<   2014年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2014年 05月 24日

春の屈斜路湖1(湖の女神様ありがとう編)

釧路へ越してきて三度目の屈斜路湖釣行です。
女神様、ワタクシまだ、う~たんしか頂いておりません。仏の顔も三度まで・・・あ、間違えました、三顧の礼という言葉もありますし、そろそろ褒美を頂けないものでしょうか・・・。
スカジットコンパクト(フローティング)480grに15ftのポリリーダー(インター)のシステムで、なるべく水面を荒らさないように、ロールアップ等の予備キャストは一切しないで・・・。
d0317378_19323475.jpg


湖に流れ込む小川には遡上したワカサギが群れており、インレット部にはう~たんが何故だか狂喜乱舞しています。う~たんの群れを飛び越して、沖に向かってフルキャストを繰り返していると、着水後2,3回のリトリーブの後、ランニングラインを手繰る手にグッとテンションが掛かりました。
「ど~せ、またアレでしょ?ハイハイ、デカぐいう~げっちゅ~・・・アレ?」
女神様、ありがとうございます!
『鱒がこの上なく貴重に思えるのは、鱒達が美しい場所に棲んでいるからである。』
d0317378_19325239.jpg


新しいランニングラインの印象ですが、水をあまり吸わないようで時間が経っても飛距離が落ちません。その代わりスリックシューターと比べると巻き癖が取れにくいと思いました。やっぱり一長一短ですね・・・。
それにしても今日は本当に寒かったです。周囲のアングラーさんたちも、釣れない&寒いのコンボで、どんどん帰って行きました。この中途半端な寒さって体にこたえますね・・・。
d0317378_1933124.jpg


冷え切った体を弟子屈ラーメンで温め、道の駅で爆睡。目覚めたときには再度ロッドを繋いでウェーダーを履き、イブニングに挑む気力はすっかり無くなっておりました(笑)。
d0317378_19341057.jpg



[PR]

by andieloop | 2014-05-24 20:18 | 釣り | Comments(6)
2014年 05月 19日

幣舞橋の夕日

帰宅するのにちょうど良いバスが無かったので、家路をトボトボと(トラウトと出会えなかったので軽く凹んでいる)歩いていると・・・。
d0317378_20462562.jpg

あら、素敵。たまたまカバンにカメラを入れていたので幣舞橋の上で足を止めてパシャリ。
ついでにこう叫んだ。「おかあさ~n」
[PR]

by andieloop | 2014-05-19 20:55 | その他 | Comments(0)
2014年 05月 18日

春の道東サーフ2(初陣ショッパイ編)

気が進まないけれど、記録しておきます(汗)。
海アメ、サーフの初陣でしたが、完全試合での敗北です。冬の島牧でアメマスを釣る全てのフライマン達を本気で尊敬します。
d0317378_129253.jpg


昔買ったラインバスケットにゴルフのティーをくっつけた100円ショップのカゴを入れたDIYラインバスケット。
初めて使いましたが、全く役に立たないことがわかりました。小さくて浅いので、フラットビームが上手く収まりませんし、何とか収めようとすると大きいストロークでリトリーブしたいのに、チマチマ引っ張るしかありません。
そうすると、ラインのテンションを保つのが困難になり、釣れるリトリーブになる気がしません。
結局いつもどおり、指に引っ掛けてランニングラインを捌きますが、やっぱり海ではキツかった。波に揉まれたランニングラインが足に絡まり「ムキーっ!!」。
d0317378_1294144.jpg


小さいけれど魚は居るんです。だって、隣のルアーアングラーさんはそれなりに釣ってましたから。
それでも全力を尽くしました。力を抜いて、距離を欲張らず、キチンとターンオーバーすることを第一に考え・・・。そのうち、右からの風が強くなり私のオーバーヘッド技術では、自分を釣りそうで怖くなってきましたので、ペリーポークなどの水面を使ったキャストをしてみると、アラ意外、そこそこ飛ぶじゃないですか。
想定外の収穫に気を良くするも、結局、海のアメマスとの出会いはやってきませんでした。
真水が流れ出しているところでリールを洗い、『ガッデーム!』と何の罪も無いフィールドに呪いの言葉を浴びせて家路につきました(笑)。
d0317378_1210092.jpg


