<   2014年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2014年 04月 29日

春の道東河川6(春のアメマス・川の疲れは川で癒す編)

東の汽水域の釣りは、昨日で最後にして、更に東に向かうかそれとも西に行こうか等と考えているうちに、いつの間にか眠ってしまい、目が覚めるとお昼ちょっと前でした。
随分眠ったけど、いまひとつ疲れが抜けきらない・・・。
東の汽水域は充分に楽しかったけれど、駐車ポイント、釣りポイントの確保、ポイントについてからは10mと離れていない両隣のアングラーに気を使い、何だかパチンコ屋さんの新台入替に続けて通っているような慌ただしい気分になったのでした。
なので、今日はトラウトに出会いたいというよりも、何だか無性に人が居なくてキレイな水が流れるところに行きたくなりました。それと、ウェーダーに付いた泥も洗い流したかった・・・。

40分程車を走らせて着いた夕暮れ間近の川には誰もおらず、少し寒かったけれど本当に静かでした。
静かに小さなストリーマーを流れに泳がせると、海を目指さない小さなアメマス達が相手をしてくれました。
不思議と今日は少しもガッカリしません。君達は今年、鮭稚魚見たかい?
d0317378_21332593.jpg

d0317378_21335043.jpg


ウェーダーの泥もすっかりキレイに流れ落ちました。このネオプレーンウェーダーは補修の後、浸水は止まりましたが、生地自体が経年劣化していると見え、長時間水に浸かっていると内部全体が湿っぽくなります。今年の冬前には新調する必要がありそうです。これを買ったのは、かれこれ二十年程前ですから経年劣化も当たり前ですね。
当時、大き目のサイズをかったのですが、今ではすっかりピチピチになってしまいました(笑)。
もうほんの少し頑張ってね・・・。
d0317378_21352144.jpg


【こんな曲を聴いて、癒されたと同時にちょびっとホームシック】

[PR]

by andieloop | 2014-04-29 22:45 | 釣り | Comments(0)
2014年 04月 28日

春の道東河川5(春のアメマス・本日天気晴朗ナレドモ波高シ)

今日は、お日様がポカポカ暖かいのだけれど、右後ろからの風がとても強く、往生しました。
案の定スカジットボディーが後頭部を直撃し、スカジットヘッドがパワフルだということを身をもって知ることになりました(汗)。
d0317378_17231628.jpg


数、サイズ共に明らかにダウンしてますね。お祭りはもう、終わりですか・・・。
そんなに、サカナは沢山いない割りに、ドロッパーとリードに同時にヒットしたりして、良く分かりません・・・。
d0317378_17243074.jpg


本日のマメマス祭りの最中、ようやく良い型のアメマスが一尾だけ釣れてくれました。もうね、ゴリ巻きでしたね・・・。遊んでたらバレちゃいそうで(汗)。
そうそう、ガマカツのS11S-4Lというフックを初めて使いましたが、フックが伸びたり、アメマスのヘッドシェイクで針が簡単に外れたりと、個人的に余り良い印象は持てませんでした。ここぞというときにこういうフックは怖くて使えません。このサカナはTMCのフックに巻いたドロッパーを喰ってくれましたので、それを確認したときには心底ホッとしました。
またも泥んこアメマス・・・キレイに撮りたかった・・・。
d0317378_17244487.jpg


帰り際、皆さんがよく休憩している、ベンチのように横たわる大きな流木の脇に、何か落ちてます。
何だろう?ドロッパーワレット?裏返してみると・・・・・・・
コラコラコラ(笑)、ど~してココにコレを持ってくるかな~?まったく、けしからn・・・オホン・・・フィールドを愛するアングラーとして、目に付いたゴミは回収しなければなりません。い、急いでオウチに帰らなきゃ・・・。
d0317378_17245989.jpg


