<   2014年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2014年 12月 29日

年末のご挨拶&忘年会

【年末のご挨拶】
2013シーズンに引き続き、2014シーズンも釣行回数に恵まれた一年でした。
加えて、ブログを通じて交流させて頂いている方々と実際にフィールドで一緒に釣りをしたり、ブログとは関係なくフィールドでお会いして意気投合、その後も一緒に釣りを共にするようになったりと、嬉しい変化も多くありました。
おかげさまをもちまして本当に楽しい一年となりました。

また、スカジットキャストも2シーズン目に入り、まだまだ発展途上ながらも少しずつですが手応えも感じられるようになりました。
本懐である大型の本流ニジマスをキャッチするという目標は達成できませんでしたが、自分の毛鉤の先に彼らの確かな存在を感じることもできました。
一方、シーズンの殆どを費やすことになるアメマス釣りに関しては、『道東ではアメマスが減っている』と囁かれる中で、『昔はどんだけ凄かったんだろう?』と思いながらも、私としては総体的には満足できるものだったと思います。
ただ、遡りアメマスの時期には、満を持して毎週待ち構えていたのに、すっかり空振りとなってしまったのはちょっとだけ残念だったかもしれません。

来シーズンも、同じように釣りができる保証はどこにもありませんが、釣りができる限りはクレイジーに行きたいと思っております。
ついつい長くなりましたが、皆様、この一年本当にお世話になりました。

【忘年会】
数ヶ月ぶりのススキノリバー。相変わらず人がスゴイ。
d0317378_13131552.jpg


maximizer828さんが捜してくれたお店は、ボリューム満点。料理もお酒も非常に美味しい。
それからスタッフの女の子が可愛らしかったな(笑)。
d0317378_13132359.jpg


Yunさんの"Interaction(インタラクション)"を酒の肴に。サイズ、バランス、マテリアルの量などをしっかりと記憶に留めておく。
d0317378_13133143.jpg


あ、悪ノリが過ぎたかな(汗)?あんまりにも美味しそうなもんで(汗)。
d0317378_13134494.jpg


二次会はオサレなバーで、見たこともないようなビールを頂きました。
これは『ホブゴブリン』という英国のビールだそうです。お味は・・・このラベルに相応しいちょっと不気味な味でした、草の味がした(笑)。
釣りの話、タックルの話など会話は尽きず、あぶなく最終の地下鉄を逃すところでした。
d0317378_13135569.jpg

[PR]

by andieloop | 2014-12-29 13:45 | その他 | Comments(4)
2014年 12月 24日

メリークリスマス!

納竿しました。それでは皆様、メリークリスマス!
d0317378_19201025.jpg

[PR]

by andieloop | 2014-12-24 19:25 | その他 | Comments(0)
2014年 12月 22日

初冬の道東河川3(怒涛のシーズンオフ その3編)

天気予報では今日は一日をとおして、気温がプラスになることは無いとのこと。
そして、そのとおり訪れたフィールドではやや強めの冷たい風が吹いていることもあいまって、体感温度はずっと寒いものを感じる一日でした。
岸辺の氷は、もう人が乗った程度では割れないほど厚く成長しておりました。
ステップダウンを始めた5投目、ゆっくり流れを横切るインターミディエイトのシューティングヘッドが何となく動きを止めた様に感じたので、軽くランニングラインを引いてみるとグッというテンションが伝わります。
瞬時にラインを鋭く引いて、ロッドを立てると、ロッド全体に伝わるアメマス特有の躍動に変わります。
『あ、良いサイズ』と思い、ラインをリールに巻き込みますが、セットするときにリールからラインを出す位置を間違えたようで、シューティングヘッドを巻き込めません(汗)。
若干焦りながらも、リールに頼らず何とか無事キャッチしたのは、65cmの立派なアメマス。
d0317378_17512962.jpg


最初に釣れたサカナが良いサイズだったので、寒いし帰ろうかと思ったのですが、まだ、11時なので続行。
いつも私の手を寒さから守るのは、リトルプレゼンツの手甲タイプのグローブ(?)ですが、今日は、さすがに冷たいです・・・。手の甲だけが暖かい(笑)。でも、指先が出ていないと何も出来ないタチでして・・・どうしたものかと・・・。
d0317378_17514928.jpg


