2014年 05月 24日

春の屈斜路湖1(湖の女神様ありがとう編)

釧路へ越してきて三度目の屈斜路湖釣行です。
女神様、ワタクシまだ、う~たんしか頂いておりません。仏の顔も三度まで・・・あ、間違えました、三顧の礼という言葉もありますし、そろそろ褒美を頂けないものでしょうか・・・。
スカジットコンパクト(フローティング)480grに15ftのポリリーダー(インター)のシステムで、なるべく水面を荒らさないように、ロールアップ等の予備キャストは一切しないで・・・。
d0317378_19323475.jpg


湖に流れ込む小川には遡上したワカサギが群れており、インレット部にはう~たんが何故だか狂喜乱舞しています。う~たんの群れを飛び越して、沖に向かってフルキャストを繰り返していると、着水後2,3回のリトリーブの後、ランニングラインを手繰る手にグッとテンションが掛かりました。
「ど~せ、またアレでしょ?ハイハイ、デカぐいう~げっちゅ~・・・アレ?」
女神様、ありがとうございます!
『鱒がこの上なく貴重に思えるのは、鱒達が美しい場所に棲んでいるからである。』
d0317378_19325239.jpg


新しいランニングラインの印象ですが、水をあまり吸わないようで時間が経っても飛距離が落ちません。その代わりスリックシューターと比べると巻き癖が取れにくいと思いました。やっぱり一長一短ですね・・・。
それにしても今日は本当に寒かったです。周囲のアングラーさんたちも、釣れない&寒いのコンボで、どんどん帰って行きました。この中途半端な寒さって体にこたえますね・・・。
d0317378_1933124.jpg


冷え切った体を弟子屈ラーメンで温め、道の駅で爆睡。目覚めたときには再度ロッドを繋いでウェーダーを履き、イブニングに挑む気力はすっかり無くなっておりました(笑)。
d0317378_19341057.jpg



[PR]

by andieloop | 2014-05-24 20:18 | 釣り | Comments(6)
Commented by climb at 2014-05-24 22:29 x
屈斜路湖ですか~。
自分は5年前くらいに1度訪れてウグイ様も猛攻にあった以来行っていません。笑

湖ってどうも苦手なんですよね…

Commented by andieloop at 2014-05-25 08:50
climbさん、こんにちは!
湖が苦手ですか?私もです(笑)。
雑誌などの記事に期待に胸膨らませて支笏湖に行くことがあったんですが、その期待は30分もしないうちに萎んでしました。
日や時間、天候、風によって魚の付き場を予測する経験と能力、そして、そこに魚が必ず来ると信じる力と幸運が要るんだと思いますが、いずれも持ち合わせていません(笑)。
今回はミラクルでした。
Commented by フクちゃん at 2014-05-25 22:09 x
andieloopさん、こんばんは!
マスが釣れるだけでシアワセってもんですよね。
ラーメン弟子屈、おいしそうですね!手稲店しか行ったことがないです。
ちなみに屈斜路湖は一度も行ったことないです。(笑)
Commented by andieloop at 2014-05-25 23:33
フクちゃん、こんばんは!
弟子屈には手稲・二十四軒などにも支店あるよね、でも、本店も味は同だったよ!
屈斜路湖は、支笏湖より鱒の顔を見るチャンスが多い感じ。ウグイの魚影は支笏湖の比じゃないけど・・。
昔は夜の支笏湖などクレイジーな釣りをしてたよね、そして軟体アメマス釣ったりして(笑)。
Commented at 2014-05-26 20:47
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by andieloop at 2014-05-27 21:40
鍵コメのponzu1109さん、こんばんは!
そうでしたか!我々はかなり行動範囲が近いんですね。
TFOのロッド+ハーディブグレーの組み合わせの男が居たら、声を掛けてみてくださいね(笑)。


<< 初夏の道東河川1(ローテンショ...      幣舞橋の夕日 >>