カテゴリ:家族( 14 )


2017年 09月 03日

思い出は誰の為?

来年は中学生になる長男と二人だけでニジマス釣りに出かけました。
大きいのが釣れなくたって良いから何とか魚を釣らせてあげたいと思い、友人が紹介してくれた小規模河川に足を運びました。
この川も多少なりとも河川工事が行われており、やや白濁した水が気になりますが、結果から言うと我々のような親子連れが楽しむには充分な川でした。

d0317378_20035671.jpg

上手になったとは言い難いけれど、ロッド一本分のラインならば後方や対岸の木を避けながらフライを投げ込むことも出来るようになりました。
目を細めながら釣り下る息子の後ろ姿を見守っていると、やがて小さいけれど元気なニジマスがポツポツと釣れてくれました。
ホントにありがたい・・・・ありがとう!

d0317378_20035761.jpg
d0317378_20035823.jpg


鮭が川に遡上する様子を見学したり、その後ろにアメマスが付いて回る様子でも見れないかな?と思い釧路方面へ移動(結果:早すぎたようでした)。
夕食には大楽毛にある『ぶた福』のミックス豚丼を注文しましたが『韋駄天』の豚重に引き続きまたしても息子は残しやがった!
普段は肉肉肉肉とウルサいくせに(笑)

d0317378_20035966.jpg

今晩の寝床は白糠の道の駅。
暗闇の向こうから聞こえる波の音を聞きながら・・・ヘッドライトでコロコロコミック・・・・。

d0317378_20040016.jpg

『好きな娘とかいるんか?』みたいな普段出来ないような話でもしようかと思ったんですが、照れ臭くてなかなか出来ないものですね。こんな子供っぽい漫画を夢中で読んでる長男ですが次の春には中学生。
諸先輩方の息子さんの例を鑑みると、中学生位になったら週末に父親と魚釣りになんて行きたくないと言うかもしれませんね。
妻は『ウチの子達は行きたがると思うよ』などと言うものの、いろんな行事があるだろうし、いろんな事に興味が移るだろうし、そのほうがむしろ正常なんじゃないか?とも思うし。
思い出作り・・・息子の為というより自分の為と言うべきなのかもしれません。
・・・なんて、ちょっと感傷に浸りながら、疲れてスヤスヤと眠る息子の手をそっと握ってみたら(もう恥ずかしがって手を繋ぐことも無くなりましたので)、いつの間にかけっこう大きくそして分厚くなっててビックリ。
何だか嬉しいような、寂しいような上手く説明できない気持ちが一気に押し寄せてきて涙が少し出てしまいました。
とうとう頭おかしくなったかな?(笑)

d0317378_20040065.jpg
d0317378_20040105.jpg
d0317378_20042148.jpg


[PR]

by andieloop | 2017-09-03 18:40 | 家族 | Comments(6)
2017年 08月 19日

ファミリーキャンプ2017

夏休みの恒例行事のファミリーキャンプです。
昨年と同じ森林公園びふかアイランドキャンプ場に3〜4泊の予定で準備しました。
なお、ドサクサに紛れてウェーダー、ロッドなどの川遊びグッズも積み込もうとしましたが、妻の白い目に恐れをなして元の場所に戻しました。
こうして到着したキャンプ場は見たことも無いほどの大盛況。
家族連れ、ライダー、道外からの長期滞在者で大変混み合っており、テントを張る場所を選ぶことは出来ない状況。
とても快適なキャンプ場だから、この時期こうなるのは仕方ないのですが・・・。
d0317378_21325925.jpg

夕方〜朝方にかけては、この時期として考えられないほど気温が低く、これは天塩川のニジマス達もさぞかし気持ち良いんだろうなぁ〜と息子らが管理(?)する焚き火にあたりながら、ぼんやりと考えていました。
d0317378_21330084.jpg
d0317378_21330135.jpg