ほぼ同じ場所には、もう一尾大きいのが居ました。"大きい"というか"長い"です。実物はそうは見えなかったんですが、写真で見ると随分ノッポさんですね(笑)。67cmありました。
釣れ方はさっきと同じ、フライを咥えてからも、そのままジッとしているようです、反転くらいしてくれればガツンと手応えがあるのにな・・・。
ガイドからラインを一旦抜いて、リールからラインを出す位置の間違いを直したのですが、今度は一番手元側のガイドにラインを通し忘れてます(大汗)・・・・ここが戦場なら命を落としていたでしょう、全く情けないこってす。
d0317378_1752781.jpg


13:00過ぎには、ガイドの凍りつきが段々酷くなり、ヘッドがトップガイドを通らないことがしばしば。
何度となくロッドを岸辺に置いて、アメマスと綱引きしてましたが、所詮はサカナ、楽勝です。
そうなっちゃうと全然楽しくないけど(笑)。
d0317378_17522017.jpg


いよいよもってリールも凍りつき、その度に唇をリールに押し当ててフーッ、フーッと息を吹きかけて復活させますが、14:30手と顔面の冷たさにギブアップ。このフィールドとは春までのお別れとしました。
d0317378_1843845.jpg


顔面が冷たいので、帰りにホーマックでこんな商品を買ってみました。
体にピッタリとした黒のインナーウェアの上下に、これを被ると、まんまモジモジ君ですわ。
d0317378_17523676.jpg


      
[PR]

by andieloop | 2014-12-22 19:07 | 釣り | Comments(2)
2014年 12月 21日

初冬の湿原河川2(怒涛のシーズンオフ その2編)

根釧地方では昨夜から季節はずれの雨が降り、訪れた本流は増水+濁り。
多少の増水と濁りは歓迎なのですが、今日は加えて風が滅法強かったです。
水面を激しく波立たせ、川が逆流しているようにも見えるような川下からの強風。増水によりウェーディングが制限された中では、アメマスがいる遠い流芯までは到底フライを投げ入れることはできず、午前中で白旗。
濁り対策にと黒のやや大きめのフライをティペットの先に結びましたが、かえって風に押し戻される結果に・・・。
d0317378_140698.jpg


気にしたこと無かったけど、風速9~10mは結構ヤバイということを学習しました。
マズイ・・・このまま終わるのか・・・。
[PR]

by andieloop | 2014-12-21 14:28 | 釣り | Comments(2)
2014年 12月 20日

初冬の湿原河川1(怒涛のシーズンオフ その1編)

残り僅かとなった今シーズン。9ヶ月ぶりに湿原を流れる本流へ足を運びました。
ここは短い経験上、気温が下がる時期には多くは望めませんし、涎が出るようなポイントがあっても我々フライフィッシャーには手が出ないところが多いです。
でも、ロケーションは最高ですので、そんな中で釣れる一尾はとても価値があると思っています。
汗をかかないように、なるべくゆっくりと雪の中をズボズボやりながら(スノーシューを持ってないもので・・・)、目的の場所まで20分かけて到着。
流れの様子は9ヶ月前とあまり変わっていないようです。元々あまり良い場所じゃないので、少し変化を期待していたので、少々残念だったかな・・・?
d0317378_20292466.jpg


変わったのは私のロッドが、一番手大きい#7/8の14ftのロッドということくらい。
ラインはスカジットコンパクト(F_600gr)に15ftのタイプ6にフロロ2.5号を1m位。
そうそう、あと、左岸からはCスペイ一辺倒だったけど、最近はもっぱらペリーポークがメインとなりました。
ロッドがややパワーアップした事と重いヘッドのおかげで、上手くキャストできた時はかなり飛距離が出ます。
飛距離だけに拘泥するのは、あまり賢い事では無いと思ってますが、やっぱり気持ちがイイし、魚を釣る確率は物理的に上がりますよね。
ステップダウンしていくと、時折、針先に軽く何かが触れるような違和感を感じますが、スカジットヘッドでの釣りは久しぶりで、これが魚からのシグナルなのかどうか判然とせず、放っておきました。
しかし、さすがに4~5回目には、『いったい何だってんだ、コノヤロー!』とロッドを立てると、水中から伝わるグゥングゥンという大好きなあのバイブレーションが。でも、アメマスのアタリってこんな感じだったっけ(汗)・・・?
d0317378_2029312.jpg


