<   2015年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2015年 08月 29日

知床釣行2015(強襲揚陸!ペキンノ鼻編))

知床釣行へのお誘いをいただき、コツコツと準備することおよそ2ヶ月半。
二週間前から何度も何度も荷物やタックルをチェックし、いよいよ待ちに待った釣行日。
d0317378_16555065.jpg


前日の連絡では、ペキンノ鼻には熊が4頭出没していること、今年は大型の熊も居て、退散するどころか突進してくるヤツもいる、長時間は出来ない(日の出~9:00位)・・・Etcとのこと。
この前情報ですっかり震え上がった私は、Yunさんに『ボク、やっぱり不参加で・・・(汗)』のメールを送りました。しかし、『行かないのはAndieさんだけだよ(笑)』という電話連絡を受けて、『やっぱり行きますっ!(大汗)』とあっけなく前言撤回をした実に情けない私なのでした。皆さん、少しもビビらないんですね・・・。
そんなこんなで、約470kmを走り、やってきました知床半島。
d0317378_16561187.jpg


定刻4:00に出港した船はすごいスピードで海面を走り、目的地のペキンノ鼻を目指します。波飛沫を浴びないようにジャケットのフードを深くかぶり、チラチラと視界の左に広がる知床半島を眺めていると、30分もしない内に、どうやら目的地のペキンノ鼻に着いたようです・・・が、そこには既に黒い先客が(笑)。
『厳しいので、他に行きまーす』という船長Cさんの言葉で、少し引き返した所にあるモイレウシに上陸です。モイレウシは立派な建物や重機などが置いてある小さな湾で、釣れそうな雰囲気は無いけれど、正直ちょっとホッとする光景(笑)。
ちなみに、何故、ペキンノ鼻への上陸を断念したかというと、羆が居るからではなくうねりが強かったからとのことでした。
まぁ、とりあえずグッドモーニング、シレトコ!
d0317378_16563318.jpg


モイレウシでは『釣れる気しね~』『人が多い~』とブーブーと不平を垂れていましたが、うねりが無くなったタイミングで招集・乗船、再度ペキンノ鼻へ。上陸までのエピソードは自主規制したほうが良さそうなので、書きませんが、黒い先客のいらっしゃるペキンノ鼻に上陸しました。
楽しいです、船長ぉ~!
d0317378_16564932.jpg

d0317378_1948490.jpg


『こっちにおいで!』とYunさん&シェフHさんに招かれて僅か数m横にズレると、波が盛り上がるとその中に、黒々とした魚群が見えるほどのカラフトマスの大群。スゲー!!
全てセッパリ部と尾鰭へのファウルヒット(スレ掛かり)で、お隣のmasa1st1956さんに迷惑をかけながらカラフトマスの躍動を必要以上に味わいました(泣)。
そうですハイ、正確には釣ってないです、楽しいけど(笑)。
d0317378_16573215.jpg


本日のお宿は、昭和61年に本当に家に熊が入ったという経験をそのまま名前にしたという「民宿熊の入った家」・・・に併設されたライダーハウス雑魚寝処という、1泊1,000円/一人の部屋。ライダーハウスって生まれて初めて泊まりましたが、ライダーでもないのに泊めてくれてホントにありがたいです。
d0317378_16575275.jpg


夜の宴会では、メンバーの一人が釣ったカラフトマスを料理してくれました。滅茶苦茶ウメー!
d0317378_1659643.jpg


月と海とシングルモルト・・・すっかり酔ってしまった私は、おそらく大イビキをかいて周囲に迷惑をかけたと思います(汗)。
だって、スッキリ目覚めた私とは対照的に、隣のYunさんが耳栓をしてグッタリしてたから(笑)。
d0317378_16591886.jpg


船の上から見た知床半島、羆とカラフトマスの大群、月光と仲間の笑い声・・・・しょっちゅう言って恐縮ですが・・・Life is so beautiful!!
d0317378_22505743.jpg

[PR]

by andieloop | 2015-08-29 23:58 | 釣り | Comments(13)
2015年 08月 20日

フライタイイング#35 Red Flies

ありがたいことに、ピンクサーモン(カラフトマス)を釣りに行けることになりました。
もちろん天候次第で中止もあり得ますが、なんせ殆ど初めてなものですからワクワク感が止まりません。
準備すべきものは色々ありますが、一番時間のかかる毛針に関しては、少しずつ準備を始めていました。
d0317378_20592625.jpg


シンプルで実に釣れそうなアメマスフライを巻かれている某ブログ主さんのフライを真似て作ったクレイジーチャーリー風のパターン。初心者ながら、これが一番釣れそう・・・な気がする。
d0317378_2059454.jpg


名付けてメルティーゾンカー。頭部をメルティーファイバーでモジャモジャに。
どうしてもプレーンゾンカーに何か余計なことしちゃう私。
d0317378_210120.jpg


なんちゃってガーグラー。洗面器で実験したところ、ちゃんと半沈となるのが分かりましたが・・・こんなオモチャみたいなフライでホントに釣れるの??というのが正直な感想。
d0317378_2103189.jpg


巻いても巻いても、どんなのが良いのか全く分からない・・・自信が持てない。
追い詰められて、とうとう、こんなのも・・・。
オレンジボールストリーマー。ち、違いますぅ!イクラ&汁じゃありません!
d0317378_2105220.jpg


あとは、テルテル坊主でも作るかな(笑)。
d0317378_211883.jpg

[PR]

by andieloop | 2015-08-20 21:16 | 毛鉤 | Comments(0)
2015年 08月 08日

盛夏の十勝川3(指笛響く夏の渓谷編)

