBLACK SPEY(SL6)、右がBLACK SEDGE(TD7)です。
フックを指で隠すとその違いが・・・殆ど無い、というか私には全く分からないです(笑)。
フック込みだとBLACK SPEYのほうがカッコいいですかね?それと刺さりやすそう。
一方、BLACK SEDGEはフッキングした後のバレにくさと伸びにくさが優っていそうですね、多分0.2%くらい(笑)。
d0317378_22220412.jpg
『暴れまくるニジマスは針が刺さった穴が広がりやすい → なので、出来るだけ短期決戦が望ましい』
と考えている私としてはワイヤが太いBLACK SEDGEが最適解かな?
・・・でも、やっぱりどっちでもイイな(笑)。

[PR]

# by andieloop | 2017-05-30 23:11 | 毛鉤 | Comments(0)