2015年 07月 21日

ソックスinソックス

買ったばかりの二代目SIMMSのFSウェーダーですが、2回目の釣行で早くも両足ソックス部がビチョビチョになります。えぇ〜水漏れ?
その時は怒りに燃え『ヤンキー共め、またテキトーな仕事しやがって!』と、輸入元に修理か交換の要請をしよう・・・なんて思いながらもちょっと冷静に考えてみた。
『・・・待てよ、新品で両足同時にソックス部に穴が開くって確率的に考えられるか?しかも、よく考えるとウェーディングしていて直ぐにじゃなく、暫くして濡れてくる気がするぞ?』・・・結論の出ないまま釣行を重ねます。
3回目では全然何ともありません、あれ?。4回目の釣行は両足同時に少し時間が経ってからびしょ濡れ。5回目・・・何ともありません・・・あれれ?
これって、もしかして「漏れ」じゃなくて「蒸れ」?じゃあ、先代のFSウェーダーも同じ症状だったけど・・・まさか?
d0317378_19594771.jpg


事の経緯の説明が長ったらしくてすみません。
『蒸れ』の疑念が捨てきれず、その対策としてモンベル社のGORE−TEX オールラウンドハイソックスを購入してみました。お値段の方もヨロシイですが、足がグチョグチョなのは釣りのテンションが激しく下がりますから。
そして、週末に2日間、子供らとの支流でのお遊び釣行でテストしてみましたが、今のところ効果絶大、すこぶる良いです。
5本指の速乾ソックスの上に、このGORE−TEXソックスを履き、ウェーダーを履きます。更にその上に防護するためのネオプレーンソックスを・・・無理でした、ブーツの中で足が『グー』になっちゃいます。
[PR]

by andieloop | 2015-07-21 20:07 | 釣具 | Comments(0)


<< ファミリーキャンプ2015      盛夏の十勝川2(夜討ち朝駆けS... >>