2013年 06月 19日

ランニングラインをチェンジ

シューティングヘッドを用いたスペイキャストなるものに興味が湧き、少し前にスカジットショートヘッド、SHスキャンディシューティングヘッドというラインを購入していました。
川で使ってみましたが、やっぱりド素人がいきなり使えるはずありません。
その日は、強引にスカジットショートヘッドをオーバーヘッドで投げて魚を釣っていました・・・。
でも、スカジットキャストは是非習得したいので、釣れない日中に、水の多い本流で練習することにしました。

これまでランニングラインとして使っていたのが、『アクアダインBB-X PF-フロートタイプ』というやつ。
とても、しなやかだし、安いし、イッパイ巻けるしよろしいのですが・・・。
3時間も練習していると、ドンドン巻癖がつき、最終的にはとんでもないライントラブルに・・・。
結局、解くことはできず、10mくらい川原でカットする羽目になりました。
それともうひとつ。
リトリーブしてランニングラインを回収するときに、なんか右手人差し指が痛いなと思ったら、第1関節のところのお肉がぱっくり割れているじゃあないですか。お肌がカサカサなのがいけないのかしら?冬ならもっと酷くなるじゃないかと思います。

それで、検討の結果、RIO Powerflex Core シューティングラインを購入しました。フライラインのような肌触りで、これなら指の肉が割れたりしないだろうし、トラブルも少なかろうという理由です。
モノフィラに比べると飛距離は落ちるのかもしれませんが、イタイのはヤなので・・・。

これでも駄目なら、もっと前にもどってフラットビームの50ポンドにしようかな?
d0317378_0185938.jpg

[PR]

by andieloop | 2013-06-19 23:26 | 釣具 | Comments(0)


<< ウェーディングシューズ      すごい一日でした >>