<   2017年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2017年 06月 18日

Born to be wild

次男の日曜日の絵日記より。
来年はもっと釣りたいそうです。そうなると良いね。
d0317378_16492176.jpg

週末は息子二人を連れて、十勝方面へニジマス釣りに出かけました。
昨年は何だかんだで連れて来れなかったから2年ぶりとなります。
午前3:00、『絶対起きる』宣言をしていたクセに、全然起きない二人をようやく起こして札幌を出発。
すっかり明るくなった頃に十勝平野が車窓の外に広がりますが、案の定、目に入る十勝川各支流は思わず目を覆いたくなるような状況。
河原に生えていた木々は殆ど流されて、堤外(河川が流れている側)の殆どは裸地というのでしょうか砂利や土が剥き出しになっています。
文字どおり『傷跡』というにふさわしい光景・・・。
そこに洪水及び河川工事の影響でしょうね細かい泥の粒子が水に混ざっているような、不健康そうな水が流れており、魚が居るようには到底見えません。
熊が出なそうな範囲でなるべく上流に移動しましたが、何と橋が壊れていました。

d0317378_16491766.jpg

ここで更に上流域や渚滑川などの別河川に大きく移動することも考えましたが、熊の心配があるし、小学校3年生の次男にとっては水量が多すぎたりと移動は厳しいと判断して、雰囲気皆無の川でフライを流してみることにしました。
すると幸いなことに、少し水深のある流れ込みに小さなウェットフライを流してみると、小さなニジマス達が釣れてくれました。
まだ、フライラインを右手の指でホールドして手繰ることを知らない長男は口でラインを咥えて対処、そう言えば私も初めての時はそうなった(笑)

d0317378_16491915.jpg


まだ小さい次男には3番ロッドを両手持ちにするのが丁度良いようで、25cm位のニジマスが掛かると「大きい!」と叫んで大喜び。
彼の体感としては我々大人が40〜50cm位のニジマスを釣るのと同じくらいなのかな?・・・うっ・・・ちょっと羨ましいかも(汗)

d0317378_16491870.jpg


フィッシュランドで買ったナイロンウェーダーは内部が蒸れ蒸れのようで次男のズボンはビショ濡れ。昼食はパンツ姿で(笑)。

次男:『お父さん、道の駅まで行って・・・ウ○チしたい』
 私:『ダメだ・・・ここからは遠すぎて間に合わない・・・(ニヤリ)』
次男:『えぇ〜!?』
 私:『大丈夫、ここなら誰も来ないから。いいか、コツはギリギリまで我慢して一気に短時間で済ますことだ。やってみろ(ニヤニヤ)!』
長男:『オレもやったことあるよ!しかも高速道路(の法面)で!』
次男:『・・・』

人間としての尊厳か何かが邪魔をしていたのでしょうか? 暫く抵抗していた次男でしたが、やはり押し寄せる生理現象には抗し切れず、遂には私が愛用する水に溶けるポケットテイッシュを手に藪の中に消えていきました(頭隠して尻隠さずだったけど)。
・・・無事、生まれて初めてのWild−Shitを済ませて藪から出てきた彼の表情は、単にスッキリしたというだけでなく、心なしか少し逞しく見えたものです・・・わんぱくでもいい、たくましく育ってほしい(1970年代−丸大食品)

d0317378_16492013.jpg


夜はお待ちかねの焼肉バイキングウェスタン。腹を減らして、お店と勝負だ!
妻がこういう食べ放題的なお店を嫌がるので、なかなか連れて来て貰えない子供らは大はしゃぎ。
お腹がはち切れるまで食べてました、ケーキやアイスを・・・第1皿からいきなり菓子パン食べるんじゃないよ。

d0317378_16492237.jpg


お店との勝負に完全に負けた我々が次に向かった先は町内の温泉。
出てきた頃には外はすっかり涼しくなっていました。さぁ、息子らよ今夜は何処で眠ろうか?

d0317378_16492310.jpg


やっぱり定番の道の駅に移動、ササッと車内に寝床を作り、息子達はアッというまに夢の中へ・・・しかし狭かった・・・。

d0317378_16492273.jpg


『何時でも一緒に来れる』なんて思っていましたが、長男もいつの間にか小学校6年生。
最近は妻が手を焼くほど生意気になってきたし、私も厳しく叱責することも増えました。
時には大きな声を出して反抗することも・・・だから、たまには釣りにでも一緒に行って、父と子の瑞々しい思い出を・・・なんて・・・。
中学生にもなれば友達関係や部活動などで、父親と遊ぶなんてことも無いかもしれませんが、せめて私の方に悔いが残らないように・・・。
高校生くらいになって、まだ釣りに行きたいようなら一緒に本流に行けるんだけどな。

最後に、ある橋の上からの光景。
ここは割と市街地に近いため河川工事が他より進んだ状況のようですが、両護岸の間の水深は多分20cm程度でしょう。
・・・ウソ・・・でしょ?
この広い左右の護岸の間では、やがては川が蛇行し始め、深みや瀬を作り、川辺に樹木が繁茂するんでしょう?そのつもりでこうしたんでしょう?
あくまでも、この姿は途中経過に過ぎない?そうであって欲しい・・・。

d0317378_16491629.jpg



[PR]

by andieloop | 2017-06-18 16:54 | 家族 | Comments(6)