<   2013年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2013年 09月 29日

道東2大アメマス河川(中流編)

先週からグズグズ風邪をひいてしまい、土曜日は自宅で"卵食べる→風邪薬+栄養ドリンクを飲む→寝る"を4ターンさせて、やっと日曜日に釣りに行けるほど回復しました。
ワクワク本流かドキドキ屈斜路湖か悩んでいましたが、病み上がりということもあるので、家から近いO川とT川の今度は中流域を探検することにしました。
(余談ですが、こちらは朝晩冷えますので、屈斜路湖の水温も下がり、もうそろそろ秋のシーズンに突入ではないでしょうか?)

さて、まずは遠い方のO川に入ります。全然魚が居ませんね。もっともっと上流に行かないとダメかも?
川ですれ違った老フライマンに聞いたところ、どこかの研究所(?)が害魚としてアメマスを駆除した?というお話を聞きました。その方も他の方から聞いた話だそうなので、伝聞のこれまた伝聞ですが、まぁ、デマですよ多分。このご時勢、世界に誇るべきアメマスを駆除するなんて、そこまで愚かとは思いません。
だって、釧路市のホームページにこの川のアメマスの様子をUPしてるんですよ?
(それにしても、この釧路市のアメマス情報は公務でこのページを作ってるのでしょうか?まったくもって、けしからn・・・これからも、ドンドンやりなさい。というか、むしろ更新が遅いゾ、担当者!)

秋、命を賭して・・・彼は使命を達成できたのだろうか?
d0317378_1916366.jpg


昼前には隣のT川中流域へ。
キツネも心なしかふっくらしているように見えます。シャッターチャンスを逃しましたが、このキツネは川を泳いで渡ってました。
d0317378_19162724.jpg


秋の気配を五感で感じ、鈴を必要以上にチリンチリンさせながら、川を下って魚を捜します。プールが近くにある瀬に魚は入っているのかな?と思っていたら、「露骨にポイント」というような深みで魚を発見しました。
じーっと観察していると大きなアメマスが群れをなして定位しているのが見えます。
更に大きなブナ色のサケも何匹かいるようで、時々アメマスを威嚇して追い回すシーンも・・・。

そして、辛抱たまらずプールへフライを投げ込みます・・・く、喰わない・・・・本当に喰わない・・・。
「産卵前のアメマスは積極的にエサを追わない」と友人やランカーズクシロの店長から事前に聞いていましたので、覚悟はしていましたが、ここまでやる気が無いとは・・・。
水深が凄くある場所だったので、鼻先にフライを送り込むのも大変です。といいますか、深すぎて見えないんですけどね(汗)

フライやリーダーをアレコレとチェンジして、何とか数尾かのアメマスを釣る事ができました。
この時期のアメマスは黒ずんでるんですね。産卵前だからかな?
どれも60cmは優にある大きなアメマスですが、3Xのティペットで余裕があるくらいでした。ランディングまでの時間もごく短いです。
なお、大変申し訳ありませんが、ヒットフライはナイショです。
d0317378_19165071.jpg

d0317378_1917972.jpg

d0317378_19204574.jpg


・・・確かに魚は居ますが、コレは正直キツいです。
「おぃ、それは本当に楽しいのか?」と問われれば、「そりゃ、少しは楽しいけど、でも・・・あんまり楽しくないかも・・・?」と答えます。
まぁ、何事も経験ですね。勉強になりました!
え?お前は一体何時になったらデカニジを釣るんだ?って?・・・。一言もゴザイマセン(汗)

でも、最後に一言言わせて下さい。
「持ってて良かったフェザントテール!!」(アッー)
[PR]

by andieloop | 2013-09-29 20:41 | 釣り | Comments(4)
2013年 09月 23日

道東2大アメマス河川(下流編)

3連休です。
道東2大アメマス河川に行きましたが、結果は寂しいものとなりました。
一日目でおそらく、これはもうダメだろうなという感じでしたが、来シーズンのこの時期の参考にするため、どれだけダメかを確認する意味で三日間頑張りました。

