<   2013年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2013年 11月 30日

フライタイイング#13

チープなダーティーホー(Dirty Hoh)

今般、Yunさんのイントルーダー(当ブログの「お気に入りブログ」参照)パターンに大変感銘を受けたので、その要諦を自分なりに咀嚼の上、シールズファー、オーストリッチなど高価(なんです、私には!(笑))なマテリアルを一切使用せずに、私はダーティホータイプを巻いてみました。
ダーティホータイプにしたのはキールで仕上げたかったからです(根掛かりロストの確率を下げたかったので)。

 『高価なマテリアルは使わないこと。』
 『水に濡れた時、各色が艶かしく混ざり合うこと(自分目線で)。』
 『水中での動きが妖しいこと。』

以上のコンセプトを基に手持ちマテリアルと睨めっこしながら製作に取り掛かりました。
んで、出来たのがコチラ。
d0317378_23371174.jpg

お風呂あがり。
d0317378_2337263.jpg

アークティックフォックステイル(オレンジのヤツです)が水中で緩くフワッとなって、薄めに巻いたマラブーを下から支えてくれます。そして、そのマラブーとゾンカーテープがユラユラと上下左右に動いて、なんだかとってもエゲツない動きをしてくれます。そして、地味にフラッシャブーがチラリズムで見え隠れ。
「イイヨ、イイヨー、素敵だよ~」とか言いながら、一人お風呂で遊ぶ異様な単身赴任男なのでした。
ゾンカーテープの皮削がもっと上達すれば、更に「イイヨ、イイヨー、その動き最高だよ~」となるんですが・・・いまだに、プチっと皮が切れて「はうあ!(涙)」っとなります。

【使用マテリアル】
・コーンヘッド(ブラス製)
・シャンク(TMC906BL#2+下側に鉛線)
・フック(管付きチヌ針6号)
・イントルーダーループ(ハード・6番)
・ゾンカーテープ(ナチュラル・頑張って皮を削ぐ)
・アークティックフォックステイル(オレンジ・コンポットループで長めにグルグル)
・フラッシャブー(パープル・4~5本)
・マラブー(オリーブ)
・ギニアホール(ナチュラル)
[PR]

by andieloop | 2013-11-30 00:30 | 毛鉤 | Comments(2)
2013年 11月 20日

本流用フライボックス

今日も道具ネタで恐縮ですが、ダーティーホー、イントルーダー、チューブフライなどを収納している本流用のフライボックスです。
ホー〇ックなどで売っている収縮チューブ(1mで100円弱)を任意の長さにカットして、それにフライを入れて、これまたホーマッ〇で売ってるケースに詰めています。数えてませんが50本近くは収納できると思います。
d0317378_20204986.jpg


目下修行中のイントルーダー、巻き始めた8月の頃に比べるとほんの少し成長の跡が見られます。
でも、まだまだ、どこかちょっと違うような・・・。
d0317378_2021537.jpg

なお、ダンベルアイは赤いバーニッシュを塗って黒いタッチペンで黒目を書いた後に、『ボンド・ウルトラ多用途SUクリアー』でコーティングしています。これは私がいつも参考にしているYunさんのブログ(当ブログの「お気に入りブログ」参照)のお客様のアイデアをそのまま頂いております。
極めて素晴らしいアイデアです。(ありがとうございます!)
バーニッシュの代わりに100円ショップのマニキュアなんかを使ってイロイロな色の目玉を作ってみたいですが、釧路の100円ショップでは、マニキュアを見かけません・・・。
店員さんに「マニキュア売ってますか?」と聞く勇気がありませんので、札幌に帰ったら嫁さんに頼もうと思いますが、これも説明が面倒そうですね(泣)。

早くこれらのフライを大河川本流で泳がせたい!
[PR]

by andieloop | 2013-11-20 21:07 | 釣具 | Comments(2)
2013年 11月 19日

ランニングラインのよじれ対策

週末は雨の影響で道東河川はどこも増水でした。
東へ西へアメマスを求めて彷徨いましたが、結局ボーズマンとなりました。
行きたい行きたいと思ってる十勝川も水位が更に上昇しているでしょうし、諦めたのでした。
何時になったら行けることやら・・・。

