2014年 09月 08日

NorthAnglers10月号

このたび縁があって、NorthAnglers誌の「この一本」という連載コーナーに寄稿する機会を頂きました。
9~10月に使うフライということで、自分が頼りにしているフライの内から一本を選んで、いつものようにあまり真面目とは言えない文章でフライを紹介しております。
d0317378_20575346.jpg


いろんなブロガーの皆さんや海外のサイトをパクっているフライですし、そのコンセプト自体が若干お下品なので恥ずかしいのですが、こんな私でもオススメできるフライです。
また、私の原稿はもっとフザけた内容でしたが、編集者の方に上手に修文していただきました(安心したような、ちょっぴり残念なような(汗))。
さて、今月の4本のうち私のフライはどれでしょうか?
願わくば本誌をお近くの書店でお買い求め頂ければ深甚です。立ち読みはダメよ(笑)。

最後に、このような滅多に無い機会を与えてくれた友人のフクちゃん、㈱つり人社の編集者様にはココロから感謝する次第でゴザイマス!


[PR]

by andieloop | 2014-09-08 21:24 | 毛鉤 | Comments(4)
Commented by slowfishing-yun at 2014-09-09 21:51
andieloopさん、こんばんは。
今度ショップや書店に立ち寄る際にはNA誌10月号のフライ、楽しみにしていますね。
Commented by andieloop at 2014-09-09 22:18
Yunさん、こんばんは!
あ、いえいえ、たいした事の無いフライですので・・・(汗)
このフライのルーツは海外の動画ですが、Yunさんのパターンからも大いにエキスを頂戴しているんですよ(大汗)
Commented by hyotan at 2014-09-13 08:07 x
拝読しました。
確かに貴ブログの文面からすると、やや大人しく、そこには灰汁を掬う作業が行われていたように感じました。
が、それでもandieloopさんらしい内容で、炸裂しているところはきちんと炸裂していたように感じました。
コミカルかつ効果的な文章は紙になっても感心です。
Commented by andieloop at 2014-09-14 08:12
hyotanさん、おはようございます。
恐縮です・・・ん?灰汁って、コラー(笑)。
冗談はさておき、hyotanさんの、フライが掲載されている号をブックオフなどで探しているのですが、どうも釧路では無理そうです(汗)


<< 秋の道東河川1(ガイドの不安と...      幸せの黄色い・・・ >>