2013年 09月 29日

道東2大アメマス河川(中流編)

先週からグズグズ風邪をひいてしまい、土曜日は自宅で"卵食べる→風邪薬+栄養ドリンクを飲む→寝る"を4ターンさせて、やっと日曜日に釣りに行けるほど回復しました。
ワクワク本流かドキドキ屈斜路湖か悩んでいましたが、病み上がりということもあるので、家から近いO川とT川の今度は中流域を探検することにしました。
(余談ですが、こちらは朝晩冷えますので、屈斜路湖の水温も下がり、もうそろそろ秋のシーズンに突入ではないでしょうか?)

さて、まずは遠い方のO川に入ります。全然魚が居ませんね。もっともっと上流に行かないとダメかも?
川ですれ違った老フライマンに聞いたところ、どこかの研究所(?)が害魚としてアメマスを駆除した?というお話を聞きました。その方も他の方から聞いた話だそうなので、伝聞のこれまた伝聞ですが、まぁ、デマですよ多分。このご時勢、世界に誇るべきアメマスを駆除するなんて、そこまで愚かとは思いません。
だって、釧路市のホームページにこの川のアメマスの様子をUPしてるんですよ?
(それにしても、この釧路市のアメマス情報は公務でこのページを作ってるのでしょうか?まったくもって、けしからn・・・これからも、ドンドンやりなさい。というか、むしろ更新が遅いゾ、担当者!)

秋、命を賭して・・・彼は使命を達成できたのだろうか?
d0317378_1916366.jpg


昼前には隣のT川中流域へ。
キツネも心なしかふっくらしているように見えます。シャッターチャンスを逃しましたが、このキツネは川を泳いで渡ってました。
d0317378_19162724.jpg


秋の気配を五感で感じ、鈴を必要以上にチリンチリンさせながら、川を下って魚を捜します。プールが近くにある瀬に魚は入っているのかな?と思っていたら、「露骨にポイント」というような深みで魚を発見しました。
じーっと観察していると大きなアメマスが群れをなして定位しているのが見えます。
更に大きなブナ色のサケも何匹かいるようで、時々アメマスを威嚇して追い回すシーンも・・・。

そして、辛抱たまらずプールへフライを投げ込みます・・・く、喰わない・・・・本当に喰わない・・・。
「産卵前のアメマスは積極的にエサを追わない」と友人やランカーズクシロの店長から事前に聞いていましたので、覚悟はしていましたが、ここまでやる気が無いとは・・・。
水深が凄くある場所だったので、鼻先にフライを送り込むのも大変です。といいますか、深すぎて見えないんですけどね(汗)

フライやリーダーをアレコレとチェンジして、何とか数尾かのアメマスを釣る事ができました。
この時期のアメマスは黒ずんでるんですね。産卵前だからかな?
どれも60cmは優にある大きなアメマスですが、3Xのティペットで余裕があるくらいでした。ランディングまでの時間もごく短いです。
なお、大変申し訳ありませんが、ヒットフライはナイショです。
d0317378_19165071.jpg

d0317378_1917972.jpg

d0317378_19204574.jpg


・・・確かに魚は居ますが、コレは正直キツいです。
「おぃ、それは本当に楽しいのか?」と問われれば、「そりゃ、少しは楽しいけど、でも・・・あんまり楽しくないかも・・・?」と答えます。
まぁ、何事も経験ですね。勉強になりました!
え?お前は一体何時になったらデカニジを釣るんだ?って?・・・。一言もゴザイマセン(汗)

でも、最後に一言言わせて下さい。
「持ってて良かったフェザントテール!!」(アッー)
[PR]

by andieloop | 2013-09-29 20:41 | 釣り | Comments(4)
Commented by hyotan at 2013-10-01 20:16 x
ご無沙汰です
アメマスの研究ご苦労様です。
小生はアメマスの研究をしたことがなく、いろいろ難しいことがあるんだなぁと、ここ数回の貴ブログを拝見して感じました。
しかし釧路市のHP上のアメマスブログは最高!
ありゃ、どう見たって釣りブログ。もっとやれ!と言いたくなるお気持ちは当然小生も同感です。
折角ですから様々な角度で釧路近辺の研究をどうか続けてください。
Commented by perupnei at 2013-10-01 21:35 x
ほほう・・・キツネの背後に良さげな盤が見えますな・・・あれ?分野が違いましたかね・・・
Commented by andieloop at 2013-10-01 22:17
hyotanさん
ご無沙汰しています。支笏湖も良い時期に突入するのではないでしょうか?
お会いした例の本流で、ニジマスを釣る事が私の本懐なのですが、釧路に居られるのもあと1~2年ということもあり、釧路在住のメリットを今のうちに享受しておきたいと思ってます。
目の前のアメマスに目が眩んでるともいえますが・・・。
次は「上流編」といいたいところですが、冬眠前に荒食いをしてそうな熊が怖いので、産卵後のアメマスについてレポートしたいと思います。

Commented by andieloop at 2013-10-01 22:25
perupneiさま
今思えば、T川上流には、結構な岩盤が川のあちこちにありました。
しかしながら、川の中の岩盤のえぐれには、これから多くのアメマスが定位する格好のポイントとなりますので、そこをガリガリ引っ掻いて砂金を採集するのは何卒ご勘弁頂きたいと思います(笑)。



<< フライタイイング#9      道東2大アメマス河川(下流編) >>