【一日目 9/21(土)】
O川へ。
9/16の大雨の翌日は、茶色の濁流が川幅いっぱいに流れていましたが、だいぶん水量は落ち着いているだろうと見ていましたが、水が少ない・・・。そして川底の形が随分と変わってしまいました・・・。
そして、肝心のアメマスも・・・居ない・・・。
大増水で海まで押し戻されたので、もういっかい遡上?そんな訳ないか・・・。
ともかく、私はおろか他のルアーマンも皆サジを投げているような状況でした。

【二日目 9/22(日)】
T川へ。
昨日のO川からの帰りに、車窓からチラッとみると水量がO川より多いので、今日はこちらに。
現場に着いて、6/7番のダブルハンドロッドを忘れたことに気づき、自分の緊張感の無さに愕然としました。
幸い、10年以上前に買って一度も使わなかった10/11番のスペイロッドをテストしようと車に積んでいたので、仕方が無くそれで実釣することにしました。
30cmに満たないアメマスが2尾と40cm位のアメマスが一尾釣れましたが、この竿では、魚を付けたままキャストできそうなくらいのオーバースペックです。
これらは、明らかに海から上がったアメマスではないでしょうね・・・。

【三日目 9/23(月)】
朝O川、午後T川へ。
半分ヤケクソ気味で2つの川をハシゴしました。
どこか釣れそうな別の川でも捜せば良かったかもしれませんが、一応最後の確認ということで・・・。
O川で、3度ヒットするも3度ともバラす。
逃がした魚は大きいと良く言いますが、3尾とも間違いなく小さかったです(笑)。
とにかく水が少なく、流れが緩いのでフライが泳ぎません。
しょうがないのでキャストして着水と同時に高速リトリーブ!下りながらキャスト→高速リトリーブ(ループ)・・・はぁ・・・せわしない・・・。
反射的にフライを咥えたのは、これまたちっさいアメマス。O川これで終了。
(ルアーの方も釣れてませんし、釣れても小型ばかりのようです)

休憩をして、午後はT川へ。
アタリが二度あったのみ・・・。
しょんぼり帰り支度をしてるとルアーロッドを持って自転車に乗った地元の方から声をかけられました。「もう(上り)アメマスはこの辺には居ないよ!」とのこと。
上流にいったのでしょうかね?何時ごろ下ってくるんでしょうね?と聞けば良かったのですが、徒労感に打ちのめされてとてもそんな気になれなかったのです(笑)

まあ、こんな感じで、散々だったのですが、道東といえど時期・タイミングによっては、こんな結果もあるということのようです。
なお、すれ違うルアーマン達に聞くと上流も全然釣れてなかったらしいです。まあ、これからまた上向きになっていく?とポジティブに考えておきましょう。
正直今日は、「釣りは暫くイイヤ」という気持ちなのですが、明日の夜には「さあ、来週は何処にいこうかな?そろそろ秋の本流ニジマスかな?それとも屈斜路湖の調査に行くかな?」なんて考えているに違いありません(苦笑)。



O川
d0317378_20361317.jpg

O川の主(笑)
d0317378_20363961.jpg


T川
d0317378_2037165.jpg

今回釣行最大魚、推定40cmくらい?
d0317378_20371821.jpg

[PR]

by andieloop | 2013-09-23 20:56 | 釣り | Comments(0)
2013年 09月 08日

アメマス@ハイウォーター #4

アメマスは昨日、十分に釣りました。
それよりも、フライの流し方やキャスティングを練習したくて、ダブルハンドロッドを持って今日も川へ。
昨日掴んだ"コツ"のようなものが本物なのかも試したかったので・・・。