すっかり見慣れた汽車をやり過ごし・・・。
d0317378_17234443.jpg


下流域のアメマス釣りもそろそろ終わりなのかな?アメマスが鮭稚魚の群れに襲い掛かるシーンを見たかったのにな・・・等とちょっぴり寂寥感を感じつつ、春風が強く吹き抜け殆ど人の居なくなったフィールドを後にするのでした。
d0317378_1724767.jpg

[PR]

by andieloop | 2014-04-28 18:33 | 釣り | Comments(2)
2014年 04月 26日

春の道東河川4(春のアメマス・別寒辺牛川雪辱編)

おはようございます。別寒辺牛川さま、今日こそはお手柔らかにお願いします。
d0317378_17282178.jpg


幸先良く、まずは参加賞を頂きました。問題はここからです。
d0317378_17284685.jpg


25cmくらいのマメマスや50前後のプリッとしたアメマス達が今日は、私のフライを追ってくれます。
今日は、スカジットコンパクト510gr(インター)+インターティップ15fのシステムでやることにしましたが、どうやら上手く行ったようです。必死でしたので、ドロッパーまで付けました(汗)。
ドロッパーには、「アメマス釣りたい気持ち丸出しフライ」を結び、リードは各種の鮭稚魚っぽいイントルーダータイプのフライやエッグサッキングリーチ等をどんどんチェンジしていきましたが、どのフライを使ってもサカナはリードにもドロッパーにも齧りついてくれました。ただ、スクイドロだけは評判がいまひとつだったかな?
d0317378_172968.jpg


いつもブログで色々教えていただいているYunさんに、本日初めて直接ご挨拶ができました。矢のようなタイトループでラインを射出し、次々と流れの中のアメマスを捕らえていきます。スカジットルーキーの私でも、飛行するラインのスピードが段違いに速いということが分かります。そして、低空です。う~ん良い物見せて頂きました。
リールの逆転音に顔を上げ、対岸を見ると・・・遠目からでも顔と尾鰭がデカっ!
d0317378_17294897.jpg


それには及びませんが、私にも良い型のアメマスが。柄の長いランディングネットにあたふたしつつネットインし(ネットを使うのがヘタクソなんです・・・)、ヌルヌルと滑る泥で転倒しないように慎重に岸まで辿り着き、パシャリ!どこに行っても泥だらけなので、キレイにサカナを撮れないのが残念・・・。
d0317378_1730934.jpg


こうして本日4回目の釣行で初めて、この川のワイルドなアメマス釣りを堪能することが出来ました。
今日はこの辺にしといたるわ!昂然と胸を張ってフィールドを去る私なのでした。現金なもんですね・・・(汗)。
なお、朝イチで、ここに毎朝仕事前に通っているというフライマンさんと一緒に線路を歩きながら、この川の地形などをご教授いただきました。朝の2時間位の間ですが、その方は私の隣でビシビシ、アメマスを釣っておいででした。別れ際に使用しているフライを見せて頂いたのですが、実にシンプルで、思いもしない・・・・あ、企業秘密かも知れないのでこの辺で止めておきますね。


[PR]

by andieloop | 2014-04-26 18:29 | 釣り | Comments(5)
2014年 04月 25日

No plan on me yet (フライタイイング#27 )

あのフィールドに、もう一度立つ意欲は復活しましたが、ラインや毛鉤の効果的な流し方等のタクティクスは特に思いつかず、結局ノープランのまま金曜日になってしまいました。でも、毛鉤の補充だけは、やらないと・・・。

生き物というのは、よく見ると沢山の色で構成されており決して単色のものではない・・・らしいです。
複数の色のマテリアルを使って毛鉤を巻くことは、決してアングラー自身を釣ることだけが目的ではなく、毛鉤に生々しさを与え、より疑似餌として魅力的なものにするためなのでしょう。
配色のセンスは一向に向上しない私ですが、これからはちょっとだけ色んな色を混ぜたような毛鉤を巻こうと思います。
それと、控えめなヒカリモノと、妙に生き物っぽさを演出してくれるギニアホールやアムハーストなどの斑模様のマテリアルを少々。時には、ヘッドを赤く塗ったり、ワンポイントで派手な色をちょっと混ぜてみたり。

