<   2013年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2013年 07月 28日

本流への挑戦2(本編)

目的の本流に到着。

今日は、新しいロッドとラインのテスト、アンド、あわよくばデカニジで魂入も・・・。

Temple Fork Outfitters(TFO)
DEER CREEK SERIES TF6/7 13フィート
ラインは、AIRFLO(エアフロ) スカジットコンパクト480グレイン 
d0317378_1840919.jpg



これまで、レビューの#7/8を使っていましたが、スカジットキャストをしやすいもの、キャスト練習するなら、変な癖が付く前に、より適したロッドをということで、悩み抜き、コストパフォーマンスに優れた、本モデルを選びました。
お店の方からは、「ロッドをスペイロッドにしたとしても劇的に変わる程じゃない」と言われ、少し落胆。
また、ラインは700グレインまでの表示になっていますが、まずは480グレインで様子をみることにしました。
なるほど確かに"劇的"というほどではありませんが、キャストのしやすさが大幅に向上しました。
私のようなスペイビギナーにも体感できる程です。
なお、ラインはまだまだ余裕がある感じです。あと、35mmのカッパーチューブフライは無理でした。

んで、釣果はどうなのよって?ええ、そうです。ノーコンタクトですたよ。

休憩もそこそこに、疲れた体に鞭打って、イブニングは近傍の支流へ!
ポイントを選定し、流れを睨みながらフライを結んでいると、とおり雨が・・・。
直ぐに雨が止んだので、さあ、始めるぞ!ビッグレインボウちゃんカマン!
ふと、後ろを振り返ると・・・
d0317378_1934362.jpg


川の神様、違うんです。そうじゃないんです。私が見たいのは、魚の方のビッグレインボウなんですけど・・・

流し始めると30cmクラスのニジマスが、ガンガンとフライに飛びついてきます。
フライに突進してきて勢いあまってそのまま空中に飛び出したり、流芯でかけたのに次の瞬間には、ワープしたかのように対岸でジャンプしたり。
フライに突進・ジャンプそして目測が外れたのか空振りなんていう魚もいました。
ニジマスにもドンくさい奴がいるんですね(汗)

ところで、ビッグレインボウは出ませんでしたが、ずいぶんと沢山の魚が釣れました。
デカニジが出るかもしれないので、グイグイ引きよせて、即リリースの繰り返し。
その中、ちょっと変わった魚がいましたよ。
狂ったようにジャンプして暴れまくったこの魚は・・・。
d0317378_19172618.jpg

黒い斑点が全然ない・・・。
これなんぞ?ニジマスの突然変異種かな?

なお、次の日の朝も、本流に入りましたが、3時間近く流してノーコンタクト。
途中、急激な便意に襲われ、しかも、水に流せるポケットティッシュ(←これ便利)を車に忘れて、かなりピンチに陥る。どうしよう、決壊寸前、マジでヤバイ・・・。
でも、あれれ?よく見るとこんなところにウォッシュレット付きトイレがあるぞ?ついてるわぁ~!
・・・熟練のサバイバルテクニックで未曾有の危機を乗り切り、街に戻って大好物のインデアンカレーを食べて家路につきました。

最後に一言、本流厳しすぎ!
[PR]

by andieloop | 2013-07-28 20:06 | 釣り | Comments(4)
2013年 07月 28日

本流への挑戦2(寄り道編)

夢を求めて本流へ!
・・・とその前にいつもの川へ寄り道を。
準備をしていると地元の釣人から話しかけられたので、情報交換。
今年はニジマスがサッパリ駄目だとのこと。それと今年のサクラマスは異常に太くて竿を2本折られたとのこと。竿を折られるってホンマかいな?ま、表層を流している自分には掛からないから大丈夫。

んで、いつものサイズ。
d0317378_1813078.jpg


ステップダウンしていくと・・・。
アッ!何かでっかい魚が落ちてる~!あんまりでっかいので、つい記念写真を。
・・・急いで流れに返してあげました。
落ちてたんですよ、うん、そう、落ちてたの!
d0317378_18182767.jpg