今日は早朝から時折強い雨と風が吹くタフコンディションのため、スタートは私の他に部下のアメマスマスターKGっちだけです。

試した"コツ"とは・・・
①ロッドを送り込みながらフライがターンしたあたりでコツコツとアタリがある。でも、合わせない。
②やがて、ブルンブルンという魚の躍動感がロッドに伝わってくる。でも、合わせないで我慢。すべての動きを停止して、心の中で「さあ、出ろ」と呟く。
③②の1~3秒後に魚が自分の思ったよりずっと対岸側の水面で魚がザバザバと暴れるか、もしくはグーッと魚の重みを感じる。
④ここで初めてロッドを比較的ゆっくり起こし、魚と自分との間のテンションを保つ。場合によっては自分が岸側に下がって不足分を補う。
なお、ここで、「おりゃあ!」と強く合わせると、魚が大きい場合糸が切れます。

たぶん、③の段階でセットフックが完了しているものと思われます。
スカジットヘッドは、太くて重く、流れ対して横になると水の抵抗を強く受けるので、ラインが流れていく力と魚が反転する力が相まってしっかりと魚の口に針を貫通させることが出来るのだと思います。
事実、こうしてセットフックすると、理由はわかりませんが、毛鉤は魚の口角に綺麗に刺さっています。
そして、その後はなかなかバレませんし、ランディング後に針を外すのも簡単です。
こうやって釣った魚は、う~ん、地味に快感!

右側の口角にセットフック
d0317378_2193115.jpg

こっちは左側
d0317378_2110019.jpg

でも、一日やってアタリすらなく絶望感と徒労感がのしかかってきたその時、待望のアタリがあったとしたら、そこで合わせないで我慢するのは釣り人心理として不可能な気がします。
自分だったら「っしゃあぁ!」と仰け反るくらい合わせると思います(笑)

アメマス釣りに新たな楽しみが増えました。これで、大きいのが釣れたらホント言うことなし。
d0317378_21185578.jpg


バイバイ、来週は帰省するので来れないけど、また、遊んでね。
d0317378_21192363.jpg

[PR]

by andieloop | 2013-09-08 21:45 | 釣り | Comments(7)
2013年 09月 07日

アメマス@ハイウォーター #3

先週に引続き釧路地方は雨がまとまって降りました。
さすがにこれは濁ってダメかな?と思いながらも、またまた、来ちゃいました、ダブルハンドを携えて。
それと、妻から誕生日プレゼントに買ってもらった、新しいウェーディングジャケットを着て。
ありがとう、妻よ!今週も帰らないけど、オレ頑張るよ!(釣りを)

開始早々、5連続バラし。
バラすというよりも、ゴンゴンというアタリを感じたあと、すかさずオリャっと合わせると、とうにフライが通過したハズの水面で魚がバシャバシャと水面で暴れて、針が外れます。
「何なんだよ、も~!トレーラーフックはバレにくいんじゃなかったのかよぉ~」と半ベソになりましたが、その後、何となくですがコツ(頭で整理できたら書いてみます)を掴み、どんどん魚を捕らえる私。
楽しすぎて頭がヘンになる・・・。

70cmジャスト。コイツは特別元気でした。下流へ走るので、やむを得ず追いかけるハメになりました。
なお、糸は太いものを使用していますが、だからといってあまりに強引に引き寄せてはいけません。
糸が切れなくても、代わりにフックが伸びます。
d0317378_1816217.jpg


今日はこんな余裕もあります。この魚もなかなか大きいです。
近くまで寄せてきた後の耐久力が50~60cm前半級とは明らかに違います。
d0317378_18171916.jpg


上がったのは同じくジャスト70cm。くぅ・・・。
d0317378_18192170.jpg


海でのサケ釣りが不調で、私からかなり遅れて川へ移動してきた部下のKGっち「お疲れ様で~す。」「下流入らせてもらいま~す」「74cmで~す」。・・・こ、このヤロー・・・。
d0317378_1820382.jpg


その後すぐに釣った私の魚。
70cmはないけど・・・見よKGっちよ、フックが見事に口角を捕らえているだろう。
釣りは魚の大きさよりも、何処に針をかけたかが大事なんだよ!まぁ、負け惜しみだけど。
d0317378_18202317.jpg