スカジットヘッドとシンクレートの高いティップの組み合わせでは、ライン全体の湾曲が相当大きくなるみたい。
これって忌むべきものと思っていましたが、それほど気にする必要も無いのかな?と最近は思っています。
ただ、アタリはなかなかダイレクトに伝わりませんね。『クンクンクンクン・・・・』というアタリがほとんでした。
ヤル気に乏しいアメマスをもっとしっかりと鉤に齧りつかせる方法は無いものか・・・今度はスカンジSHのアトランティックサーモンSH(S3/S4_520gr)を試してみたいと思います。
ただ、私の場合、高シンクレートのスカンジSHはキャスト成功率が著しく低いんですよね(泣)。
d0317378_20293734.jpg


さて、怒涛のシーズンオフ編、体力と釣欲を維持できるか甚だ不安ですが、『ボーズマン上等』の意気込みで頑張りたいと思います。ただ、ウェーダーの内部が今現在もなかなか乾きません(泣)
[PR]

by andieloop | 2014-12-20 21:48 | 釣り | Comments(0)
2014年 12月 17日

アイデアマンからの贈り物

ブログ、メールで交流させて貰っているsatoruさんに、ラインテスト用にとアトランティックサーモンSH(650gr)をお貸ししたところ、お礼にといくつものアイデアアイテム等を頂戴しました。

【ジョイントフライ】
4箇所もの可動部分を持つイトウ用の超大型フライ。凄い手間がかかってますな(笑)。
もったいなくて使えないので、いつかターゲットがイトウ中心となるような地に勤務となったときに、見本として使えるように大事に飾っておくことにします。
d0317378_2035867.jpg


【タピオカ用ストロー】
これは何処で売ってるんでしょうか?イントルーダー系、チューブフライの収納にも便利そうです。
d0317378_2041043.jpg


【歯科用ファイルと瞬着用プラスチックトレー】
コレって歯医者における私の恐怖の対象器具No.1ではないですか!神経を取るときに歯の根の奥に突っ込むヤツ・・・見るだけで心拍数が上がる(笑)。
d0317378_2042556.jpg


【手染めのテムレス】
何と透湿防水のゴム手袋。
基本的に、厳冬期だって指先剥き出しでも何とかなってるのですが、本当にヤバイ気象状況で釣りをする時に着用してみようかと思います。
d0317378_204396.jpg


他にも色々頂きまして、感謝感謝です。
そういえば家族以外から贈り物を貰ったのは、いつ以来だろう・・・ありがとうございました!
[PR]

by andieloop | 2014-12-17 20:48 | 釣具 | Comments(2)
2014年 12月 13日

初冬の道東河川2(終わりの始まり?編)

岸辺の薄氷は、先週訪れた時よりもずいぶん範囲が広がり、その厚みもやや増している気がしました。
今シーズンの終わりが近いことを、薄々と感じさせずにはいられません・・・。
d0317378_19345572.jpg


そして、ここで釣れるアメマス達も、まだ、そこそこの数は釣れるのですが、ファイトに元気が全くありません。
頭だけはブンブン振っていますが、頭から下があまり動いてないもの(笑)。
これもアメマス達からの『そろそろシーズンオフ』のお知らせかも知れません・・・が、まだまだ止めませんよ、ワタシは(笑)。
d0317378_1935739.jpg

d0317378_17471256.jpg


寒さには比較的強い私ですが、15:00を過ぎるとフィールドは一気に寒くなった・・・。
こんなときは、ちょっと味濃い味噌ラーメンがアリガタイですね。
d0317378_19351668.jpg



[PR]

by andieloop | 2014-12-13 20:10 | 釣り | Comments(6)
2014年 12月 11日

お気に入りの鉤

VARIVAS 2500V-SE STREAMER STRAIGHT EYE
(3X Heavy Long taper V-cut point Straight eye)
ポロリ病に悩まされた夏頃から色々なフックを試してみて、現在、これに落ち着いています。
爪に引っ掛けてみるとそのフックポイントが非常に鋭いことが分かります。そして、そのゲイプの形状からゴールドビーズのセットがスルッとできます。
また、フッキングが難しいという、シャンクの長い鈎の弱点をスピアの長さを短くして克服・・・とのことですが、コレは良く分かりません(汗)。
私のキン〇マ汚フライの殆どはコイツで出来ていますので、当然、消費も激しく、お店で品切れされると非常に不安な思いをすることになります。
d0317378_22195941.jpg