今回はダッチオーブンを使って燻製に挑戦。
まずはチープなソーセージで練習しましたが『何じゃ?酸っぱい!』・・・どうやらスモーク時間が長すぎるとタールが付きすぎて酸っぱくなるようです。
この反省を踏まえてスモーク時間を少し短くしましたので概ね美味しく出来ましたが、残念なことにサーモンはスモーク味の焼鮭になってしまいました。
コレはコレで単純に食べ物として美味しいけど、やはり、あのネットリした食感を出すに充分な下ごしらえが重要なようです。

d0317378_21330223.jpg
d0317378_21330221.jpg


余ったスモーク豚肉(?)はホットサンドの具にして、スモークチキンはそのまま食べるのを我慢してサンドイッチに。
・・・美味しいことは美味しいのでしょうが、実は燻製の美味しさがイマイチ分からない私なのでした。だって煙の味するからね・・・。
家に大きめのスモーカーを準備して自家製ベーコンが出来たら幸せになれそうだな・・・それとスモークサーモンとシメジのクリームパスタを作る事を当面の目標としたいと思います(笑)。
d0317378_21330344.jpg
d0317378_21330415.jpg

【ニジマスの話1】
帰りに寄った旭川にある妻の実家では朝食にムニエルを出してくれました(写真はありません)。

私 『美味しいですね。マスですか?』
義母『そう、ニジマスなの♪』
私 『!』(吹き出しそうになるが、慌てるな・・・食用の養殖ニジマスに違いない・・・)
義母『近所の人が近くの川で釣ってきて沢山釣れたからって頂いたの♪』
私 『!?』
義父『デカかったよ、この位あったわ(笑)』(推定50cmオーバー)
私 『!!!』(気を失う)


【ニジマスの話2】
旭川にある義兄の会社の事務所に寄ると『これあげる』と飾ってあったLLサイズのニジマスの剥製を頂きました。
15〜16年前に旭川近郊の川でルアーで釣った魚だそうです。
とても立派なモノなんですが、う〜ん・・・なんとなく罪悪感というか複雑な心境(汗)。
d0317378_21330548.jpg

今シーズンは釣行回数が極端に少なく、まだニジマスを釣っていないという危機的な状況です(笑)。
このブログを訪れてくれる皆様にも、本当に申し訳ない気持ちでおります、ハイ。 秋に期待をしていますが、今般の2件でバチが当たりそう・・・。
ご先祖様(妻のだけど)、何卒ワタクシに50cm程度のニジマスをお恵みください。
d0317378_21330643.jpg

[PR]

by andieloop | 2017-08-19 22:36 | 家族 | Comments(2)
2017年 06月 18日

Born to be wild

次男の日曜日の絵日記より。
来年はもっと釣りたいそうです。そうなると良いね。
d0317378_16492176.jpg

週末は息子二人を連れて、十勝方面へニジマス釣りに出かけました。
昨年は何だかんだで連れて来れなかったから2年ぶりとなります。
午前3:00、『絶対起きる』宣言をしていたクセに、全然起きない二人をようやく起こして札幌を出発。
すっかり明るくなった頃に十勝平野が車窓の外に広がりますが、案の定、目に入る十勝川各支流は思わず目を覆いたくなるような状況。
河原に生えていた木々は殆ど流されて、堤外(河川が流れている側)の殆どは裸地というのでしょうか砂利や土が剥き出しになっています。
文字どおり『傷跡』というにふさわしい光景・・・。
そこに洪水及び河川工事の影響でしょうね細かい泥の粒子が水に混ざっているような、不健康そうな水が流れており、魚が居るようには到底見えません。
熊が出なそうな範囲でなるべく上流に移動しましたが、何と橋が壊れていました。

d0317378_16491766.jpg

ここで更に上流域や渚滑川などの別河川に大きく移動することも考えましたが、熊の心配があるし、小学校3年生の次男にとっては水量が多すぎたりと移動は厳しいと判断して、雰囲気皆無の川でフライを流してみることにしました。
すると幸いなことに、少し水深のある流れ込みに小さなウェットフライを流してみると、小さなニジマス達が釣れてくれました。
まだ、フライラインを右手の指でホールドして手繰ることを知らない長男は口でラインを咥えて対処、そう言えば私も初めての時はそうなった(笑)

