2013年 11月 20日

本流用フライボックス

今日も道具ネタで恐縮ですが、ダーティーホー、イントルーダー、チューブフライなどを収納している本流用のフライボックスです。
ホー〇ックなどで売っている収縮チューブ(1mで100円弱)を任意の長さにカットして、それにフライを入れて、これまたホーマッ〇で売ってるケースに詰めています。数えてませんが50本近くは収納できると思います。
d0317378_20204986.jpg


目下修行中のイントルーダー、巻き始めた8月の頃に比べるとほんの少し成長の跡が見られます。
でも、まだまだ、どこかちょっと違うような・・・。
d0317378_2021537.jpg

なお、ダンベルアイは赤いバーニッシュを塗って黒いタッチペンで黒目を書いた後に、『ボンド・ウルトラ多用途SUクリアー』でコーティングしています。これは私がいつも参考にしているYunさんのブログ(当ブログの「お気に入りブログ」参照)のお客様のアイデアをそのまま頂いております。
極めて素晴らしいアイデアです。(ありがとうございます!)
バーニッシュの代わりに100円ショップのマニキュアなんかを使ってイロイロな色の目玉を作ってみたいですが、釧路の100円ショップでは、マニキュアを見かけません・・・。
店員さんに「マニキュア売ってますか?」と聞く勇気がありませんので、札幌に帰ったら嫁さんに頼もうと思いますが、これも説明が面倒そうですね(泣)。

早くこれらのフライを大河川本流で泳がせたい!
[PR]

by andieloop | 2013-11-20 21:07 | 釣具 | Comments(2)
Commented by d-yun5-fly-elise at 2013-11-28 21:03
andieloopさん、こんばんは。
私は勇気を出してといいますか、平静を装って100円ショップでマニキュアを購入しています。もちろんレジカウンターの女性店員さんとは目を合わせられませんが・・・笑。
2枚目の写真のフライは良い感じですね。
Commented by andieloop at 2013-11-29 20:18
Yunさん、こんばんは!
先週末に札幌に帰り、大型100円ショップでマニキュアを5色を購入してきました。
架空のメモを手に、それを見ながら、いかにも「ボクは、妻のお使いで買いに来たんです。」風を醸し出すことも考えましたが、そんな小芝居も面倒なので、Yunさんと同じように平静を装ってレジに品物を出しました。
平静を装うよりほかないって感じですね(笑)。


<< フライタイイング#13      ランニングラインのよじれ対策 >>