2013年 06月 19日

ランニングラインをチェンジ

シューティングヘッドを用いたスペイキャストなるものに興味が湧き、少し前にスカジットショートヘッド、SHスキャンディシューティングヘッドというラインを購入していました。
川で使ってみましたが、やっぱりド素人がいきなり使えるはずありません。
その日は、強引にスカジットショートヘッドをオーバーヘッドで投げて魚を釣っていました・・・。
でも、スカジットキャストは是非習得したいので、釣れない日中に、水の多い本流で練習することにしました。

これまでランニングラインとして使っていたのが、『アクアダインBB-X PF-フロートタイプ』というやつ。
とても、しなやかだし、安いし、イッパイ巻けるしよろしいのですが・・・。
3時間も練習していると、ドンドン巻癖がつき、最終的にはとんでもないライントラブルに・・・。
結局、解くことはできず、10mくらい川原でカットする羽目になりました。
それともうひとつ。
リトリーブしてランニングラインを回収するときに、なんか右手人差し指が痛いなと思ったら、第1関節のところのお肉がぱっくり割れているじゃあないですか。お肌がカサカサなのがいけないのかしら?冬ならもっと酷くなるじゃないかと思います。

それで、検討の結果、RIO Powerflex Core シューティングラインを購入しました。フライラインのような肌触りで、これなら指の肉が割れたりしないだろうし、トラブルも少なかろうという理由です。
モノフィラに比べると飛距離は落ちるのかもしれませんが、イタイのはヤなので・・・。

これでも駄目なら、もっと前にもどってフラットビームの50ポンドにしようかな?
d0317378_0185938.jpg

[PR]

# by andieloop | 2013-06-19 23:26 | 釣具 | Comments(0)
2013年 06月 18日

すごい一日でした

6/15(土)

道東の某有名河川○○川に行ってみる。
まず、水多っ!
川幅いっぱいに水が流れ、不用意に河原から水に入るとドボーンでしょう。
川に入れるところでも背後はボサで、速く重い流速のせいで、川の中に前進も不可能。
つまりバックスペースは取れません。
自分が車に積んできたタックルでは、到底太刀打ちできないと判断し、そのエリアを後にしました。

増水していなそうな支流の上流域に入ってみました、冗談で結んだドでかいドライフライにピシャっと魚が出てきます。
フライがアホみたい大きいので、咥えることは出来ないけれど・・・。
(なお、私は、目が良い方だったのですが、老眼が先に来てしまい、小さいフライは巻けない、ティペットをアイに通せない、そして、ドリフトしてもフライが良く見えないのです(泣))。

「あ、魚いる。もし、ヤマメだったら止めて直ぐ帰るから」などと、ドライシェイクをシャカシャカしていたとき、地の底から響くような「ごるっ・・・」という音が・・・。
周囲を見回しても動く物はありませんが、頭の中では、毛を逆立て口から涎を垂らした巨大なキムンカムイが、藪から飛び出し、渓の水を蹴り上げながらこっちへ突進してくる光景が浮かびました。

もう、心臓の鼓動はいきなりレッドゾーン、ラインを巻き取り、カウンターアソールトをホルスターから抜いて安全弁を外し、ホイッスルをピーピー吹きまくり、鈴を鳴らしまくって、車に逃げ帰りました・・・。
上流域怖すぎ!もう、来てあげないんだからね!

ほうほうの体でその川を離れ、イブニングライズ目的で○○川に移動し、ポイントで待機。
先週この川に初めて来て今日で二回目である。
昨晩から本日午前までの雨のせいで、若干の濁りはあるのが、かえって好条件です。
ライズは散発だけど、待ちきれずに18:45キャスト開始。
1時間ちょっとの間に30cmクラスのニジマスを2尾とそれ以下のニジマスを10尾ほど釣ることが出来ました。
自分にとって、これはもう『爆釣』です。
正直言って、『絶好のポイント』とは言い難い場所ですが、それでもこんなに釣れちゃうなんて、道東最高!
川の神様ありがとうございます!これからも謙虚に頑張りたいと思いますので、よろしくお願いいたします!

でもまだ、帰りませんよ私は。
大物は、小物のお食事が終わった頃合いに、隠れていた場所から出て、なるべく大きいエサを水面下で食べようとするとハズという勝手な妄想をしつつ、周囲が真っ暗になった頃、それまで攻めないでとっておいたあたりの暗闇に向けて、大きな黒マドラーを投げたところ・・・、流芯を外れたあたりでククッと、小さな当たり。
ロッドをゆっくり立てたところグーッと5m位横に動いて、そこから動きません。

あれ?流れてきた草でも引っかけたかな?と思ったとき、魚が走り出しました、わわっ!大きい!重たい!
暗闇の中、時折水面を割ってジャンプした時に見えるシルエットは、太い~!