d0317378_16491915.jpg


まだ小さい次男には3番ロッドを両手持ちにするのが丁度良いようで、25cm位のニジマスが掛かると「大きい!」と叫んで大喜び。
彼の体感としては我々大人が40〜50cm位のニジマスを釣るのと同じくらいなのかな?・・・うっ・・・ちょっと羨ましいかも(汗)

d0317378_16491870.jpg


フィッシュランドで買ったナイロンウェーダーは内部が蒸れ蒸れのようで次男のズボンはビショ濡れ。昼食はパンツ姿で(笑)。

次男:『お父さん、道の駅まで行って・・・ウ○チしたい』
 私:『ダメだ・・・ここからは遠すぎて間に合わない・・・(ニヤリ)』
次男:『えぇ〜!?』
 私:『大丈夫、ここなら誰も来ないから。いいか、コツはギリギリまで我慢して一気に短時間で済ますことだ。やってみろ(ニヤニヤ)!』
長男:『オレもやったことあるよ!しかも高速道路(の法面)で!』
次男:『・・・』

人間としての尊厳か何かが邪魔をしていたのでしょうか? 暫く抵抗していた次男でしたが、やはり押し寄せる生理現象には抗し切れず、遂には私が愛用する水に溶けるポケットテイッシュを手に藪の中に消えていきました(頭隠して尻隠さずだったけど)。
・・・無事、生まれて初めてのWild−Shitを済ませて藪から出てきた彼の表情は、単にスッキリしたというだけでなく、心なしか少し逞しく見えたものです・・・わんぱくでもいい、たくましく育ってほしい(1970年代−丸大食品)

d0317378_16492013.jpg


夜はお待ちかねの焼肉バイキングウェスタン。腹を減らして、お店と勝負だ!
妻がこういう食べ放題的なお店を嫌がるので、なかなか連れて来て貰えない子供らは大はしゃぎ。
お腹がはち切れるまで食べてました、ケーキやアイスを・・・第1皿からいきなり菓子パン食べるんじゃないよ。

d0317378_16492237.jpg


お店との勝負に完全に負けた我々が次に向かった先は町内の温泉。
出てきた頃には外はすっかり涼しくなっていました。さぁ、息子らよ今夜は何処で眠ろうか?

d0317378_16492310.jpg


やっぱり定番の道の駅に移動、ササッと車内に寝床を作り、息子達はアッというまに夢の中へ・・・しかし狭かった・・・。

d0317378_16492273.jpg


『何時でも一緒に来れる』なんて思っていましたが、長男もいつの間にか小学校6年生。
最近は妻が手を焼くほど生意気になってきたし、私も厳しく叱責することも増えました。
時には大きな声を出して反抗することも・・・だから、たまには釣りにでも一緒に行って、父と子の瑞々しい思い出を・・・なんて・・・。
中学生にもなれば友達関係や部活動などで、父親と遊ぶなんてことも無いかもしれませんが、せめて私の方に悔いが残らないように・・・。
高校生くらいになって、まだ釣りに行きたいようなら一緒に本流に行けるんだけどな。

最後に、ある橋の上からの光景。
ここは割と市街地に近いため河川工事が他より進んだ状況のようですが、両護岸の間の水深は多分20cm程度でしょう。
・・・ウソ・・・でしょ?
この広い左右の護岸の間では、やがては川が蛇行し始め、深みや瀬を作り、川辺に樹木が繁茂するんでしょう?そのつもりでこうしたんでしょう?
あくまでも、この姿は途中経過に過ぎない?そうであって欲しい・・・。

d0317378_16491629.jpg



[PR]

by andieloop | 2017-06-18 16:54 | 家族 | Comments(6)
2016年 09月 04日

戦利品

You、いいボディーフェザー持ってるね~。ちょうだ~い、ねぇそれ、ちょうだ~い。
d0317378_19095515.jpg
敷地の隅々までゴミ拾いしてきました。案外落ちてないもんです。
中性洗剤でキレイに洗って・・・はて、どう使いましょうかね・・・。
d0317378_19100132.jpg

