<   2015年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2015年 10月 31日

ランニングライン難民5(覚書)

私の使用ランニングラインの変遷と独断と偏見によるインプレッション及び覚書です。

3月下旬~11月中旬  (通常期)
 【OPST SP LAZARLINE 40ld】 
  スカジットヘッド(COMMANDHEAD、SKAGIT-COMP)用

 【VISION フラットシューター 35ld】
  スカンジヘッド(アトランティックサーモンSH)用

上記OPSTとVISIONの間には特に性能差は感じられない。
VISIONはガイドが凍るような厳冬期には耐久性がガクッと落ち、結構簡単に切れちゃうから使わない。この点についてのOPSTの性能は不明。あえて試す勇気無し、求む情報(笑)。
d0317378_18204277.jpg



11月中旬~3月中旬 (厳寒期)
 【RIO社 スリックシューター 50ld】
  スカジットヘッド600gr用

 【RIO社 スリックシューター 35ld】
  スカジットヘッド375~510gr用、スカンジヘッド510gr用

リールやガイド゙、鼻毛までも凍る厳寒期は、RIO社のスリックシューターに変更しています。厳寒期でも耐久性が低下してないと思うから。
どうして通年使わないかというと、長時間使っていると水を吸って滑りが悪くなり、フィーリングが突然変わってイラっとするから。厳寒期ではそもそも長時間の釣りは出来ない(寒いからッス)ので、この弱点が気にならなくなる。個人的には、この弱点を除けば最高に使いやすいランニングラインだと思うが、買ったときは1,000円だったのに2,000円に値上がりしちゃったのが残念過ぎる。
d0317378_18222529.jpg


難民の足跡
[PR]

by andieloop | 2015-10-31 18:18 | 釣具 | Comments(2)
2015年 10月 23日

秋の十勝川3(泣きのもう一丁、GOOD-BYE SEASON編)

先週の釣りに納得がいかない訳ではないけれど、泣きのもう一丁、十勝川ニジマス釣りです。
d0317378_21504445.jpg


張り切り過ぎた、これではちょっと早く着き過ぎると思い、高速道路のPAで仮眠を取り・・・案の状、寝過ぎた・・・。結局、日の出から一時間位経過した時間に現場付近に到着。ハイシーズンではソコに先行者が居たかどうかは、あまり気にしない事にしていますが、魚の動きも鈍くなるこの時期だけは出来れば先行者なしの”新鮮な”ポイントに入りたい。
ということで今回は、有望ポイントの一つを舐めるようにじっくりと攻めてみることにしました。具体的には2キャスト&1ステップダウン位のペースでかなりしつこく(笑)。魔性のフライ、エッグサッキングリーチを結び、1キャスト目は殆ど90°にクロスでキャスト、2キャスト目はやや角度をつけてダウンクロスにキャスト。
同行者や他の釣り人がいたらなかなか出来ない釣り方です。『さあ来い!』
d0317378_17647100.jpg


釣り下るランの終盤。スイングの終わり間際に『グン!』という手応えが伝わると同時になかなかの重量感がバットに乗ります。ジワ~っと追い合わせを入れてファイト開始。黒いシルエットが『ビチビチぃ!』と水面を割ってジャンプ!・・・・ですが、この後随分と簡単に寄って来ます。サイズの良いアメマス?いや、寄せてみると間違いなくニジマスだし良い型です。こちらの姿が見えた直後、リールを逆転させて疾走しますが・・・すぐ止まる
・・・アレ、何か弱ってる?
何となく『しつこいねアンタも・・・分かったよハイハイ、コレで良い?寒いんだからサッサと済ませてね。』という感じ(笑)。
d0317378_23433160.jpg


嬉しいLサイズだけど、フライへの反応、ファイトにおけるいつもとは違う弱々しさ。うん、今シーズンのニジマス釣りはヤッパリこれで最後にしよう・・・十勝川の女神様、今年もありがとうございました。GOOD-BYE SEASON!
来年は出来ればねんがんの60cmくらいのニジマスをお恵み頂けますようお願い申し上げ奉ります(笑)。
d0317378_23434875.jpg



[PR]

by andieloop | 2015-10-23 23:55 | 釣り | Comments(10)
2015年 10月 17日

秋の十勝川2(悔いなし、晩秋の十勝川マックス編)