この日は、なんと約12時間、スニッカーズ2本でロッドを降りました。経験値アップです。
[PR]

by andieloop | 2013-09-07 20:55 | 釣り | Comments(0)
2013年 09月 04日

フライタイイング#8

スクィドロ(Squidro)、それと糸の先に結ぶ毛鉤の重要性について

ウェットフライやストリーマーにおける様式美とはまるで無縁で、ちょっと前の自分ならば、顔をしかめてしまうような"異形"という言葉がピッタリなこの毛鉤。
でも、これでトロフィーサイズのアメマスを釣った経験から、その異形も今では頼もしく感じてしまうから不思議。今日は2本作りました。
d0317378_1522640.jpg

たまたまコレで良い魚を釣りましたが、極端に大きいとか小さい等でない限り、多分魚にとって毛鉤は何だって良いのだと思います(ドライフライのことは分かりません、もっとシビアなのかもしれません)。
それよりも、流し方やその前提となるキャスティングの方がずっと重要なのだと思います。
ただ、「この毛鉤は釣れる」だとか「この素敵な毛鉤で釣りたい」等という強い思いがあると、流し方やキャスティングに対する集中力がやっぱり違ってきます。
"釣れないのは毛鉤が悪いのではないか?はたまた自分の腕が悪い?、それともアレか?自分の息がクサイからか?"などという疑心暗鬼な心理状態では重要な事柄に対する集中力がどうしたって阻害されると思ってます。
また、釣った魚をより一層価値あるものにしてくれる要素の一つも毛鉤です。
川原で拾ったフライで釣った魚と、ワクワク妄想しながら作ったフライで釣った魚ではその価値は全然違ってくるのだと思います。
我々は釣った鱒を持ち帰って食べる訳ではなく、ただ思い出のみを持ち帰るのですから、少しでも思い出を良いものにしたいものだと思います。
こういった意味で毛鉤は重要なのだと思っちゃったりするのであります。

・・・以上、本日は独自の見解を述べてしまいました。異論は認めます(笑)。
[PR]

by andieloop | 2013-09-04 02:04 | 毛鉤 | Comments(0)
2013年 09月 02日

アメマス@ハイウォーター #2

遡上したての魚、増水と少し緑がかった濁り。
川の神様が「You,釣っちゃいなよ」と仰っているようなシチュエーション。
また、その他にも昨日、素敵なギフトが与えられました。
d0317378_2051571.jpg

それは、私の下流で釣っていたスペイキャスターとの出会い。
安定したスペイキャストで斜め下流の対岸までフライを投げ、アメマスを釣り上げています。
「ドロッパーを作り直すから、お先にどうぞ。釣れると思いますよ。」と声をかけて頂きました。
聞けば、遠くから遠征してきたとのこと、スペイ暦は約6年で、とある老スペイマンに師事してスペイキャストを身につけたそうです。
身近に誰もスペイキャスターがおらず、YouTubeの外人さんが師匠(言葉は分からないが)の私は、ここぞとばかりに質問攻めです。いろいろ教えて頂き、コツまで教えてもらっちゃいました。

お名前はIさんとおっしゃって、何と!雑誌「ノースアングラー」に時々掲載される方とのこと!
(手持ちの数冊のノースアングラーのバックナンバーには残念ながら、Iさんの記事はありませんでした。古本屋で見つけたら即ゲットしなければ!)
d0317378_2021177.jpg

Iさんが釣った69cm。惜しい!あと1cm!頭と尻尾をつかんで両側に引っ張ればあと1cmくらいは伸びるかも?なんて不謹慎な考えが浮かびましたが、怒られそうなので止めておきました。
なお、Iさんは今日の朝に72cmを釣り、その他には80cmは超えるであろう大物をかけたそうですが、リードを咥えた魚の尾にドロッパー針がフッキングしてしまい、苦闘の末に、残念ながら糸が切れたそうです。「まあ、それも良い思い出ですよ。」・・・なんてカッコいい!私ならふて寝ですよ。ふて寝。