[PR]

by andieloop | 2013-07-28 18:25 | 釣り | Comments(0)
2013年 07月 17日

本流への挑戦1(本編)

※結果はノーフィッシュです。長文を読みたくない方は以下をスルーして下さいませ。

寄り道ばかりしましたが、いよいよ、本流へ・・・。
友人からの助言・情報もあり、入川箇所はすぐ決まりました。
流れを見ただけで一人で「スゲー!」「スゲー!」の連発です。
もしも、「RedbandDream」が適うとしたら、こんな流れだろうと想像していた流れが目の前にありました。

ワクワクしながら準備をしていると、札幌からいらしたという一人のフライマンに声をかけて頂きました。
その方から、「先行者?、時間帯?全~然関係ありませんよ、こういうトコロは。」等、本当に色々な情報やアドバイス
を頂き、テンションが上がりすぎて頭がクラクラしました。
本当にありがとうございました。

この一帯の流れの何処かにモンスターがいるに違いない・・・
d0317378_222454.jpg


スカジットショート+タイプ6のティップ+60cm程度のティペット+小型ウェットフライで、拙いながらも、なるべく丁寧に、自分の持てる力を全て出して、目の前のランをステップダウンしていきました。
ラインが流れを掴んで、「あ、今のは上手く流れてるかも・・・」と感じる度に、ドキがムネムネです。
極めて流速が速い&押しが強いので、私の技術ではボトムまでフライを届かせることはできません。
たった一度だけ突然根掛かりした際には、「ウソ、出たか?!」と心臓が止まりそうになりました・・・。

大型ニジマスは深い川底で、障害物に身を寄せながら、目の前に流れてくるエサだけをリスク無くついばん
でいるのでしょう。まるで、人間がソファに座ってポテチをつまむように・・・。
今の私には、そいつの鼻先にフライを通せる技術や方法論が無いので、チャンスが広がりません。
結局、そのランでは、魚からの反応は無かったのですが、この流れに一匹も魚が居ないとは到底思えません。

川底から引きずり出せないならば、暗くなり警戒心が薄れて表層付近に出てきたところを狙うしかありません。
かくなる上は・・・夜討ちじゃあ、者ども支度せい!(いつもコレばっか・・・)
d0317378_22115719.jpg


ランを前にひと思案・・・そして、特に根拠無く、狙いをヒラキに決めました。
不慣れなスカジットラインシステムでは、手前とはいえビシャビシャうるさいし、暗い中でのライントラブルも怖いので、5.5mの超ショートヘッド(インターミディエイト)をオーバーヘッドキャストで勝負です。
これは、尻別川本流で苦慮していた際に故・天野耕二さんにあつらえてもらったもので、遠投能力は劣りますが、着水が静かで、速射性に優れた夜戦仕様のお気に入りヘッドです。

19:00周囲が薄暗くなった頃にキャストを開始し、ステップダウンしていきますが、アタリはおろかライズもありません。今日は水生昆虫は羽化していないようです。
それでも、粘り強く頑張りましたが、20:00過ぎに狙っていたヒラキを流し終わり、この日はボーズマンと相成りました。
技術、知識、経験の劣る者が本流で夢を追うのですから、このような結果も当然ですね。
本流の壁は想像以上に厚かった!だが、それがイイ!!
この日はドキドキ感だけで、十分でした。
[PR]

by andieloop | 2013-07-17 22:15 | 釣り | Comments(4)
2013年 07月 17日

本流への挑戦1(寄り道編)

チビニジ君と遊んで喜んでる場合ではない。
今回は大型ニジマスを狙うべく本流を目指しました。
でも、その前にいつもの川へちょっと寄り道。
やっぱりこのサイズ。先週より僅かに大きい?
d0317378_21551765.jpg