そんなわけで、正直ネタが無いのですが、今日は私が試行錯誤の果てに辿り着いたランニングラインのチリチリ対策についてご紹介します。
・・といっても特段珍しいことではなく、取り入れてる方も多いと思いますが(汗)。
そうです。ランニングラインとシューティングヘッドの間にスイベルを仕込むというものです。
d0317378_2071038.jpg


ランニングラインは飛距離をある程度犠牲にして、50ポンド(リオのスリックシューター)を使い、スイベルの前後にはブレイデットの代わりに、ソルトウォーター用のテクノーラ組糸を使っています。
このテクノーラ組糸、ループの作り方はブレイデットと全く同じですが、何と140ポンドもありますので強度は十分以上ありますね・・・あと、磨耗に極めて強く、更に火で炙っても大丈夫です(これはあまり意味無いけど)。
スイベルとの結節部の黒いものは熱圧縮チューブです。
d0317378_6574935.jpg

そして、家に帰ったあとはリールからランニングラインを出して、熱めのお湯にしばらくつけた後に、指でギュッと摘みながら再びリールに巻き込んで次の釣行に備えます。
・・・以上ですが、その効果は絶大で、おかげでランニングラインのチリチリやそれに起因するライントラブルから解放され快適なフィッシングライフが送ることができています。ついでに女の子にもモテモテです。

私と同じスカジット初心者の方でチリチリにお悩みの方がいらっしゃいましたら一度お試しください。
既製品もリオ社から販売されていますが、商材に比して値段が釣りあわないと思います。

※勿論、組糸でなくブレイデットでもいいのですが、とてもループが作りやすくて極めて丈夫なので私はこれを使っています。一度、シュートの際にブレイデットがブチっと切れてしまいまして、そのときは奇跡的にヘッドは回収できたのですが、肝を冷やしたものですから・・・。
[PR]

by andieloop | 2013-11-19 21:00 | 釣具 | Comments(0)
2013年 11月 09日

晩秋のアメマス2@道東河川(何処さ行ったダニ?編)

先週は、序章に過ぎない、これからが本番だ!などと勇んでT川へ!
ポイントに到着し、結んだのはモチロン、皆さんにアドバイスを頂きながら巻いたゾンカータイプの毛鉤。
テレメーターは先週と同程度の値を示していたけど、今日は水が妙にキレイ・・・。
そして、魚からのコンタクトが無い・・・。近くで釣っていたフライマン~道東河川の特徴なのでしょうか、大きなインジケーターで、おそらくはエッグフライを流している~も釣れていないようで、肩を落として早々にお帰りになりました。
エッグフライで釣れない状況で、「オレはゾンカーで釣ってみたいんだ!」などとワガママを言ってる場合ではなくなりました。
ここらでは、3cm程のメダカサイズの小魚が岸際に沢山群れていますので、それをイメージした小さく貧相なストリーマーを結びます。
d0317378_17442381.jpg

粘った末の一尾。ちっさ!

アメマスさん達、何処さ行ったの~?
ゾンカーのタイイングに際して、貴重なアドバイスを頂いた皆様、大変申し訳ゴザイマセン(泣)
次回こそは、必ずやキールゾンカーで魚を釣りますので、いましばらくお待ちください。
明日(日曜日)どうしようかな・・・。

=hyotanさん=
 電動ドリル&ヤスリアタッチメント、札幌の自宅にあります。
 今度帰った時に試してみます。
 カミソリで削ぐ方法も、諦めずに続けます。
 どうも、ありがとうございました!
[PR]

by andieloop | 2013-11-09 18:04 | 釣り | Comments(2)
2013年 11月 07日

フライタイイング#12

ゾンカー

ゾンカー・・・大抵の人はこのフライで魚を釣ったことがあると思いますし、極めて優秀なパターンだと思うのですが、私はまだコレで釣れたことが無いのです。
そもそも、結ぶ機会が少ないのですが、単に成功体験が無いのでゾンカーを信用しきれていないのが原因でしょう。
次の釣行ではゾンカーで魚を釣り、成功体験を蓄積したいと思って、とりあえず数本巻いてみました。

