2017年 09月 16日

晩夏の道東河川(Foolish gambler am I 編)

友人達が週末に足を運ぶフィールドに大いに迷っている金曜日、私には一つのプランがありました。
道東の河川で遡上アメマスを狙いたいというものです。
しかしながら、その目論見は5〜6年間は外れており、約270km走ってパーフェクトボーズマンも充分ありえますし、そもそも濁って釣りにならない場合も考えられます。
長いこと葛藤しましたが、『(丁度良い)水位・(遡上の)時期・(問題の)自分の釣り可能日』が一致するタイミングは、そうそう無い!・・・と道東道を走りました。
d0317378_20105910.jpg

前日に水防団待機水位まで急上昇したのですが、今は丁度良い水位まで下がっております。水の色はちょっと濁りがキツいけど。
ドキドキしながらキャスト&ダウンを繰り返しますが・・・開始30分でダメダメ感が濃厚に。
それでも、暫くすると下流に弧を描くラインに”ゆいんゆいん”と生命感が乗り、30cm弱のアメマスが顔を見せてくれました。
海から来た魚ではないことは明らかですが、出方が良かった・・・というかウグイじゃなくて本当に良かった、ファイト中に休憩したからウグイかと(笑)
その後もいくつかの場所を巡ってみましたが、ここら辺の川の下流域には釣り人が私しかいない様でした・・・道東独特の茫洋とした景色と濁った水が、私のギャンブルがやっぱり失敗に終わったことを告げておりました。
あれ? 2015年のこの時と状況や気持ちが全く同じ、そういえば、この時、こんなギャンブルはもうヤメタと決意したのを思い出しました。あっ!忘れてた(笑)
d0317378_20105841.jpg

[PR]

by andieloop | 2017-09-16 23:00 | 釣り | Comments(0)


<< 燻製 ~男の世界〜      思い出は誰の為? >>