道の駅で車中泊し、日の出前に起床。
部下のKGっちから「海アメ面白いですよ~!」といつも聞かされていたので、更に寄り道してKGっち親子と合流。
#10のダブルハンドで、昔巻いたゴミのようなストリーマーを小一時間キャスト&リトリーブしてみる。
・・・・釣れない・・・・釣れる気がしない・・・・てゆーか、つまんない。
「これ、KGっち、余ってるその竿をちょっと貸してみなさい。」とルアーのタックルを借りて、沖へフルキャスト&ヘンテコトゥイッチング。
たまたま、群れが寄ってきたようで、釣れるわ釣れるわ。
「おーい、KGっち、タモ入れ頼む~!」「フック外してくれ~い」「PEライン絡まったから解いてくれ~い」
・・・大名釣りを堪能しました。
おかげでKGっちは自分の釣りに集中できなかったようです。
これまで河川のアメマスしか釣ったことがありませんでしたが、海のアメマスはそれとは比較にならないほど、太くパワフルでした。
小魚やエビなどの高タンパク食品をたらふく食べてるんでしょう、食生活ってやっぱ大事。
寒風吹きすさぶサーフで、まるで苦行僧のようにダブルハンドを振るフライマンのモチベーションを支えているのはコレなのでしょうね。
いやはや、楽しかった。KGっち、大儀であった。くるしゅーない(笑)

太い!手の中で力強く暴れるので持つのも大変。
d0317378_2156455.jpg




すっかり長居してしまったので、その日は適当に支流に移動してイブニングを。
d0317378_21573575.jpg


キャッチしたのは、これ一尾だけでしたが、猛スピードでドラグを出して2秒でフックが外れ、ドキドキする暇すら与えてくれなかった魚もいましたよ。
d0317378_21582454.jpg

[PR]

by andieloop | 2013-07-17 22:00 | 釣り | Comments(0)
2013年 07月 08日

釣行 7/7(日)

(釣行 7/6(土)からの続き)

疲れたし、家に帰るのも面倒なので、そのまま車中泊。
AM3:00に起きて、そのまま川へ直行。
d0317378_2117718.jpg

水量、水温共に申し分無いのに・・・最近はメッキリ釣れない。
相当量の家畜屎尿が川に流れているという話は本当なのか!?
まあ、朝からトラウトの顔を拝めたし、ちと遠いけどこのまま屈斜路湖へ!

屈斜路湖へ着き、友人からの情報を頼りに周辺をウロウロしましたが、どうも分からない。
大人気らしいポイント付近に行ってみると、湖に立ち込みループを描く修行僧のようなフライマン達の代わりに
短パン+ビーチサンダル姿でルアーのようなものを「エイっ」とか言いながら5mくらい湖に投げ入れている若いカップルが・・・。
ここか?ここじゃない?・・・よな・・・・。

(この情景に心が折れて、温泉に入り更にそこで惰眠を貪る。)
湖に入れるところを発見し、そこで休憩しているフライマン達と雑談を交わし、もう、時間も無いので、ここでイブニングライズを狙うことにしました。
フライマン達は、帰るのかポイントを変えるのか分かりませんが、三々五々とそこを去って行きます。
そして、そこには私ひとりがポツンと・・・屈斜路湖の鱒を見てみたかったのに、これで自分で釣るしかなくなりました。
日が沈みかけ、湖面上では黒っぽいトビケラが舞い、それに向けて魚がライズしまくってます(でも、おそらくうーたん)。
やがて、クシャクシャになったモンカゲロウの成虫が湖面に浮きはじめ、ライズ音もだんだん大きなものが混ざってきました。
でも、どれがうーたんでどれがトラウトなのか、私には皆目見当が付きません。
よって、うーたんが喰えないような大型のドライフライを結んで投げることにしました。
モンカゲロウのフライを浮かべてところでうーたんの餌食になるのは目に見えてるのだから。

【ウォーラーウェイカー】
洋書のスチールヘッドパターンブックに掲載されたものを冗談半分で巻いたもの。
しかし、これまでいくつかの逆転サヨナラ打を放っている。釣れた魚のサイズはいずれもそれなりの大きさ。今宵も頼むぞ!
d0317378_21195953.jpg


湖面にポッカリ浮かぶウォーラーウェイカーは、小型魚(うーたんと思われる)の猛攻を受けながらも
その不沈艦ぶりを遺憾なく発揮しています。
ふふ、バカめ・・・お前らのおちょぼ口に、そいつは入るまい・・・。
一方、釣り糸のもう片方の端では、私が蚊の猛攻を受けつつ、必死に耐えています。