AM5:00、待ち合わせのコンビニ駐車場はまだ暗く、初対面となるお互いの顔はよく見えなかったけれど、簡単に挨拶を済ませ早速最初のポイントへ向かいました。
ひょんなことから、今回一日の釣りを共にする事になったのは、Climbさん。
ルアーから転向して、フライフィッシング歴は約1年という若者ですが、DTラインを用いてトラディショナルなスペイキャストで釣るというスタイルです。こうして伝統は守られていくんだね!
d0317378_19315957.jpg


水の冷たさに足先が少し痺れるような早朝の時間帯、最初のポイントでの数投目、スイングが終わりかける頃に「グン!」という手応えの直後、下流で魚が水面を割るのが見えました。友人達の夢を砕いてきたこのポイントにしてはやや物足りないサイズのニジマスですが、『おや?今日は調子良いかも?』と期待させる釣れ方でした。
d0317378_19322346.jpg


その後、有望と思われるポイントを上流から順番に回りますが、いかにも”居そう”な流れからは反応が無く、時折、何気ないフラットなトコロでSサイズのニジマスがフライに付いてくるばかり。先週よりは遙かに状況は良いのですが、まさにジンクリアというべき透明な水と今シーズン私が釣行した中で最も水量が少ない状況でしたので、シーズン終盤スレて賢くなった十勝のニジマスを釣るには難しかったのかもしれません(私にとってね)。
3箇所目で、先行するClimbさんのリールを巻き取る音に目を向けると、張った糸の先で魚がジャンプをするのが見えました。
『オメデトウ!』と祝福するには微妙なサイズですが、ほんの少しホッとした私なのでした。
d0317378_19324921.jpg


その後も日没までキャスト&スイングを続けましたが、『ガツン!ドッパーン!ビチビチィ!』という私の脳内イメージはついぞ現実化することはありませんでした。先週から寝ても覚めてもずーっとこんな妄想をしていたので精神的に疲れてしまった(笑)。
この日、我々は、5:00~17:00、この時期考えられる最大限の時間を釣りに費やしたのでした。今日は今シーズン一番ストイックに釣りをした!最善を尽くした、悔いなし!
d0317378_19331543.jpg


一日の終わりに有望な荒食いポイントをガイド(笑)。どう考えてもカロリーオーバーですが、悔いなし!
d0317378_19335217.jpg


[PR]

by andieloop | 2015-10-17 23:30 | 釣り | Comments(6)
2015年 10月 14日

秋の十勝川1(荒食いの秋に異議アリ編)

台風が通り過ぎた週末の道内では、降雨の影響が少ないフィールドはごく限られているようでした。
・・・でもまぁ、ニジマス釣りに関しては私は十勝川しか分からないんですけどね。
水温は測っていませんが、おそらくトラウトにとって問題ないレベルの冷たさ。水量も特に問題なし。
知人達と何となく示し合わせて十勝川中流域に集結した上で、各々ポイントに散って過ごした週末でした。
d0317378_20255419.jpg



河畔林が黄色に色づき始めたフィールドはとても雰囲気はあります。そう、雰囲気だけは(笑)。
知人達からの『反応なし』、『釣れない』、『厳しい』、『小さいのが釣れただけ』の状況報告メールがこの週末の状況の厳しさを物語ります。
私も昨年の経験からセコいポイントをコスく狙っていきますが、どのポイントからも何の反応もありません。
ホントに丸一日何も無かったものですから、夕方には『魚信ってどんなだっけ?』『ニジマスってどう釣るんだっけ?』状態に・・・。
夜は現地泊の知人達とジンギスカンで反省会。最近雑誌に載ったからなのか、元々評判の良い店だったのか店内は団体さんで大盛況。
d0317378_2026464.jpg


皆で車を並べての車中泊の翌朝は、昨日と同じく各々お目当てのポイントに。
羊肉&タマネギたらふく食べる → 釣り中にウェーダー内で放屁 → 胸元からムワ〜ン → クッサー!
d0317378_20272145.jpg



雰囲気ムンムンの朝のポイントで、お情けのチビニジマス。
思わず口に出た言葉は『・・・ありがとうごぜえますだ!』
釣り雑誌なんかでは秋は鱒が荒食いする時期とよく書かれますし一般論として事実なのかもしれませんが、
私個人としては『それホンマかいな?』というのが率直な感想です。
見る限り、荒食いできるようなまとまった食べ物(虫や小魚)があまり見受けられないし・・・。
d0317378_20273921.jpg


釣果としては寂しいものとなりましたが、延々とキャストを繰り返したおかげで、スイープからキャストアウトまでロッドに負荷をかけ続けるコツのようなものを掴んだような気がします。新たな改善を得たかも?
[PR]

by andieloop | 2015-10-14 20:30 | 釣り | Comments(8)