[PR]

by andieloop | 2016-09-04 19:17 | 家族 | Comments(0)
2016年 08月 20日

ファミリーキャンプ2016

森林公園びふかアイランドキャンプ場で4泊。テント泊が続き、だんだん腰が痛くなってきた(笑)
d0317378_1952219.jpg


飽きてきたので、初山別村みさき台公園キャンプ場へ大きく移動、ここで2泊。昼が暑くて、夜が寒い。寒暖差で夜にはテントが濡れる程。
d0317378_19524933.jpg


歩いて行けるところには温泉があり、露天風呂から夕日が見えます。
d0317378_1953238.jpg


幌加内にある『霧立亭』というそば屋さん。有名な『そば屋八右ヱ門』の息子さんだか弟子さんだかがやっていると義理の兄が言っていたけど・・・私は、蕎麦の味って分かるほどの味覚を持ち合わせていないけど・・・旨いと思います。
d0317378_19531840.jpg

[PR]

by andieloop | 2016-08-20 20:10 | 家族 | Comments(0)
2016年 05月 05日

2016のGW ~桜の都へ~

GWは家族で道南へ、妻は桜が見たかったようで森町・函館市・北斗市・松前町・・・などなど、桜でお腹イッパイです。お金を掛けない無計画の車中泊旅行です。
d0317378_1154234.jpg


今からちょうど10年前、函館勤務で2年間過ごしたことがあります。長男が産まれたのがココ函館。
函館で命を落とした新選組副長土方歳三の生涯を描いた『燃えよ剣』という司馬遼太郎の長編歴史小説
から息子の名前は『ケン』としております。『剣』じゃなく『謙』にしましたけど・・・。
それを土方歳三の肖像画の前で長男に説明すると・・・『ふ~ん・・・』とイマイチな反応(笑)。
d0317378_118199.jpg




[PR]

by andieloop | 2016-05-05 11:09 | 家族 | Comments(0)
2015年 08月 07日

ファミリーキャンプ2015

子供らが夏休みに入ったこの時期、例年より一週早くお盆の週の前に夏期休暇を取得しました。

【美深のキャンプ場で3泊4日】
料金も良心的、温泉至近、ウォッシュレット付きトイレ、朝と夜には洗面台ではお湯が出る。
子供が遊ぶトコロもある、クワガタやカブトムシも捕れる、袋(20~50円程度)さえ購入すればゴミを受け付けてくれる、車でテントサイトまで乗り入れ出来る、ペットもOK、洗濯機あり(有料)、製氷機あり(有料)
悪い点を見つけるのが難しいキャンプ場でした。テントを張りっぱなしにして、ここにしばらく住んでる様な道外キャンパーも多かったです。
d0317378_1937143.jpg


キャンプの合間を縫って、お隣にある音威子府村の『ふるさとまつり』に行ってきました。
イベントのダルマ落としにチャレンジ。
15名が挑戦する中、成功者は私を含めて3名。写真は最後の段を打ち抜くシーンです。
言うとアレなんで言いませんが、成功者はかなり嬉しいモノが頂けます。
音威子府役場の皆さん、村民の皆さん、ありがとうございます!
d0317378_19363197.jpg


牛の丸焼きの焼肉が一皿200円。半生に焼けた肉を買い、それを席に戻ってから更にお好みの状態まで焼いて食べます。火の付いたBBQ台は貸してくれますので手ぶらでOK。
柔らかくて凄く美味です。運転手の私はビールが飲めないけれど・・・。
d0317378_19373478.jpg


駅舎内にある音威子府そばのお店。
真っ黒くて個性的な香りがする音威子府ソバは好みじゃ無いけど、ここで食べると何故か美味しいから不思議。
なお、ふるさとまつりでは、音威子府そばの早食い競争もありました。
昨年のチャンピオンには破れた私は二位、妻は三位でしたが、妻が喉を詰まらせて死んでしまうかと思いました(笑)。絵が汚いので写真はありません。
d0317378_19375315.jpg


