2013年 08月 02日

フライタイイング#2

イントルーダー(Intruder)

フライフィッシングを再開した5月から気になっていたフライです。
でも、ネットで検索してもイントルーダー、ダーティ・ホー、スクイドロ・・・区別がつきませんでした。
諸先輩達のブログやYouTubeで外人さんが英語で解説しながらタイイングしている動画で研究すること2週間あまり、なんとなく違いやそれぞれの特徴が見えてきたので、イントルーダーループとオクトパスフックを購入し、手持ちのマテリアルで巻いてみました。

・・・正直舐めてました。
こんなもんシャンクにトレーラー状にフックをつけて、あとは、マテリアルを順番にグルグル巻きつけていけば出来るんだろうと・・・。
マテリアルをとっかえひっかえして、巻く→解体を繰り返し、やっとそれっぽいものが出来ました。

考案者でありスカジットマスターであるエド・ワード氏曰く"狂気のフライ"だそうです。
自分のは、ちょっと遠慮して小さいサイズで、しかもなんかトンボみたいですが、それでも、なかなかの威圧感です。これは、ちょっとクセになりそう。
d0317378_23344716.jpg


これを、あの本流で泳がせてみよう!これで釣れたら、さぞ嬉しいだろうなぁ・・・。
でも、根がかりや後ろの木に引っ掛けてロストしたら凹むだろうなぁ・・・だって巻くのに1時間もかかったんだから。
[PR]

by andieloop | 2013-08-02 23:06 | 毛鉤 | Comments(0)


<< 本流への挑戦3(もうダメぽ編)      本流への挑戦2(本編) >>