・・・とか何とか言ってる割には、気が付けばついつい無難な配色に・・・もっと冒険しなきゃ・・・ね。
d0317378_0371738.jpg

釣れないのは毛鉤のせいじゃないのは、重々承知しているんですが(汗)

[PR]

by andieloop | 2014-04-25 01:23 | 毛鉤 | Comments(0)
2014年 04月 22日

フライタイイング#26

『安西先生・・・アメマスが、別寒辺牛川のアメマスが釣りたいです・・・。あ、できれば十勝川のも・・・』
『諦めたら、そこで試合終了だよ』
スミマセン、訳が分からないですよね(汗)。二晩寝ることによって、随分モチベーションが回復して参りましたので、願いを叶えるべくいくつかのフライを巻きました。
後は、「フライを泳がせる層」、「流し方」、「リトリーブ」ですが、これは現在、頭の中で研究中です。
思えば、私のリトリーブは、”魚を誘う”という意思が全くこもっていない、単なるライン回収でした。

【アメマス釣りたい気持ち丸出しフライ】
これでアメマス釣れなかったら死んでしまえというような、こだわりも節操も無い実戦派フライ。
巻くのが簡単なので、ロストしても精神衛生上ダメージが少ないです。
d0317378_22214988.jpg


【シラウオ】
関係者の証言、各種HPによれば、別寒辺牛川には確かにシラウオが生息しているようです。
その姿は、白っぽい透明で、細長くニョロっとした姿らしいです。そして、コレがアメマスの捕食対象となっているかどうかですが、ノースアングラーズのバックナンバーによるとランカーズクシロのスタッフの方が捕食対照となっていることを確認しているとの記述を見つけました。ただ、鮭稚魚のように大量に川に群れを成す訳ではなさそう・・・。「ニョロっと」で連想するのはラバーレッグ・・・・。うは~全然似てない(笑)。
d0317378_22221055.jpg


【鮭稚魚】
カシミアゴートヘアというマテリアルを初めて買ってみましたが、毛足が長く、柔らかく、とても気に入りました。そしてポーラーシェニールでボディーを巻くのもコリャ便利!
d0317378_22222886.jpg


[PR]

by andieloop | 2014-04-22 23:02 | 毛鉤 | Comments(2)
2014年 04月 20日

春の道東河川3(春のアメマス・別寒辺牛川惨敗編)

惨敗。惨めに敗れ去ること。まさに言葉どおりで書くこともあまり無いのですが、釣行記ですので、記録の為にも(汗)。本当にしょーもないので出来ればジックリ読まないで欲しいです(大汗)。

4/19(土)
入れ込み過ぎてAM2:00に現場へ到着、道路脇じゃない駐車スペースを確保。
車内で仮眠をと思ったけどワクワクしすぎて眠れません。白々と夜が明けた頃、準備開始して線路を歩く。
コレだけしても川へは一番乗りじゃありません(笑)。薄暗い中であの湿地帯を抜けてきたようですが、スゴイ根性ですね。川に近づくと、既にお一人の竿が曲がり水面で魚がバシャバシャするのが見えますが、早く川に着きたいのに、満潮のこのフィールドは相変わらず線路→川までが試練です。今日はズッコイと思いながらも地元の方と思しきフライマンの後をちゃっかりくっついて無事到着。
スカジットコンパクト(インター)+各種ティップをあれこれチェンジして、フライも色々付け替えますが、全くダメ・・・。もうどうしてよいやら分からなくなってしまいました。
強風と小雪がちらついてきたところで、ギブアップ。
なお、上がり間際に一人のフライマンとお話しました。とても感じの良いお方で、本日知ったのですが「パジェミニ」さんというハンドルネームでブログをやっているお方です。言ってくれればよかったのに(笑)
ブログ拝見してますよ~!