家に着き、ロッド、リール、ライン、ジャケットなど塩水を浴びた全てのモノをシャワーで洗い、白っぽくなった手の甲をペロっと舐めて、「あ~あ、しょっぱい!」
海の釣りって大変ですねぇ・・・。
[PR]

by andieloop | 2014-05-18 12:49 | 釣り | Comments(2)
2014年 05月 17日

春の道東サーフ1(準備編)

大荒れの土曜日はフィールド出かけることを諦めて、海アメマス釣りの準備をしました。
中流域、下流域、汽水域ときて、とうとう、海までアメマスを追いかけてみることにしました。
・・・といっても、海アメは友人のルアータックルを借りて一度しかやったことが無いものですから、道具立て、ポイント、セオリー等いまひとつ良く分からない、いや、全然分かりません。

まずは、ラインを買いにランカーズクシロさんへ。『フライで海アメを釣りたいです。ロッドはカプラスのスペースシューター10/11を持っています。どんなシューティングヘッドが良いですか?』と単刀直入に聞いて、いくつか紹介されたヘッドの中から『SA/3M Atlantic Salmon SH S2/S3』を選びました(勘で)。
但し、シンクレートは『一本だけ選ぶとしたら?』と尋ねたところ、この位が標準ということでしたので、S2/S3を選びました。インターくらいが標準なのかな?と思っていましたので、ちょっと意外でしたが、道東は割りと波が高いので、その波に揉まれない内に早く水面を切るにはこの位でなければダメだとのことです。
う~ん、よく分からないけど、聞いて良かった・・・。
d0317378_2211972.jpg


ランニングラインは、とりあえずフラットビームの50ldです。
d0317378_2213454.jpg


フライは・・・とにかくマテリアルがゲープに絡まないものが良いと教わりましたので、それっぽいものを持ち合わせのフライからチョイスします。
なお、スカッドパターンも良いらしいのですが、それはこれからの課題ということで・・・。
こんなので本当に釣れるのか、全く自信が湧きません・・・。
d0317378_2215280.jpg


おそらく簡単には結果が出ないでしょうが・・・まずは海を前にビビらないことから始めたいと思います。
え?ニジマス?何ソレこわい。
[PR]

by andieloop | 2014-05-17 22:41 | 釣具 | Comments(0)
2014年 05月 14日

ランニングライン難民1

ランニングラインは、RIO社のスリックシューター50ldに暫く落ち着き、慣れた頃を見計らって同35ldに落とし、「こりゃ、エエわい♪」と思っていたのですが、このスリックシューター、長時間使用していて、そのうち水を含んでくると、しなやかになるのは良いのですが、かなり滑りが悪くなるのです。多分、気のせいじゃないはずです。
完全無欠なランニングラインは無いのは理解したつもりですが、私も多くのダブルハンドマンのように、より自分にとってベターなものを捜すべく、再びランニングライン難民になりました。
当面の候補は、『VISION社のフラットシューター』と『Airflo社のリッジランニングライン』の二つ。
まずはその内、安価な前者を入手してみました。
手触りと外観はフラットビームそっくり。それと、同じ35ldでもスリックシューターよりかなり細く感じ、これにはやや不安を覚えます。グチャグチャになって酷いキンクとなる様が目に浮かぶ・・・。
100m巻なので、まずは、セコく33mを巻いてみて暫く使ってみます。
他にオススメのモノ、ご使用していて不満を感じないモノございましたらご紹介くださいマセ!
d0317378_20262232.jpg


【参考動画】




[PR]

by andieloop | 2014-05-14 20:50 | 釣具 | Comments(8)
2014年 05月 11日

春の道東河川8(別寒辺牛川・泣きのもう一丁編)