20:00頃、沖にかろうじてシルエットだけが見えるウォーラーウェイカーが「ガボッ!」と魚に飲み込まれるのを確認し、すかさずガシッとあわせました。
乗った!結構重い!やったぁ、今夜も逆転サヨナラ打だ!
ギューンと魚が走り・・・ああっ!バックラッシュしちゃった!
アセアセしながら、自ら後ろに下がってテンションをキープしつつバックラッシュを解消します。
大丈夫、魚はまだ付いてる。
湖の女神様!ありがとうございます!哀れな私へのプレゼントですね!
これからも頑張りたいと思いますので、今後ともよろしくお願いします。

魚を慎重に足下まで寄せて、ランディングネットを準備、ヘッドライトを点灯し、さあ、その姿を見せておくれ・・・。
そして、ヘッドライトの明かりの中に浮かび上がったその姿は・・・・(グロ注意)

d0317378_21213075.jpg

お後がよろしいようで・・・。

確認前にネットに入れなくて、本当に良かった。
粘液の付いたウォーラーウェイカーを泣きながらゴシゴシ洗い、石ころを蹴飛ばして帰途についた私でした。
ライズの主の殆どはうーたんだと思いますが、きっとあの中に大型のトラウトも居たと思いたいです。
まぁ・・・どうなんでしょうね?

見苦しいモノをお見せしてしまったので、お口直しに綺麗なモノを最後に・・・。
花の名前は知りませんが・・・。
d0317378_2122108.jpg

[PR]

by andieloop | 2013-07-08 21:30 | 釣り | Comments(3)
2013年 07月 08日

釣行 7/6(土)

今週末は何処に行こうかな?雨が降ったので、川は厳しいかな?湖にしようかな?
とあれこれ悩んで友人にメールをすると、屈斜路湖のポイントを教えてくれた。
よし、行ってみるか!と決心し、少し寝坊したけれど、土曜日の朝は一路弟子屈方面へ。
途中、朝イチの屈斜路湖は間に合わない時間だったので、川の様子を見ていくことに。

相変わらず水が多くバックスペースはほとんど無いが、川底は見えるので、勇気を出して入川してみる。
ぬお!流れが速くて押しが強い!膝あたりまでのウェーディングなのに、体勢を保持するのがやっと。
#7~8のダブルハンドを右岸から振るが、バックスペースは2mも取れない。
私の拙いダブルスペイやシングルスネークでは、きちんと投げられない。
30分後、案の定後ろの草を釣ったところで、心が折れ、元の場所から陸に上がろうとしたら・・・。
今度は流れのパワーが強くて上流に進めない!流れに対して半身(カニ歩き)で少しずつ前進して、なんとか岸に辿り着きましたが、今日ほど自分の体重に助けられたことは無かったです。メタボ万歳!

そして、ウェーダーを脱ぐと中がグッショリ濡れています。しかも両足。
先週はなんとも無かったのに・・・ウェーディングシューズの後を追ったようだな・・・もうコイツも限界かな・・・。
更に心が折れたので、裸足のまま車に飛び乗り、釧路へとんぼ返り。
道中「うん、限界限界。もう限界。しょうがないしょうがない、コレばっかりは、もうしょーがない。」と念仏のような独り言をブツブツ言いながら自分で自分をマインドコントロールして、気が付けばランカーズクシロの前に来ていました。
d0317378_213820.jpg

まだ、イブニングには全然間に合う!イケル!まだ一日は終わらない!
ところで、シムスのロゴ下にBozeman,Montanaと書かれているものがありますが、"ボーズマン"?
モンタナ州の地名だし、悪気は全くないのだろうけど・・・。
d0317378_2141573.jpg

危うくボーズマンになりそうなところ、救ってくれたこの一尾。
最近、負け犬根性が染みついたのか、小さくても嬉しい・・・。
[PR]

by andieloop | 2013-07-08 21:11 | 釣り | Comments(0)
2013年 07月 02日

フライタイイング#1

本日は2パターン2本ずつ巻きました。
ウェットフライを巻くのは、6年ぶり位。しかも老眼鏡が必要になったし。
ちょっとバランスがおかしかったり、ヘッドが大きかったりするけど気にしない気にしない。
6年間の間にヘッドを黒く塗るバーニッシュが、瓶の中でガビガビに乾いておりました。
赤バーニッシュも同様に固体化しておりました。
値段のシールを見ると790円(当時)也。くぅ・・・もったいない・・・。
しょうがないので普通のヘッドセメントで我慢するも、ヘッドに艶がないと、イマイチしまらない・・・。
バーニッシュの代わりに、100円ショップのマニキュアなんてどうだろうか?

