2014年 08月 03日

盛夏の道東海アメマス2(The Rod builder編)

十勝を後にした私は、とある道の駅の駐車場の端っこで、車中泊の後、まだ暗い内にお目当ての海アメフィールドへ。
なかなか、釣れない時間が続きましたが、ガツンと来ました。
押し波に合わせてアメマスを引っ張り、引き波が去った後、砂浜にはなかなか良いサイズのアメマスが残っておりました。やった(笑)と思ったその瞬間、ここでも針がポーンと外れちゃいました・・・。アメマスはウネウネと海に向かって帰ろうとしています。無意識ながらアメマスに向かってビーチフラッグばりにダッシュする私ですが、一瞬早く再び波が押し寄せ、アメマスを海に運んで行ってしまいました・・・。ダイビングタックルすれば間に合ったかも(笑)。病気だ病気、ポロリ病(泣)。
その後、芳しくない状況に、数人いたアングラーも一人また一人と帰っていきますが、しつこく粘って二匹釣る事ができました。
d0317378_2033182.jpg


お隣で釣っていたフライマンさん。ポンポンと3尾ほど釣り上げ、一旦車にお戻りになられたようですが、私が帰り支度をしている時、昼寝タイムからお目覚めでした。
少しだけ、お話をするつもりだったのですが、海アメ初心者の私は、フライ、タックル、ラインバスケットの事まで分からないことなど質問攻めです(笑)。
それらに全て丁寧に教えて頂き、ホント、これだけで来た甲斐がありましたよ。
『素敵なロッドですね?』とロッド見せて頂いている時に、『申し遅れました、佐藤といいます。』と名刺を頂き、それを見ると、craft S!?ビルダーご本人様でした!
図々しくロッドまで振らせていただきました(ビビってちゃんと振れませんでした(汗))が、非常に軽量で驚きました。同じ#10ロッドでも、私の使っているスペースシューター#10/11とは段違いの軽さです。
d0317378_2034445.jpg


佐藤さんの指摘で知ったのですが、私のリールにセットしてあるアトランティックサーモンSH(650gr)は、オーバーヘッドで使うには重すぎるそうです。言われてみれば、エライ重いなぁ・・・こんなもんだっけ?と思っていたところでした。うはぁ・・・このライン、2本買っちゃった・・・・。本来のスカンジヘッドとして使えば良いじゃない?とフォローしていただきましたが、これからそれを習得する自信は全く無いのでした・・・(泣)。
craft Sの佐藤さん、色々教えていただき、本当にアリガトウございました!

【佐藤さんのこの動画を見て、いつもそのとおりやっております】

[PR]

by andieloop | 2014-08-03 21:12 | 釣り | Comments(2)
Commented by climb at 2014-08-04 23:09 x
andieloopさん、こんばんは!

ポロリ病ですか。難病ですね。笑
確かに自分も止水はポロリ率かなり高いです。。
止水でポロリじゃなくて、街中でおねーさんがポロリしてくれたら良いんですが。笑
craft Sの佐藤さんに会ったんですか!?
自分craft Sのロッド使ってますけど、ビルダーの佐藤さんには会った事ないです。お会いして色々聞いてみたい!

Commented by andieloop at 2014-08-05 22:14
climbさん、こんばんは!
そういうポロリは大歓迎なんですけどね(笑)
そうですかcraft Sのロッドをお持ちなんですか。さすが丁寧に作られているロッドですね。グリップも良質のコルクでとても持ちやすかったです。


<< マグネット式ロッドキャリア試作      盛夏の十勝川6(ニジマスの夏休... >>