子供たちも楽しんでくれたようです。
いつかリタイアしたら、ここに2週間位滞在して手塩川で大型ニジマスを狙うなんていう新しい夢が出来ました。
d0317378_19381082.jpg



【京極のキャンプ場で2泊3日】
大きく移動して、噴き出し水が横を流れる格安のキャンプ場。
ここは、冷水がすぐ横を流れていますので、他と比べると凄く涼しい筈なんですが・・・。
d0317378_19412587.jpg


汲んだ噴き出し水でコーヒーを淹れる。ウメー!!美味いです。
え?『オマエに違いなんて分からないだろ』って?
イヤ気のせいじゃなく本当に美味しいですって、後味がまろやかというか何というかムニャムニャ・・・(笑)。
d0317378_19415097.jpg


キャンプ地からは少し離れているけれど、ニセコ駅舎内にある茶房ヌプリでカレーを頂きます。
まだ二十代の頃、夏休みに7泊8日で尻別川武者修行を行った時に、朝マズメ→昼ヌプリカレー、夕方ヌプリカレー→夕マズメという毎日を送っていました。お小遣いも時間も沢山あった時期です(汗)。
この時、夕暮れの尻別川でジャンプした巨大なレッドバンドニジマスが、私の夢の始まりなんです。
・・ということで、家族には私の思い出の品、カレーのみの注文を義務付け。
私の奢りなので、遠慮というか容赦なくベーコンエッグ、ソーセージ、ハンバーグカレーを注文する家族達。
私はノーマルで・・・(泣)。
d0317378_19421036.jpg

[PR]

by andieloop | 2015-08-07 23:58 | 家族 | Comments(2)
2015年 06月 20日

車と子供と思い出と

息子二人を連れて、ニセコ方面へ。詳細な計画など無い行き当たりバッタリの車中泊ドライブです。たまには一人でマッタリしたまえと妻は家でお留守番。
d0317378_21343194.jpg


息子らは、尻別川の支流で魚獲アミと釣竿を駆使して、小さなヤマメを捕まえます。
水槽の水は私が頻繁に換えながら、ちょっと観察してからリリース。ズボンをまくって川に入ると足が痺れるほど水の冷たさです。
d0317378_21345994.jpg


別の川では、魚が釣れないからと代わりにヒゲナガ捜し。石をめくるとラーバ、ピューパ共に結構見つかるもんで、夕方には何かが起こりそうですが・・・イブニングライズの釣りは、彼らがもっと大きくなってからですね。
長男の週末の自由研究ノートにはヒゲナガカワトビケラのスケッチと簡単な生態メモが書いてありました。
d0317378_21352684.jpg


サードシートの無い我が家のVOXYは、車中泊にはもってこい。
でも、私は狭い軽自動車の中で軽く体を曲げて寝る方が落ち着きます・・・真っ直ぐ寝たら、腰が痛くなっちゃった(汗)
d0317378_21355488.jpg


帰りは支笏湖経由。
大好きな美笛野営場はずっとクローズのようですが、今シーズンは復旧しないのでしょうか・・・。
d0317378_21361847.jpg


【参考動画】父親視点、娘視点・・・娘さんがいる方は決してお酒を飲んで観てはいけません(笑)。

[PR]

by andieloop | 2015-06-20 21:30 | 家族 | Comments(0)
2015年 06月 06日

二人で写真を撮ろう

d0317378_2057737.jpg

初めて魚釣りを教えてくれたのは誰ですか?
少し肌寒い週末、長男と二人で一泊二日で釣りの旅(キャンプ)に出かけました。
いつか彼が大きくなった時、この日のことを思い出すような、そんな日になれば良いな・・・なんて思いながら。
d0317378_20575741.jpg



占冠のPAでShuさん&Abuさんに偶然お会いします。これから本流へ向かうそうです。
う・・・ちょっと羨ましい・・・と思いながら(笑)、本流釣り師達の幸運を祈り、ここで別れます。
到着した十勝の支流は、水量も落ち着いていて子供と一緒に遊ぶのには好条件。まずは手堅く手竿で(笑)。
息子はYoutubeから得た知識で、姿勢を低くして魚に警戒されないようにしています。
少し大きいニジマスと思われる魚も何度か掛かりますが、グイグイ竿を伸されて、小さい魚以外は全てアミーゴ。 私がやってもアミーゴ。捕れる気がしません(笑)。
d0317378_20583984.jpg


