2015年 01月 12日

厳冬の湿原河川2(雪と風と魚編)

三連休最終日です。
糸を垂れなきゃ魚は獲れぬということで、懲りずに・・・ここ湿原河川へ。
d0317378_1741615.jpg


今日はTFOの#7/8にスカジットコンパクト(F_600gr)+MOWティップヘビー(T14)の組み合わせ。
雪と結構なアゲインストの風の中、自分の技量では、なかなか飛ばしたいと思う地点までフライが届きませんが、流れの真ん中で少々痩せたアメマスが私のフライを見つけてくれました。
あまり元気の無い魚でしたが、久々に味わう魚の躍動感に感動。こうして2015シーズンのファーストフィッシュは思っていたより随分早くやってきました。
d0317378_1827165.jpg


早い時間帯に一尾釣れたものですから、その後も続くかな?と思いきや、その後はやっぱりサッパリ(汗)。
今日はそれほど寒い日ではありませんでしたが、ホーマックの顔出し帽("バラクラバ"というらしい)は、少し薄手の生地でとても良い按配、寒すぎず熱すぎず。また、この上からニットキャップを被ると頭がチクチク痒くならないのがアリガタイです。ちょっと格好悪いけど、格安ながらこれは手放せないアイテムになりそう。もう一つ買っておこうかしら?
d0317378_18271584.jpg


下流のポイントから、元の場所まで戻ると、私の他にこの厳寒期に川に浸かっているクレイジーアミーゴを発見。はるばる旭川からお越しの110-kenさんでした。いや、かなり驚きました。
イヤな向かい風の中、きっちりとフライをターンさせてキャストしておいででした。『イヤ、厳しいっスね~、釣れないッスね~』『そうなんですヨ~』とか言いながらも、この後、キッチリ一尾釣ったということです。初めて入る場所だったでしょうに、流石です。
d0317378_17414271.jpg


この川に40年通っている(去年は確か『35年』と言っていたような気がしますが、そこは重要な点ではないので、スルー(笑))という地元のベテランアングラーさん曰く、この川も、他の道東河川の例に漏れず、ここ1~2年で数もサイズも大きく落ちているとのこと。十勝川もそうでしたが、どうしちゃったんでしょうね、道東のアメマス。
とにもかくにも、ファーストフィッシュのプレッシャーから解放された私は、来週もまた頑張っちゃうのであります。
[PR]

by andieloop | 2015-01-12 18:53 | 釣り | Comments(2)
Commented by Old Limerick at 2015-01-14 23:26 x
andieloopさん  こんばんは
寒い時期ですが活動的に釣りを楽しまれてますね。
今年もちょくちょく訪問させて頂きますので宜しくお願い致します!
Commented by andieloop at 2015-01-15 19:59
Old Limerickさん、こんばんは!
小さいながらも初モノをキャッチして、何かホッとしています。ちょうど一日の初めの一尾と同じ気持ちです(笑)。
なかなか足を運ぶフィールドが合わないようですが、いつか河原で一緒にコーヒーでも飲みながらお話してみたいものです。では、今年もよろしくお願いいたしますっ!


<< 厳冬の湿原河川3(棒の端につい...      アイデアマンからの突然の贈り物 >>