「もう、この川は最後にする」なんて言った舌の根も乾かぬうちに、やっぱり泣きのもう一丁です(笑)。
実は、過日このフィールドを訪れた時に、私の隣のフライマンがイトウをキャッチしていたのです。
なので、あわよくばイトウが釣れちゃったりなんかして・・・という助平心があったのは否定できません(汗)。
濃霧が立ち込める早朝、薄暗い内から鉄道敷及び泥濘を突き進み、オラ~!今日こそ一番乗りだ~!と思いきや、霧の中にうっすらと浮かび上がる4名のアングラーのシルエット。しかも、既にキャストをしていました・・・。
d0317378_15181044.jpg


濃霧の中、川面ではアメマス達がそこかしこでボイルを繰り返しています。その中には明らかに大型と分かるものも混じります。泣きのもう一丁して正解だった、ナイスジャッジ!・・・なんて思ったのが大間違い、時折フライを咥えるのは小さなアメマスばかり・・・大型アメマスは私を含め誰の針にも掛かりません。かなりセレクティブになっているものと見受けられました。
それでも濃霧の中でのアメマス達のボイルは、どこか神秘的で、コレはコレで得がたい経験だったこもしれませんが・・・。
やがて霧が晴れ、日が高くなるつれアメマス達のボイルも自然とトーンダウンしてゆきました。アングラー達の相手をしてくれるのは、相変わらず付き合いの良い小さなアメマス。
そうそう、このフィールドのアメマスはどういうわけか口の中が黒いのですが、今日キャッチしたアメマス達は全て普通の口をしていました。何ででしょう、不思議・・・。
d0317378_15182464.jpg


私の所有するリバレイ社のウェーディングスタッフは1~2回の泥濘歩哨ですっかりコタコタ・・・。そこでスキーのストックを代用しているのですが、これが非常に使いやすいです。折りたたむことは出来ないけれど、先端の丸い部品のおかげで泥に深く刺さりすぎることなく、安定して体を支えてくれます。
d0317378_1518435.jpg


帰り際、Bプランとして考えていたサーフを見てきましたが、ここでフライロッドを振り、必要な距離をキャストする自信がありません。一回の波で投げたラインが全部自分の元に戻ってきそう・・・。
過去に一度だけサーフでカラフトマスを狙ったことがあるのですが、第一投でコレになってしまい、目が点になった苦い思い出が蘇ります。サーフかぁ・・・。
d0317378_15185760.jpg

[PR]

by andieloop | 2014-05-11 16:23 | 釣り | Comments(2)
2014年 05月 10日

春の道東河川7(沈黙のニジマス川編)

私の住む釧路地方では、いちおう名の通ったニジマスの川の中流域へ。
しかしながら、ここを訪れるアングラーは極めて少ないの現状です。理由は明快、"釣れない"からでしょう。
『魚影は薄いけど、スゴイのもいる。』というランカーズクシロの店長さんの言葉を心の支えに、人っ子一人居ない流れに立ち込みました。
道東の河川は、4月頭の暖気+雨で雪解けが一気に進んだのか、雪代の時期はいつの間にか終了したように思います。
柔らかい日差しに緑が芽吹き、鳥のさえずりの中でロッドを振るのは気持ちが良いのですが・・・
d0317378_22561036.jpg


ダブルハンドを持って、ニジマス釣りをすると毎度決まって"川の中の生物は私だけ"状態です。
いつも雰囲気だけは良い感じなんだけど(笑)。本流のニジマスは本当に難しいです。
d0317378_22563351.jpg


車を走らせ、今度は上流域でシングルハンドを手に釣り下るけど、手で直接触れたら死んでしまいそうなニジマスの幼魚がウェットフライを咥えるのみで、何事も起こりませんでした。
薄暗くなるまで川面で待機もしてみましたが、イブニングライズの釣りにはやや早いのかな?という感じです。

1月もそうだったけど、5月も割と難しいのかしら?明日はどうしようかな・・・。

【出発前はこんなイメージだったのですが(汗)】
[PR]

by andieloop | 2014-05-10 23:19 | 釣り | Comments(2)