「すごい~、大きい~、太い~」などと女性が聞いたら白い目で見られそうな言葉を連呼しながら、3番ロッドはバットからギシギシと曲がり、巻いては走られの連続で、ようやく、岸よりまで寄せてきたときハッと気づいた、
ズリ上げるのに適した場所が無い!ズリ上げるにしてもロッドにパワーがなさ過ぎてかなり困難!
ランディングネットは車の中だし・・・。

3Xリーダーのバットに近い部分にフライを直結しているので、ラインブレイクの心配はありませんでしたが、いたずらに長引かせると、バラシの可能性が増すばかりなので、強引に護岸の崩れた狭い箇所にズリ上げることを決心しました。

限界までひん曲がったバットに手を添えながらズリズリっとな・・・。
やった!上がった!レッドバンド・ドリームや!母さん、今夜は赤飯や!と思ったとき、バタンバタンと陸地で魚体が跳ね上がり、曲がっていたロッドがピンと元に戻り、魚体は凄い勢いで暗い流れの中に帰って行きました・・・
まだまだ元気だったのね・・・。

河原で一人呆然とする私・・・川の神様・・・。

今回の反省点は以下のとおり、いずれも大物を本気で想定しきれていない甘さが見事に露呈した形となりました。

 ・ニジマスの居る川でのイブニングで3番ロッドを使用したこと。
 ・ランディング箇所が無いのに、ネットを持って行かなかったこと。

ネットを持って行くとボウズが多いという私だけのジンクスがあり、ネットを持たないのが常でした。
ネットを持っていったとしても、自分の魚を入れたことがほとんど無いので、うまくネットインできるか自信がありませんが、
これも経験ですね!

次に素晴らしいニジマスが私の毛針にかかるのは何時になるのでしょうか・・・。

FLY:マドラーセッジ(ドロッパー)
d0317378_22563932.jpg


FLY:ダンケルド(リード)
d0317378_2258820.jpg

[PR]

# by andieloop | 2013-06-18 23:02 | 釣り | Comments(3)
2013年 06月 18日

ブログ開設のご挨拶

【ご挨拶】
こんにちは。アンディーと申します。もちろん本名じゃございませんが、本名も似たようなものでございます。
この度、急に思いついてブログを開設しました。
趣味であるフライフィッシングを中心に投稿をしていきたいと思います。
皆様よろしくお願いいたします!

【私のこれまでの釣り人生を少しだけ】
 お前の昔のことなんて興味ねえよ!と思われるかもしれませんが、だって、私のブログだし、ちょっと位いいじゃないということで、私の釣り人生をダイジェストで書きます。

 子供の時、帯広近郊の川でミミズと手竿でウグイを釣って喜んでいたとき、遠くでフライフィッシャーが華麗に糸を操っているのを見たり、父のダイワの釣り辞典を見て、うわー格好いいな~と憧れていました。
 しかし、月300円のお小遣いではとうてい始められる訳はありません。

 そんな憧れも薄れて幾星霜、社会人一年目の春、職場のアルバイトの兄弟がルアーフィッシングをすると聞いて、「俺も道具買うから一緒に行こうぜ!教えてよ!」となり、淡水での釣りが趣味となりました。
 そして、その翌年だったと思いますが、映画「リバー・ランズ・スルー・イット」(ちと恥ずかしい話ですが)という映画を見て、少年時代の憧れが蘇り、何も分からないまま、ダイワのロッホモア#6と安価なリール&ラインと店売りの毛針を数個購入して、ワクワクしながら練習することもなく川に出かけました。
 クシャクシャになったラインの先のドライフライに魚が飛びついた時には「やった~!」と叫んだのを今でも覚えています。(言わずもがな、フライを咥えたのはウグイですが)

 それから、この釣りにどっぷりのめり込み、道具も知識もどんどん増えて行きました。
 ちなみに前述兄弟も同じ頃にフライフィッシングに転向し、共に研鑽を積みました。特に、弟の方はリバー・ランズ・スルー・イットのなかの弟(ブラッド・ピット)と同様に釣りの才能は飛び抜けていて、いつしか別次元のフライフィッシャーになっていきました。

 やがて、仕事が忙しくなり、結婚、妻の妊娠・出産とで、釣行やフライを巻く機会が激減しました。
道南に転勤になった際に、すばらしい釣り環境と釣り仲間がいて、何度か釣りに行き、素晴らしい魚を釣ることが出来ましたが、転勤で道南を離れると、またまた釣りに行く回数は減り、全く釣りをしない期間が6年間続きました。読むと辛くなるから釣り雑誌を読むこともしませんでした。

 今年4月から道東の釧路市に単身赴任での転勤となり、家族の住む札幌市から遠いことをもっけの幸いとし、フライフィッシング人生第2幕の始まりとなった訳です。

【ブログタイトルについて】
 20代の頃に尻別川の本流で、とてもフライが届かないような流芯で、夕日を背景に空中に魚体を躍らせた巨大なニジマスの側面の赤いラインが鮮明に目に焼き付いて離れません。
 その後、昨年でしょうか、前述の弟のブログを偶然発見し、釣ったニジマスの写真を見ると、いかつい顔に鮮やかなレッドバンド・・あのときのニジマスとそっくり!
 自分もいつか、夢のニジマスを釣り上げてみたい!という願いを込めてこのタイトルとしました。
 ちょっと中二病的なタイトルですが、「デカニジ釣りたい」ではあまりにも格好悪いのでこのタイトルにしました。

 飽きっぽく、めんどくさがりの私ですので、ちゃんと更新していけるかどうか、あるいは、魚が釣れずネタ不足とならないか等々まったくもって不安でありますが、止めたくなったらやめれば良いさという軽い気持ちで、妻にも内緒で、静かにブログスタートです。
 操作方法や管理方法もよく分かってないけど、そのうち分かるさ!そうゆうわけでボンボヤージュ!
[PR]

# by andieloop | 2013-06-18 21:48 | その他 | Comments(4)