午後からは『フライフィッシングやってみたい』という息子の要望に応えて、もう少し開けた別の支流に移動します。 息子にとっては初めてのフライフィッシングなので、キャスティングからの指導になります・・・といっても教えたのはラインをロッド一本分だけ出してのピックアップ&レイダウン。
斜め下流にラインを落として、着水後にラインを少し張る、ロッドを下流に倒して行き、ウェットフライをゆっくりと横切らせる。 2〜3回流してステップダウン。これのみ。
この釣り方はラインを常に張っているので、子供にとっても魚からのコンタクトが分かり易いようです。
ほとんどテールエンドでの釣りになるのでバラしも多いけど。
d0317378_2184388.jpg


ラインを手で手繰って魚を寄せるという事が出来ないので、全てリールファイトになっちゃいますが、時々リールを反対に回したりしながらもその真剣な表情に思わず笑っちゃいます。突然、無言になってリールを巻いているので『どうした?』と聞くと『重い・・・』。
やがて息子が釣り上げたのは30cmくらいのニジマス(放流魚でしょうが)。
d0317378_20592473.jpg


河原で安物の簡単テントを張って就寝。身を寄せ合って寝ましたが、寒かった〜。
d0317378_2059519.jpg


『お父さん、豚丼って何?』『美味しいよ、行ってみる?』・・・帰りは清水町まで走って、韋駄天で豚重。
150円プラスするとご飯を大盛りにしてくれるそうなので、二人ともご飯大盛り。
息子、半分近く残しやがった!(勿論、私が食べましたが)
『すき家(の牛丼)の方が美味しい・・・』。
私はお腹いっぱい韋駄天の豚重を食べることが出来て幸せだったけど、もう連れてこない!貧乏舌め(笑)。
d0317378_2101629.jpg

[PR]

by andieloop | 2015-06-06 20:55 | 家族 | Comments(6)
2015年 05月 05日

桜舞い散るGWのキャンプ場

当ブログは本来、釣行記がメインのはずですが皆様お許しください。
今回も釣りネタではありません。
GWの中日は北広島の小さなキャンプ場へ。
雨の予報でしたが、新しいテントの耐水テスト及び我が部族の若い戦士達の夜間耐寒訓練を兼ねて、妻の反対を押し切り強行(笑)。しかも二泊三日。
d0317378_19462886.jpg


キャンプ場の中を流れる小川の方向から、『お父さん!見て見て!』の声に行ってみると、良い型の"どぜう"を始め、エビやヤツメウナギ(?)を獲っていました。少し肌寒い中、岸際の草をガサガサやり続ける、なかなか逞しい兄弟です。
d0317378_19464120.jpg


夜を迎え、段々と肌寒いを通り越して、寒くなってきましたが、訓練はこれからです(笑)。
ダウンのシュラフは一つしか持っておらず、それを妻に取られてしまいましたので、二つのシュラフを連結、中に毛布を入れて男三人互いに温め合って何とか朝を迎えました。
d0317378_1946521.jpg


コールマン印が焼き付けられるホットサンドメーカー。強度はイマイチですが、非常に気に入ってます。
子供っぽいですが、何か美味しく感じます(笑)。
d0317378_194744.jpg


【我が部族キャンプの問題点~物欲メモ】
・二つ以上の料理を同時に調理できるツインバーナーが欲しい。
・テントの天井にカラビナなどでLEDランタンを吊り下げたい。S字フックではだめ。
・今時のLEDランタンが欲しい。
・家族の着替えが一つに入る大きな収納カバンが欲しい。
・荷物を全体的にコンパクトにしたい。椅子を小型のローチェアにするかな?
[PR]

by andieloop | 2015-05-05 20:17 | 家族 | Comments(0)