4/20(日)
目が覚めるとAM3:30。イカン!寝過ごしてしまった・・・。飛び起きて、シカを蹴散らしつつ国道44号をブッ飛ばす。なんとか駐車スペースを確保し、ウェーダーに着替える前に小用をと思い草むらの中へ入ろうとしたところ、「ドボン!」と片方の足首まで水溜りに足を突っ込んでしまいました・・・。あぁ・・・終わったぁ・・・と思いましたが、今日はソックスを二枚履こうと思って、カバンの中に仕舞っているのを思い出しました。ナイス自分!
あとはズボン・・・もうパンツONウェーダーで行くしかないかと思いましたが、4月とは言え、それは寒すぎるしお腹でも壊したら大変です。特にこのフィールドは。
思い切って車の中でズボンを脱ぎ、それをエアコンの送風口に当て、最大の風量で乾かすことにしました。
乾くまでの間、偏光グラスをかけクールにタバコをフカしながら川の方を見つめ、ゆったりと構えるアングラーの雰囲気を醸し出しますが、車外からは見えない下半身はソックスとボクサーブリーフしか身に付けていない変態男です。お巡りさんが来ない早朝で良かった・・・。
始める前から、もうドタバタして、こんな日は何をやってもダメなんだろうな・・・と独り言。
湿地帯を抜けるのも三回目となると随分慣れてきましたね。何より思い切りが良くなってきました。
開始間もなくして魚がヒット!なかなか良いサイズです。「ウッヒョ~!」と釣りキチ三平ばりに歓声を上げ、ブグレーの逆転音を堪能しますが。ギューン!・・・アレ?・・・バレちゃった・・・。
ま、いっか。今日は釣れそうだ!ウホ♪・と思ったけど、これが大きな間違いで、その後、14:00頃まで虚しくキャストを続けることになるのでした(涙)。
d0317378_20122573.jpg

余裕ブッこいて写真なんか撮ってないで、ゴリ巻きでランディングしとくんだった!

いつもブログを拝見しているYunさんと思しき方が私の後ろを通って、最下流を目指して歩いて行きましたが、本当にご本人かどうか自信が無くて、気後れしていまい、声をかけそびれました(汗)。
腰以上の深さのあるエグレをものともせずに突破し、後続のご友人がそこを渡りきるの確認すると、あっという間に最下流まで行ってしまいました。
もっと華奢な方という勝手なイメージを抱いていましたが、生Yunさんは結構大柄でした。ご挨拶できずにスミマセンでした!
d0317378_20423715.jpg


来週はココに来るのヤメようかな・・・。潮の満ち引きも、突然流れが止まったり動いたりするのも、湿地帯も、イチイチ針に引っ掛てくる浮遊物も、川底の泥んこも、強い風も、硫黄の様なニオイも今はちょっとウンザリ・・・。

【自分用防備録】本日、唯一の魚がヒットした際の状況
ライン:スカジットコンパクト(F)480gr+ティップ(10ftタイプ3)+2.5号フロロ
フライ:アメマス釣りたい気持ち丸出しフライ。
キャスト:正面
流し方:着水後のすぐのリトリーブでヒット。
[PR]

by andieloop | 2014-04-20 20:56 | 釣り | Comments(5)
2014年 04月 13日

春の道東河川2(春のアメマス・別寒辺牛川苦杯編)

今日も精勤、夜明けと共にフィールドに立ちました。ここは、別寒辺牛川。好機を捉えて、いつかは訪れてみたいと思っていたフィールドです。・・・というか、自宅から50km程度の距離にあるのに、湿地帯を歩くのがちょっと怖くて尻込みしていただけです(汗)。
d0317378_1654323.jpg


国道44号から鉄道敷に入り(ホントはイケないのでしょうね)、適当なところから川に向かって歩きますが、ココからがチキンハートの私にはキツかったです。川はすぐそこに見えるのに目の前の泥濘が底なし沼に見えてなりません・・・。いち早くキャストを始めている多くのアングラーの後ろで、安全に歩けそうなトコロを捜してウロウロ(笑)。ブログ上で色々と教えてくださるYunさんから、ウェーディングスタッフがあると便利かもという旨の助言を頂いていたので、それで、足元を確認しながらようやく川辺に到着しました。
いやはや、何がスゴイって人がスゴイです。文字どおり銀座です、釣り銀座。アメマスも沢山いるからなんでしょうが・・・。
d0317378_1655913.jpg