Iさんと正午までご一緒させて頂き、拙いスカジットキャストで釣り下ります。しかし、昨日購入したスカジットコンパクト540GrとRIOスリックシューター50lb(ランニングライン)がすこぶる調子がいい!そして、すこし上手くなってきたかも!?
50lbにしたのは、ちょっと張りがあってトラブルになってもすぐに直せそうだから。
飛距離もさして変わりはないのえはないでしょうか?安い(1000円)という点もポイント高いです。
んで、結んだフライはチャートリュースのラバーレッグを使ったスクィドロ(2013.8.25の記事参照)。Iさんも「何じゃ、そりゃ!?」と驚いていました。まあ、確かにキワモノ臭プンプンのフライですね、その感想はご尤も。

しかーし!今日は、この得体の知れない毛鉤が火を噴きます。
まずは、65cm
d0317378_20401084.jpg

更に71cm!これは凄かったです。人生で最大のトラウト。う、嬉し過ぎる・・・。
リリースするときにお腹をもつと・・・私のお腹の感触と全く同じ!プヨプヨしてた!
d0317378_20402861.jpg

こいつを釣った後、フライを点検すると、フックが変な角度に曲がってます。凄い怪力です。
d0317378_2054549.jpg

トレーラーフックはバレにくいそうですが、それを体感しました。大型のアメマスが激しく首振してもガッチリ離しません(あ、一回バレましたけどね)。

そして、本当にあっという間に正午になり、ここでタイムアップ。Iさんと再会の時を願ってお別れしました。
本当に楽しかったですね!ありがとうございました!スペイキャストのコツ、忘れずに精進します。
d0317378_21305121.jpg

すべての良きもの~永遠の生命と同じように鱒は~神の恵みよりもたらされ、神の恵みは釣技によってもたらされるが、釣技は簡単には手にできない。
[PR]

by andieloop | 2013-09-02 21:46 | 釣り | Comments(8)
2013年 09月 01日

アメマス@ハイウォーター #1

釧路地方は週の半ばから雨模様。
せっかく釧路に来たのだから、アメマスのファーストランは是非とも経験してみたいと思い、只今絶賛増水中の川に立ちました。
こちらでは、ルースニングで釣るのがメジャーなようで、皆さん一様にドでかいマーカー付けてナチュラルドリフトで釣っています。郷に入っては郷に従えとばかり自分も見よう見まねでルースニングをやってみますが、センスが無いようでサッパリ釣れません。他の方はボチボチ釣れています。マーカーが邪魔くさくなったので、マーカー無しで14番のフェザントテイルを底近く流してみます。二度ほどヒットしますが、いずれも針を伸ばされてあえなくフックアウト・・・。
う~ん・・・こういう繊細な釣りはからっきし苦手だ・・・慣れないことはするもんじゃないかも。

んで、翌日、更に水量が増してかなりキツイ濁りの流れに立ちこみました。
今日はダブルハンドロッドを手にして。

d0317378_1301076.jpg
d0317378_130227.jpg

d0317378_1333674.jpg


全体を通してチャートリュースが良かったんですが、コイツはリードに結んだオレンジのジェネラルプラクティショナーを咥えました。60cmちょっとくらいでしょうか、今日イチです。
友人の話どおり、この時期のアメマスは太いですね。6番ロッドでこんなのあげる自信ないです。
いやはや面白かった、感動した!

なお、ランニングラインを再び磯釣り用のモノフィラメントに変えたのですが、やっぱり時間が経つとチリチリになってしまい、業を煮やして、10m位現場でカットしました。
シュートの後、ガイドに引っかかったランニングラインを解いている最中に二度も魚がかかり(当然あわせられず)悔しい思いもしました。これはイカンです、解決すべき焦眉の課題です。皆さんはどうしてるんでしょうね?
[PR]

by andieloop | 2013-09-01 02:12 | 釣り | Comments(0)