夏期休暇の最後の2日間は釣りに当てることが出来ましたので、時期的は、やや厳しいかなと思いつつ、十勝川に足を運ぶことにしました。
朝マズメ、暗闇の中、ポイントを目指します。熊にコチラの存在を知らせる為のYunさんの指笛が響き渡ります。シカなどの弱い生き物の警戒音のように思えて、何か妙にドキドキ。
d0317378_19584833.jpg


この日、小さなアタリが多く、ニジマス達はジャンプを披露してくれません。心なしかその疾走も大人しかったような気がします。そりゃ、暑いからね・・・。
d0317378_19591768.jpg


この日、上流域・中流域、入るポイント毎にニジマスを流れから引きずりだしたabu-z4 さん。
アミーゴポイントでは、私達の目の前で豪快にアミーゴしてくれました。良型ニジマスがガバっとジャンプ→「うおっ!」と驚く私→次の瞬間、フックが外れた反動でのけぞるabu-z4 さん。
d0317378_1959414.jpg


一日の終わりは「たこや」というお店で、ジンギスカンとホルモン鍋。
ウメー!こんな美味いジンギスカンは初めて食べました。
d0317378_2001415.jpg


ホルモンの方は、クセー!そしてウメー!お腹一杯食べて一人1500円。
d0317378_19595987.jpg


皆さんと別れ、野宿ポイントで迎えた朝、思い切り寝坊をして呆然としながらコーヒーを飲み、川に立ち込むことなく帰路につく私でした。買ったばかりのOPSTのヘッドとメインウェポンとなるタイプ6のティップを十勝川に奉納してしまって、もう一つテンションが上がらなくって・・・。
OPSTのランニングライン35ldが切れました。こっちも買ったばかりなのに・・・バカヤロー!
d0317378_203042.jpg

[PR]

by andieloop | 2015-08-08 23:57 | 釣り | Comments(6)
2015年 08月 07日

ファミリーキャンプ2015

子供らが夏休みに入ったこの時期、例年より一週早くお盆の週の前に夏期休暇を取得しました。

【美深のキャンプ場で3泊4日】
料金も良心的、温泉至近、ウォッシュレット付きトイレ、朝と夜には洗面台ではお湯が出る。
子供が遊ぶトコロもある、クワガタやカブトムシも捕れる、袋(20~50円程度)さえ購入すればゴミを受け付けてくれる、車でテントサイトまで乗り入れ出来る、ペットもOK、洗濯機あり(有料)、製氷機あり(有料)
悪い点を見つけるのが難しいキャンプ場でした。テントを張りっぱなしにして、ここにしばらく住んでる様な道外キャンパーも多かったです。
d0317378_1937143.jpg


キャンプの合間を縫って、お隣にある音威子府村の『ふるさとまつり』に行ってきました。
イベントのダルマ落としにチャレンジ。
15名が挑戦する中、成功者は私を含めて3名。写真は最後の段を打ち抜くシーンです。
言うとアレなんで言いませんが、成功者はかなり嬉しいモノが頂けます。
音威子府役場の皆さん、村民の皆さん、ありがとうございます!
d0317378_19363197.jpg


牛の丸焼きの焼肉が一皿200円。半生に焼けた肉を買い、それを席に戻ってから更にお好みの状態まで焼いて食べます。火の付いたBBQ台は貸してくれますので手ぶらでOK。
柔らかくて凄く美味です。運転手の私はビールが飲めないけれど・・・。
d0317378_19373478.jpg


駅舎内にある音威子府そばのお店。
真っ黒くて個性的な香りがする音威子府ソバは好みじゃ無いけど、ここで食べると何故か美味しいから不思議。
なお、ふるさとまつりでは、音威子府そばの早食い競争もありました。
昨年のチャンピオンには破れた私は二位、妻は三位でしたが、妻が喉を詰まらせて死んでしまうかと思いました(笑)。絵が汚いので写真はありません。
d0317378_19375315.jpg


子供たちも楽しんでくれたようです。
いつかリタイアしたら、ここに2週間位滞在して手塩川で大型ニジマスを狙うなんていう新しい夢が出来ました。
d0317378_19381082.jpg



【京極のキャンプ場で2泊3日】
大きく移動して、噴き出し水が横を流れる格安のキャンプ場。
ここは、冷水がすぐ横を流れていますので、他と比べると凄く涼しい筈なんですが・・・。
d0317378_19412587.jpg


汲んだ噴き出し水でコーヒーを淹れる。ウメー!!美味いです。
え?『オマエに違いなんて分からないだろ』って?
イヤ気のせいじゃなく本当に美味しいですって、後味がまろやかというか何というかムニャムニャ・・・(笑)。
d0317378_19415097.jpg


キャンプ地からは少し離れているけれど、ニセコ駅舎内にある茶房ヌプリでカレーを頂きます。
まだ二十代の頃、夏休みに7泊8日で尻別川武者修行を行った時に、朝マズメ→昼ヌプリカレー、夕方ヌプリカレー→夕マズメという毎日を送っていました。お小遣いも時間も沢山あった時期です(汗)。
この時、夕暮れの尻別川でジャンプした巨大なレッドバンドニジマスが、私の夢の始まりなんです。
・・ということで、家族には私の思い出の品、カレーのみの注文を義務付け。
私の奢りなので、遠慮というか容赦なくベーコンエッグ、ソーセージ、ハンバーグカレーを注文する家族達。
私はノーマルで・・・(泣)。
d0317378_19421036.jpg

[PR]

by andieloop | 2015-08-07 23:58 | 家族 | Comments(2)