2013年 07月 01日

ドロッパー

日が暮れて真っ暗の時間帯を除いて、私は、ウェットフライを結ぶときにドロッパーを必ず1本付けています。
初めの頃は、「オイオイ、枝針なんて、とんだ欲張BOYだぜ!Hahaha!」と抵抗がありましたが、単に針の数が2倍になる以上の効果があることが経験として分かってきたからです。
ただ、ひとつ悩みがありました。
ドロッパーの長さは10cm程度としているのですが、ドロッパーフライを変更したいときに、いままでのやり方ではカットして、結び直すと、すごく短くなってしまうことでした。
足りないなら継ぎ足せば良いかもしれませんが、それだとかなり面倒だし、ドロッパーに増えた結び目が気になるので、基本的にドロッパーは変えたいと思っても、我慢して最初に結んだ一本で一日過ごしていました。

そんな感じでしたが、たまたま量販店の釣具屋さんに行った際に、海釣りでの枝針を作るプラスティック製のアイテムを発見し、これ、ドロッパーに使えないかな?同じ枝針だし・・・と思って、購入し、実際の釣りで試してみました。

ドロッパー部の全体写真
d0317378_21145755.jpg


結節部を拡大した写真
d0317378_2295461.jpg

リーダーのバット部分、この部品の前後に小さな結び目を作って前後に動かないようにしています。

これなら、ドロッパーフライを交換するときは、リーダー側の根元からカットして、また新しいモノフィラメントを結んで、ドロッパーフライをつけることが出来ます。
また、この部品はバットを中心に360°クルクルと自由に回転しますので、何だかそれも良い感じです。
気になるのは、こんなものつけると魚にアヤシイと思われるのではないか?また、キャスティングを妨げるのではないか?という点でしたが、実釣では、現在のところ、特に問題なく、魚は釣れていますし、キャスティングに支障もありません。
リードフライにヒットする回数も、ドロッパーにヒットする回数も特に通常のドロッパーシステムと変わりがないと思います。周囲が真っ暗でも絡みなどのトラブルもありません。
一応、シューティングヘッドの釣りでもシンキングリーダーに付けてやってみましたが、問題は感じませんでした。

何よりも、同じリーダーを数回の釣行で使えるというのが、嬉しいところです。
「あら、これなら、普段買えないような500円位の高級リーダーを買っても良いかも?」と思っちゃうのでした。
このアイテムの商品名は忘れてしまいましたが、量販店の海釣りのコーナーにいろんな種類がありますので、もし、私と同じ悩みをお持ちでしたら一袋200~300円位ですので一度お試しあれ。雑誌その他で既出だったらゴメンナサイ。
(こんなケチくさいことをしてるからデカニジ釣れないのかな?)
[PR]

by andieloop | 2013-07-01 22:11 | 釣具 | Comments(0)


<< フライタイイング#1      エースリール交代 >>