2014年 12月 22日

初冬の道東河川3(怒涛のシーズンオフ その3編)

天気予報では今日は一日をとおして、気温がプラスになることは無いとのこと。
そして、そのとおり訪れたフィールドではやや強めの冷たい風が吹いていることもあいまって、体感温度はずっと寒いものを感じる一日でした。
岸辺の氷は、もう人が乗った程度では割れないほど厚く成長しておりました。
ステップダウンを始めた5投目、ゆっくり流れを横切るインターミディエイトのシューティングヘッドが何となく動きを止めた様に感じたので、軽くランニングラインを引いてみるとグッというテンションが伝わります。
瞬時にラインを鋭く引いて、ロッドを立てると、ロッド全体に伝わるアメマス特有の躍動に変わります。
『あ、良いサイズ』と思い、ラインをリールに巻き込みますが、セットするときにリールからラインを出す位置を間違えたようで、シューティングヘッドを巻き込めません(汗)。
若干焦りながらも、リールに頼らず何とか無事キャッチしたのは、65cmの立派なアメマス。
d0317378_17512962.jpg


最初に釣れたサカナが良いサイズだったので、寒いし帰ろうかと思ったのですが、まだ、11時なので続行。
いつも私の手を寒さから守るのは、リトルプレゼンツの手甲タイプのグローブ(?)ですが、今日は、さすがに冷たいです・・・。手の甲だけが暖かい(笑)。でも、指先が出ていないと何も出来ないタチでして・・・どうしたものかと・・・。
d0317378_17514928.jpg


ほぼ同じ場所には、もう一尾大きいのが居ました。"大きい"というか"長い"です。実物はそうは見えなかったんですが、写真で見ると随分ノッポさんですね(笑)。67cmありました。
釣れ方はさっきと同じ、フライを咥えてからも、そのままジッとしているようです、反転くらいしてくれればガツンと手応えがあるのにな・・・。
ガイドからラインを一旦抜いて、リールからラインを出す位置の間違いを直したのですが、今度は一番手元側のガイドにラインを通し忘れてます(大汗)・・・・ここが戦場なら命を落としていたでしょう、全く情けないこってす。
d0317378_1752781.jpg


13:00過ぎには、ガイドの凍りつきが段々酷くなり、ヘッドがトップガイドを通らないことがしばしば。
何度となくロッドを岸辺に置いて、アメマスと綱引きしてましたが、所詮はサカナ、楽勝です。
そうなっちゃうと全然楽しくないけど(笑)。
d0317378_17522017.jpg


いよいよもってリールも凍りつき、その度に唇をリールに押し当ててフーッ、フーッと息を吹きかけて復活させますが、14:30手と顔面の冷たさにギブアップ。このフィールドとは春までのお別れとしました。
d0317378_1843845.jpg


顔面が冷たいので、帰りにホーマックでこんな商品を買ってみました。
体にピッタリとした黒のインナーウェアの上下に、これを被ると、まんまモジモジ君ですわ。
d0317378_17523676.jpg


      
[PR]

by andieloop | 2014-12-22 19:07 | 釣り | Comments(2)
Commented by satoru at 2014-12-22 21:45 x
こんにちは。機材が氷り出すと戦意喪失、敵前逃亡する者です。

長いですねー。餌食ってないんでしょうか。
アメマス君も川底でじーっとして目の前に来たときだけ口を使うんでしょうね。

ところで、この目出し帽。かっこよく言うと”バラクラバ”といいますが、冬山や初冬の車中泊、初冬の釣りで使ってますよ。

肌を露出しない変な女優みたいですけど、寒さにはかないません。
いやー、みんななんで寒いの平気なんでしょうか・・・

と、今年もいよいよ終わりですが、いろいろお世話になりました。来年はどっかでお会いできるといいですね。 では。アミーゴ!
Commented by andieloop at 2014-12-22 22:23
satoruさん、こんばんは!
”バラクラバ”で画像を検索してみると・・・何か物騒な画像がいっぱいでてきますね(笑)。
でも、mont-bell、THE NORTH FACEなどのお馴染みのメーカーからも販売してるんですね。商品が気に入ったら、少しお金を出してもそっちを買おうかなと思います。私のは約600円ですので(汗)。
これに愛くるしいニット帽を被れば、テロリスト臭が弱まると思います(笑)。
来シーズンはきっと何処かでご一緒しましょう!


<< メリークリスマス!      初冬の湿原河川2(怒涛のシーズ... >>