2015年 08月 07日

ファミリーキャンプ2015

子供らが夏休みに入ったこの時期、例年より一週早くお盆の週の前に夏期休暇を取得しました。

【美深のキャンプ場で3泊4日】
料金も良心的、温泉至近、ウォッシュレット付きトイレ、朝と夜には洗面台ではお湯が出る。
子供が遊ぶトコロもある、クワガタやカブトムシも捕れる、袋(20~50円程度)さえ購入すればゴミを受け付けてくれる、車でテントサイトまで乗り入れ出来る、ペットもOK、洗濯機あり(有料)、製氷機あり(有料)
悪い点を見つけるのが難しいキャンプ場でした。テントを張りっぱなしにして、ここにしばらく住んでる様な道外キャンパーも多かったです。
d0317378_1937143.jpg


キャンプの合間を縫って、お隣にある音威子府村の『ふるさとまつり』に行ってきました。
イベントのダルマ落としにチャレンジ。
15名が挑戦する中、成功者は私を含めて3名。写真は最後の段を打ち抜くシーンです。
言うとアレなんで言いませんが、成功者はかなり嬉しいモノが頂けます。
音威子府役場の皆さん、村民の皆さん、ありがとうございます!
d0317378_19363197.jpg


牛の丸焼きの焼肉が一皿200円。半生に焼けた肉を買い、それを席に戻ってから更にお好みの状態まで焼いて食べます。火の付いたBBQ台は貸してくれますので手ぶらでOK。
柔らかくて凄く美味です。運転手の私はビールが飲めないけれど・・・。
d0317378_19373478.jpg


駅舎内にある音威子府そばのお店。
真っ黒くて個性的な香りがする音威子府ソバは好みじゃ無いけど、ここで食べると何故か美味しいから不思議。
なお、ふるさとまつりでは、音威子府そばの早食い競争もありました。
昨年のチャンピオンには破れた私は二位、妻は三位でしたが、妻が喉を詰まらせて死んでしまうかと思いました(笑)。絵が汚いので写真はありません。
d0317378_19375315.jpg


子供たちも楽しんでくれたようです。
いつかリタイアしたら、ここに2週間位滞在して手塩川で大型ニジマスを狙うなんていう新しい夢が出来ました。
d0317378_19381082.jpg



【京極のキャンプ場で2泊3日】
大きく移動して、噴き出し水が横を流れる格安のキャンプ場。
ここは、冷水がすぐ横を流れていますので、他と比べると凄く涼しい筈なんですが・・・。
d0317378_19412587.jpg


汲んだ噴き出し水でコーヒーを淹れる。ウメー!!美味いです。
え?『オマエに違いなんて分からないだろ』って?
イヤ気のせいじゃなく本当に美味しいですって、後味がまろやかというか何というかムニャムニャ・・・(笑)。
d0317378_19415097.jpg


キャンプ地からは少し離れているけれど、ニセコ駅舎内にある茶房ヌプリでカレーを頂きます。
まだ二十代の頃、夏休みに7泊8日で尻別川武者修行を行った時に、朝マズメ→昼ヌプリカレー、夕方ヌプリカレー→夕マズメという毎日を送っていました。お小遣いも時間も沢山あった時期です(汗)。
この時、夕暮れの尻別川でジャンプした巨大なレッドバンドニジマスが、私の夢の始まりなんです。
・・ということで、家族には私の思い出の品、カレーのみの注文を義務付け。
私の奢りなので、遠慮というか容赦なくベーコンエッグ、ソーセージ、ハンバーグカレーを注文する家族達。
私はノーマルで・・・(泣)。
d0317378_19421036.jpg

[PR]

by andieloop | 2015-08-07 23:58 | 家族 | Comments(2)
Commented by abu-z4 at 2015-08-11 16:46
andieloopさん、こんにちは。
家族で過ごすほのぼのとした雰囲気が伝わってきます。
andieloopさんの持ち前のユーモアで、笑いの絶えない家族なのでしょうね。
ただ、行く先々が釣りのフィールドような気がしますが僕の思い過ごしでしょうか。
まさかこっそり・・・・・・
Commented by andieloop at 2015-08-11 19:37
abu-z4さん、こんばんは!
ペグ打てとか、肉喰えとか、早く寝ろとか・・・案外、体育会系なんですよ(笑)。
お見込みのとおりキャンプであっても行き先は釣りのフィールド的なトコロになってしまいます。
やっぱり川もしくは湖が好きなもので(汗)。
子供達がエサ釣りしてますので、手竿を奪い取って釣り糸を垂れることは良くあります(笑)。


<< 盛夏の十勝川3(指笛響く夏の渓谷編)      ソックスinソックス >>