 その証拠にお隣のフライマンさんは、もう、スッポンスッポン釣りまくり。魚を写真におさめることもせず、クールに魚をその場でリリースして次から次へとアメマスを釣っていきます。私はといえば、アタリさえ無い状態・・・。
流速が遅い川でのアメマス釣りは今年十勝川で経験し、ほとんどトラウマになりかけているのですが、未だにこの苦手を克服できていません。
羨望の眼差しでお隣のフライマンさんをみていると、その方とそのすぐ上流のフライマンのみが、竿を曲げ続けていることに気が付きました。視界の及ぶ限り、他の方は殆ど釣れていません。
どんなラインやフライを使っているのかお聞きしたいところですが、邪魔になるので、じっと観察していると・・・フルシンク(黒っぽい)のヘッドをオーバーヘッドでキャストして、着水直後からリトリーブしています。
何か特別なことをしているようには見えませんでしたが、少なくとも飛距離は、私より7~8m先まで飛ばしておいででした。そして、沖でヒットするのではなく割りとアングラー側でヒットしているようです。フライは「白もイイね・・・白魚が・・・・」と仲間内の会話が漏れ聞こえてきたので、白っぽいストリーマーなのかも知れません。(白魚って?シラスのこと?『白魚 フライ』でググると・・・)

 私も青筋立てて「フンガー!」と沖へとロングキャストを試みますが、力めば力むほど理は遠のくばかり也・・・。そして、着水後の流し方も疑心暗鬼です。下流45度にキャストしてみたいのですが、下流のお隣さんもかなり近いので、自分の下流まで流し切るのは危険なので断念(※この混雑ぶりでは、距離が近くなるのはやむを得ないことだと思います)。
そうこうしているうちに、今度は自分の下流のフライマンさんも釣れはじめました。魚が入ってきたようです。上流のフライマンさんは当然のようにワンキャスト&ワンヒット状態。真ん中の私だけが寂しく虚しいキャストを繰り返す・・・(泣)。

 下流の方が、魚を外すのに岸に上がったときを見計らって45度方向にキャストし、リトリーブしないでゆっくりとスイングしてみると・・・・。川の女神様が私を哀れんでくれたのでしょう、可愛らしいアメマスを私の毛鉤に付けてくれました。少々驚いたのは、この川のアメマスはかなり力強いこと。よほど良質なエサを食べているのではないでしょうか、もし、良型がヒットしたならメチャクチャ面白いだろうな?と思わずにはいられませんでした。
d0317378_1661760.jpg

 本日の参加賞=アメマスいっこ(笑)
 釣れたフライはこのゾンカー、フライをフィッシングを始めてから、ゾンカーで釣れたのは初めてです。嬉しいような・・・トホホなような・・・。

1時間に一度位でしょうか「ピィッ」と警笛を鳴らして、一両編成の汽車が通り過ぎます。運転手さんは我々釣り人を忌々しく思っているのかもしれませんね・・・。でも、警笛はとてもありがたいと思います。
d0317378_1725436.jpg


こんな小さな橋を2箇所くらいだっけな?渡りました。このとき後ろから汽車がきたら、映画『スタンド・バイ・ミー』のようですね。気をつけないと。
d0317378_1663262.jpg


帰りは、厚岸の蕎麦屋「玉川本店」の暖簾をくぐりました。”皮かしわそば大盛り”略して”大皮”だそうです。
好みは分かれるところだと思いますが、鳥皮がコリコリとした食感で、鳥の旨味が割と薄味のダシに染み出しており・・・やっぱ微妙です(笑)。
d0317378_1671371.jpg


少々長くなりましたが、お付き合いいただきありがとうございます。なお、ワタクシ、このエントリーを書いている間に、フツフツと悔しさが込み上げて参りました(笑)。
ここで一句『チキショーめ、今に見ておれ、別寒辺牛』

