2013年 11月 07日

フライタイイング#12

ゾンカー

ゾンカー・・・大抵の人はこのフライで魚を釣ったことがあると思いますし、極めて優秀なパターンだと思うのですが、私はまだコレで釣れたことが無いのです。
そもそも、結ぶ機会が少ないのですが、単に成功体験が無いのでゾンカーを信用しきれていないのが原因でしょう。
次の釣行ではゾンカーで魚を釣り、成功体験を蓄積したいと思って、とりあえず数本巻いてみました。

d0317378_22165492.jpg

最初から皮の薄い状態のゾンカーテープを使い、キールタイプで作りました。
それだけだと味も素っ気もなかったので、コーンヘッドをつけて、その後ろにコンポジットループを用いてグレイフォックスをカラーで巻いて見ました。
こうするとゾンカーというよりも、手抜き版ダーティーホーという感じになりましたが、流れの緩いところのアメマスは、殆どリトリーブで釣りましたので、引っ張ったときにピコンピコンと魚がイラつく動きをしてくれる事を期待しています。
ちなみにコーンヘッドは、最初、可能な限り前方アイ側)に位置させておいて、最後のマテリアル(ここで言えばコンポジットループで巻いたグレイフォックス)を巻いた後に、グッと後方(ベンド側)に押し込んでいます。そして最後にアイのところでスレッドをもう一度付けてグルグルとコブを作って固定しています。
ストリーマーも凄く奥が深くて、面白いですね。
[PR]

by andieloop | 2013-11-07 23:07 | 毛鉤 | Comments(7)
Commented by Iです at 2013-11-08 00:02 x
ゾンカーは、釣れますよ。アメマス@ハイウオーターのフライはチャートのゾンカーでした。だけど、このバランスでキールになりますか?...お風呂で試してから...まずは、スタンダードなゾンカー勝負したほうが...ガンバッテ。
Commented by andieloop at 2013-11-08 00:49
Iさん。おばんです!
いま、お風呂から上がりました!このフライと一緒に(汗)
結果は、う~む・・・。
常にキール状態にならなったです。しょっく!
頭が重いので、怪しい動きはしてくれるのですが、結構な確率でキールじゃない状態になってました。
まず、ネットでいろいろ調べてみます!

追伸 鉛をシャンクの下のほうに仕込む方もいるようですね。
これなら手っ取り早いかも。
スタンダードのゾンカーも巻いてみました!
Commented by Iです at 2013-11-08 12:47 x
僕は、アイの下にチェーンボールを目玉のように付けてます。安定してキールになりますよ、お試しください。
Commented at 2013-11-08 20:20 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by andieloop at 2013-11-08 21:31
Iさん、Mr.〇〇さん
助言、本当にありがとうございます!
あれこれやってたら、薄いゾンカーテープが残り僅かになってしまいました!皮の厚いのはイッパイあるんですが、削ぐのがヤッパリ苦手(泣)
Commented by hyotan at 2013-11-08 22:18 x
ゾンカーテープの皮を削ぐのが苦手なら、明日にでもホームセンターへ行って、電動ドリルとアタッチメントのヤスリをご購入ください。
そいつで皮を削ぎ落してみてください。アタッチメントはドリルの長軸と同心円のタイプにしてください。
さらにどこかのブログに記述がありましたが、決して屋内で作業しないでください。以降、そこに住めなくなります。
Commented by Iです at 2013-11-08 23:29 x
何か面白くなってきましたね。キールの バランスは、何年タイイイングしても難しいですね。だからオモシロイ。


<< 晩秋のアメマス2@道東河川(何...      晩秋のアメマス1@道東河川(コ... >>