遅まきながらTFO DeerCreek 7/8 14ftに載せるスカジットヘッドも用意しました。
スカンジSHをメインで使いたいと思って買ったロッドですので、使う機会は少ないかも?
d0317378_22361190.jpg


メインのフライボックスも補充を完了して満タン。
私のヤル気も満タンですが・・・さて、週末は何処に行こうかな・・・。そろそろ、アメマス達は冷たい水温にも体が慣れてきたんじゃないの?等と都合よく妄想しております。
d0317378_22363772.jpg

[PR]

by andieloop | 2014-12-11 22:53 | 釣具 | Comments(0)
2014年 12月 07日

初冬の道東河川1(Study to be quiet編)

この川は魚釣りの大事なことを思い出させてくれます。決して魚が定位するポイントに近づき過ぎたり、水面をなるべく荒らしてはいけない。そんな場所なのです。
かの釣聖アイザックウォルトンは別に『静かに釣れ』という意味で言ったのでは無いと思いますが・・・。
冷たい風が吹き抜ける中、ひたすら静かに無言で4時間釣りをしました。・・・まぁ、ぼっち釣りなので、喋る相手もいないから、当たり前なんですが(汗)。

私の他に誰も居ないので、今日は新しいランディングネットで釣った魚を掬う良い練習になりました。
30~50cmの魚をこの大仰なネットで掬うのは、いささか恥ずかしいですから・・・。
d0317378_2041182.jpg


岸際には薄氷。この川もあと二週間もすると氷に覆われるかもしれませんね。
d0317378_204254.jpg


『次に釣れたら、もう帰ろう』を何回繰り返したか分かりません。今日のこの場所には、私の汚フライを好んでくれるアメマスが沢山いるようでした。ありがたいこってす。
それでも、次の週末前には禁断症状が出るんだろうなぁ・・・。
d0317378_2044353.jpg


帰宅してフォールディングネットを広げて乾燥、稼動部分に注油をして、おもむろにネットに鼻を近づけてみると・・・クッサー!!
d0317378_2045468.jpg

それにしても、柄が長くて本当に掬いやすいネットです。なかなか良い買い物をしたと思います。


[PR]

by andieloop | 2014-12-07 20:51 | 釣り | Comments(2)
2014年 12月 06日

初冬の十勝川1(おにぎりin鍋焼うどん編)

二週間ぶりの十勝川。季節は確実に進んでおり、岸辺には薄氷、流れには蓮氷。
d0317378_20161962.jpg


アメマスに媚びまくったGB仕様の汚フライや各種チューブフライを次々にチェンジして、ラインもとっかえひっかえ・・・。ガイドの氷を取り除くため何度も岸に上がり・・・。
そして、一切の生命反応を感じることなく午前の部が終了しました。
この時点で既に、今日はノーフィッシュの予感が濃厚でした。
d0317378_20163297.jpg


今回、野外で初めて鍋焼きうどんを作ってみましたが、ウンザリするほど食べているコンビニ食なのに最高に美味しかった・・・。ただ、一緒に食べたオニギリが歯にしみるほど冷たくなっていました(笑)。
生卵を持ってくるつもりで用意していたのに、家に忘れてきてしまったのが心残り・・・。
d0317378_20164673.jpg


Yunさんが、おもむろにオニギリをうどんの中にボチャンと!?
驚きましたが、なんか美味しそう・・・写真を撮らずにはいられませんでした(笑)。
今度、真似しようかな。切り餅や卵なんかも入れたりしたら更にボリュームアップかも。
d0317378_20165853.jpg


午後も、まったくアタリの無い状況で、15:00過ぎにはとうとうギブアップ。
これから、どんどん寒さも釣果も厳しくなり、クレイジーアミーゴだけが、川に立つ苦行のシーズンに突入ですね・・・。
帰路、釧路の『ぶた福』でソースカツ丼を試してみる。凄いボリュームに見えると思いますが、肉が薄いです(笑)。そして、美味しそうに見えると思いますが美味からず(怒)。焦げ臭いダス!
豚丼は凄く美味しい店なのに・・・食べ物では、保守的で決して冒険はしない主義だったのを曲げた罰?
d0317378_20171210.jpg


家に帰りウェーダーやジャケットを干している内にちょっと釣欲が萎えてきて、明日・・・迷ってます。
[PR]

by andieloop | 2014-12-06 20:53 | 釣り | Comments(2)