【近くこのフィールドを訪れようとしている皆様へ】
只今、春の交通安全キャンペーン実施中。厚岸市外とこのフィールドの間を走行中のドライバーの皆さん、スピードを出し過ぎてはいませんか?安全運転を心がけてくださいね。 

[PR]

by andieloop | 2014-04-13 18:21 | 釣り | Comments(14)
2014年 04月 12日

春の道東河川1(春のアメマス・ショートバイト祭り編)

本日は相当入れ込んで、日の出と共にフィールドに立ちました。
とにかくアタリはかなり頻繁にありますが、なかなかしっかりとフッキングに至りません。
ガツンと来たのはこの魚のみ、あとはプルプルとククッとか微妙なあたりばかりでした。
アタリがあっても放っておいたり、間髪いれずにあわせてみたり、ちょっと待ってからロッドを煽ってみたり、ランニングラインを引っ張ってみたり、アレコレ試しましたが、どの方法にも、差はありませんでした。
d0317378_11341849.jpg


それでも、40~50cmのアメマスが沢山釣れ、楽しかったのですが・・・サイズアップはできず、加えて、どのサカナも少し痩せている気がしました。
d0317378_11343269.jpg


是非実物を川で見たいと思っている鮭稚魚は、残念ながら本日は見えませんでした。まだ、早いのかな?
近所のホーマックでは水槽で放流用の鮭稚魚を飼育しているのですが、近くてじっくり見ると、全体の色調としては鈍いシルバーに見えました。人間の目と魚の目とでは色の写り方が違うのかもしれないけれど、昨夜、一本だけシルバーの胴部を持つストリーマーを巻いてみました。頭部はマテリアルケースの中でずっと出番の無かったシール状の目玉を¥100ショップのエポキシでコーティング。
デフォルメしたような毛鉤の方が好みだし、こういうフライはどうも釣れる気がしなくて敬遠していたんですが、今日はこれが、アタリ針となりました。また、十数匹の魚に齧られてもビクともしない堅牢さは気に入りました。アメマスが鮭稚魚を捕食している状況で、これで釣ったら「騙して釣った」という別の喜びもあったのでしょうが・・・。
d0317378_1135154.jpg


贅沢ですがサスガに飽きてしまい、オニギリを食べたら眠くなってしまったので、9:00過ぎに納竿。帰路につくこととしました。
d0317378_11344644.jpg




[PR]

by andieloop | 2014-04-12 12:34 | 釣り | Comments(2)
2014年 04月 05日

フライタイイング#25

【エビフライ】
ジェネラルプラクティショナーやポーラーシュリンプなどは巻いたことがありますが、こういうのは初めて。
他の方のブログなどを参考に手持ちマテリアルのみで2本だけ巻いてみました。目玉がちょっと面倒だけど、これが無いとエビっぽく見えないので、黒マジックを塗ったモノフィラメントをライターで炙る。
機能面は、まだ良く分かりません。何かコツや秘訣があるのかも知れませんが・・・。
モジャモジャしちゃってますが、目を細めると、何となくエビに見えなくも無い?
d0317378_2203032.jpg

川が増水しちゃって、やること無いっス(笑)


[PR]

by andieloop | 2014-04-05 22:14 | 毛鉤 | Comments(0)
2014年 04月 03日

フライタイイング#24

【チープで小さいダーティーホー】
その名に相応しいかは、いささか照れくさいものがありますが、鮭稚魚を何となく意識したサイズ(5.5~6.0cm)で巻いてフライボックスにしまっておくことにしました。
2~3本プロトタイプを巻いてみて、実際にトラウトからの評判が良いようなら正式採用の予定です。
d0317378_21161921.jpg

明日から土曜日にかけて、道東方面は雨と風で荒れる模様です。川の水は、一気にコーヒー牛乳になるでしょうね。

[PR]

by andieloop | 2014-04-03 21:59 | 毛鉤 | Comments(0)