d0317378_22165492.jpg

最初から皮の薄い状態のゾンカーテープを使い、キールタイプで作りました。
それだけだと味も素っ気もなかったので、コーンヘッドをつけて、その後ろにコンポジットループを用いてグレイフォックスをカラーで巻いて見ました。
こうするとゾンカーというよりも、手抜き版ダーティーホーという感じになりましたが、流れの緩いところのアメマスは、殆どリトリーブで釣りましたので、引っ張ったときにピコンピコンと魚がイラつく動きをしてくれる事を期待しています。
ちなみにコーンヘッドは、最初、可能な限り前方アイ側)に位置させておいて、最後のマテリアル(ここで言えばコンポジットループで巻いたグレイフォックス)を巻いた後に、グッと後方(ベンド側)に押し込んでいます。そして最後にアイのところでスレッドをもう一度付けてグルグルとコブを作って固定しています。
ストリーマーも凄く奥が深くて、面白いですね。
[PR]

by andieloop | 2013-11-07 23:07 | 毛鉤 | Comments(7)
2013年 11月 03日

晩秋のアメマス1@道東河川(コレって荒喰い?編)

(一日目)
三連休の初日はT川へ!
今日は、フライへの反応がとても良いようです。
40~50cmのアメマスが、釣り下っていくと15分に一度くらいのペースでポンポンとヒットします。
一様にフライを丸呑みするものですから、すぐにフライがボロボロになっちゃいます。
一、二度、喰い損なっても更にフライに襲い掛かってくるようで、これって荒喰い?
d0317378_18144136.jpg


負けじと私も荒喰い!やはたラーメン専門店の醤油チャーシューメン特大盛
細麺&あっさり味です。疲れているので、コッテリしたのが食べたかった・・・でも、チャーシューがやたらと美味しかった!
d0317378_18145894.jpg


明日は十勝方面を偵察しにいきたいので、家には帰らず進路は西へ、途中夕焼けが綺麗だったので車を停めてパシャリ。夕焼けって撮影するのが難しいですねぇ。
d0317378_18151796.jpg

浦幌の道の駅で車中泊・・・冬用シュラフのおかげで、快適に爆睡しました。

(二日目)
6時に目覚め、十勝本流を偵察・・・まだ、水が多いのでしょうか、川原が見えません。何処に入って良いやら分からず、結局、川沿いをウロウロするばかりでした。テレメータの情報は信じるものですね、もう少し水が落ち着いた時期に、部下のアメマスマスターKGっちにガイドしてもらおう・・・。

帰り際、再度T川へ・・・。今日も、良い調子です。
今日は、スカジットヘッドをやめて超ショートのシューティングヘッドをオーバーヘッドでやってみました。
スペイロッドだとちょっと投げずらいけれど、スカジットヘッドに比べて着水音が圧倒的に静かです。
障害物周りでフライを咥えた、60cm。やっとそれなりのが釣れてくれました。嬉しかった・・・。
根がかりロストと齧られて多くをボロボロにされてしまい、手持ちのフライが無くなってしまったので今日はお昼で帰ることにしました。
せっかく、巻き貯めたのに・・・トホホ・・・。

二日間、思わぬ豊漁に恵まれましたが、今回は、大きいフライやボリュームのあるフライは、まるでダメで、少し小さめ且つほっそりとした弱々しいシルエットのストリーマーが断然良かったです。
あと、ストリーマーのアイとなるジャングルコックですが、本日、有っても無くても釣果に関係ないという結論に達しました。少なくともアメマスには(汗)。

d0317378_18161225.jpg


今日は倹約して、カップラーメン(なんと¥75)とおにぎり昼食!
平日は仕方なく食べてるカップラーメンも、外で食べると美味しいもんですね。
d0317378_18163390.jpg


凄くきれいだったので、他所のお宅のお庭の木をパシャリ!
d0317378_1816497.jpg

[PR]

by andieloop | 2013-11-03 19:25 | 釣り | Comments(10)