【ブラック&オレンジ】
見た目はそれほど好きじゃないけど、個人的にニジマスが良く釣れるフライ。
独断と偏見ですが、ニジマスさんはワンポイントのオレンジに弱いと決め付けてます。
d0317378_21391862.jpg



【イエローダン】
色合いがとても素敵なのに、全く釣れる気がしないフライ。
なので、少しでも釣れそうな雰囲気にしようと、オリジナルからアレンジしました。
動きを出すためにパーマハックルに、ウイングは名付けてボンビーフラット風ウイングです。
何とかコイツで魚を釣って、自分の殻を破りたいところ。
d0317378_21394823.jpg

[PR]

by andieloop | 2013-07-02 22:28 | 毛鉤 | Comments(0)
2013年 07月 01日

ドロッパー

日が暮れて真っ暗の時間帯を除いて、私は、ウェットフライを結ぶときにドロッパーを必ず1本付けています。
初めの頃は、「オイオイ、枝針なんて、とんだ欲張BOYだぜ!Hahaha!」と抵抗がありましたが、単に針の数が2倍になる以上の効果があることが経験として分かってきたからです。
ただ、ひとつ悩みがありました。
ドロッパーの長さは10cm程度としているのですが、ドロッパーフライを変更したいときに、いままでのやり方ではカットして、結び直すと、すごく短くなってしまうことでした。
足りないなら継ぎ足せば良いかもしれませんが、それだとかなり面倒だし、ドロッパーに増えた結び目が気になるので、基本的にドロッパーは変えたいと思っても、我慢して最初に結んだ一本で一日過ごしていました。

そんな感じでしたが、たまたま量販店の釣具屋さんに行った際に、海釣りでの枝針を作るプラスティック製のアイテムを発見し、これ、ドロッパーに使えないかな?同じ枝針だし・・・と思って、購入し、実際の釣りで試してみました。

ドロッパー部の全体写真
d0317378_21145755.jpg


結節部を拡大した写真
d0317378_2295461.jpg

リーダーのバット部分、この部品の前後に小さな結び目を作って前後に動かないようにしています。

これなら、ドロッパーフライを交換するときは、リーダー側の根元からカットして、また新しいモノフィラメントを結んで、ドロッパーフライをつけることが出来ます。
また、この部品はバットを中心に360°クルクルと自由に回転しますので、何だかそれも良い感じです。
気になるのは、こんなものつけると魚にアヤシイと思われるのではないか?また、キャスティングを妨げるのではないか?という点でしたが、実釣では、現在のところ、特に問題なく、魚は釣れていますし、キャスティングに支障もありません。
リードフライにヒットする回数も、ドロッパーにヒットする回数も特に通常のドロッパーシステムと変わりがないと思います。周囲が真っ暗でも絡みなどのトラブルもありません。
一応、シューティングヘッドの釣りでもシンキングリーダーに付けてやってみましたが、問題は感じませんでした。

何よりも、同じリーダーを数回の釣行で使えるというのが、嬉しいところです。
「あら、これなら、普段買えないような500円位の高級リーダーを買っても良いかも?」と思っちゃうのでした。
このアイテムの商品名は忘れてしまいましたが、量販店の海釣りのコーナーにいろんな種類がありますので、もし、私と同じ悩みをお持ちでしたら一袋200~300円位ですので一度お試しあれ。雑誌その他で既出だったらゴメンナサイ。
(こんなケチくさいことをしてるからデカニジ釣れないのかな?)
[PR]

by andieloop | 2013-07-01 22:11 | 釣具 | Comments(0)