2014年 07月 13日

盛夏の十勝川3(土曜日・風薫る十勝編)

『十勝の広野風薫り~♪、燃えたつ雲のさわやかに~♪ほにゃら~ら~♪』
とうとう狂ったか?と思われたかもしれませんが、ワタクシ、少年時代の二年間をここ十勝は帯広市で過ごしておりまして、そのときの小学校の校歌です。
市内でウナギ屋を営む鬼監督がいるのに、皆で野球の練習をサボって、夕方遅くまで帯広川にウグイを釣りにいったものです(遠い目)。監督が怖くても、どうしても魚の躍動感を味わいたかった・・・釣りって男を狂わせるんですよね。あ、そうそう、初恋なんていうのも、この頃d・・・。
d0317378_19575269.jpg


今日は柄の長いランディングネットを持ってきました。でも、どんなに柄が長くても難しいです。上手くできません。こうですか?分かりません(泣)
d0317378_2024519.jpg


本日のイブニングのペアは、リードにオリジナルのウェットフライ、ドロッパーにブラックマドラーです。
このオリジナルフライは名前は無いけど、大型ニジマスへの夢を込めた本ブログのロゴの色調をイメージしています。ニジマス釣りの時しか結びませんが、これでも釣れるんですよ。
ティペットは、デカニジさんドンと来いの3.5号。
d0317378_206153.jpg


この川、朝・夕マズメは、からっきしダメ・・・。夜戦の得意な私としては残念なところ。本流特有のモノなのかしら?
日差しが強かったけど、フィールドを吹き抜ける風が気持ちの良い一日でした。
そして、私はセイコーマートでハイネケンを二本買い、それを一気飲みして今日も河原で眠りにつくのでした。

d0317378_2061877.jpg

[PR]

by andieloop | 2014-07-13 20:47 | 釣り | Comments(0)


<< 盛夏の十勝川4(日曜日・十勝無情編)      スペイスイベル >>