2017年 05月 20日

巨大魚育む春の人造湖(朱鞠内湖MAXタコス味編)

d0317378_17091345.jpg
今シーズンも志願の上、朱鞠内MAX苦行団に加わえていただき、やって来ました北の人造湖。
今年も日の出から日没まで、許される最大限の時間、幻の大魚イトウを狙います・・・まさに朱鞠内MAX!
AM4:00出船、我々一行は希望どおり北大島に上陸し、フィッシングスタート。
上陸直後は穏やかな風のおかげで水面が荒れず、我々が膝上くらいまで立ち込んでいる水中にはワカサギの姿が見えます。
十分に手の届く沖では大きな尾鰭を見せてイトウがムックリとボイルしているのが見ることもできました。ウホー!


d0317378_17091617.jpg
この日の道具立てはDeerCreek#7/8、ブグレーにはVision35ldのランニングライン。
それにスカジットコンパクト(インター)+シンクティップ。
なお、シンクティップは20年前に使っていたタイプ2のシューティングヘッド(#9)を4mにカットして使用しました。
悪くはないんですが、ティップはもう少し重く短くしても良いかも・・・。


d0317378_17091173.jpg
割と早い時間帯、ゆっくりリトリーブする左手にモァンモァンという生命感が伝わってきました。
左手でランニングラインを強く引くと同時にロッドを起こすと、とてもコンディションの良いアメマスが姿を見せてくれました。
スローリトリーブで魚を釣ったのは初めてなのですが、なんとも不思議な手応えでした。
毎年恒例の参加賞にしては釣れる時間が早いし、サイズも50cmはある立派なアメマスです。


d0317378_21312345.jpg
なお、朱鞠内湖の渡船サービスを利用しての釣りは、今回で3年目となりますが過去2年はいずれもイトウを『見て』います。
『見て』いるだけで『釣っていない』はいないのですが、個人的にはイトウという魚は神々し過ぎて、見るだけでも『ありがたやありがたや、ナンマンダブ・・・』
という感じですので、釣れなくても不思議と悔しくありません・・・何でしょうこの気持ち。釣る前から既にターゲットに呑まれている(笑)?
湖面に刺さる一本の杭のハズが、湖畔に横たわる一本の丸太になり、『今年もイトウを見たいなぁ・・・』とぼんやり考えながらZzz・・・。


d0317378_21312181.jpg
・・・なんと、私が湖畔に横たわる丸太になっているその間には友人がイトウをキャッチしておりました!
しかも、けしからんことに私が寝ているすぐ目と鼻の先で!
起き抜けに目をこすっているときにはリリースを済ませて、こっちに向かってガッツポーズ。
『ちょっと、なんで起こしてくれないの!?』と高校生が母親に言うような理不尽な八つ当たりをしておきました。
(写真は仲間内のライン添付画像を借用)


d0317378_17091502.jpg
やがて正面からの風が強くなり、距離を出すことが困難になってきます。
竿先からはランニングラインがチョビっとしか出ていないので、スイスイとリトリーブしちゃうとアッという間に終わっちゃいます。
なので、出来るだけゆっくり引いて、少ないラインを少しでも長持ちさせるセコセコ作戦で行きました(笑)。
こんなだから釣れないのかな(笑)?
昼食係としてバーナーを扱う予定の私としては、この強い風が別の意味で気になってきます。
バーナーにオプションで付いている風防ではいかにも頼りないので周囲の石を積んで風を防ぐことにしました。
ついでにテストを兼ねてコーヒーを淹れてリフレッシュ。


d0317378_17091421.jpg

本日のランチはタコス味のホットサンド。
中身は自作のタコスミート、サルサ(カットトマト+オニオン+ピーマン)、チェダーチーズ、ソーセージ。
新調したCHUMSのホットサンドメーカーは食パンが余裕をもって入るサイズで使いやすいです。
但し、四辺がきっちりプレスされないので、具材への火の通り方に関しては先代のコールマンが若干優れているかな?
美味しいとは思いましたが、釣りのランチとするなら、もっと具を入れてボリュームを出したほうが良いかもしれません。
こちらは来年の課題としたいと思います。どなたか美味そうなホットサンドのレシピあったら教えてくだされ。


【中身1:タコスミート】
合挽挽肉にニンニク、塩コショウ、ウスターソース、ケチャップ、カレー粉、チリパウダー、パプリカ、オレガノ、ナツメグ等々・・・を分量適当に加えて炒めた後、水を少し入れて水分を飛ばします。
嫁を『ちょっと来て味見てみて、ちゃんとメキシコ味になってる?』と2回も呼びつけたので、ウンザリされたかも(笑)
『サルサとチーズと一緒に食べれば大抵メキシコ味になるから!そもそもメキシコ味って何さ。』とのことでした。


【中身2:サルサ】
トマトの缶詰(カット)にみじん切りにしたタマネギ、ピーマンを混ぜただけ。

これらを前日に作って、タッパーに入れて持って行きました。
ちなみにトップバリューからレトルトのタコスミートが売られているそうです。前日の仕込みまでしたくない方はご参考までに。


d0317378_17091769.jpg
沈みゆく夕日が許された時間が僅かであることを示し、そこから来る焦りのあまりカウントダウンを取ることも忘れ(こういう雑な所がダメなんですよね(笑))、一心不乱にキャスト&リトリーブを繰り返しますが、残念ながらリトリーブする私の左手に衝撃が訪れるのは動かない根掛かりのみ。
やがて、遠くから迎えのボートが出発する音と、それを聞いたYunさんがリールにラインを巻き取る音が今日の釣りの終了を私に告げていました。
(写真はYunさんのフェイスブックより借用)


d0317378_17091246.jpg
私に朱鞠内湖の女神が微笑むのはいつでしょうか?まぁ一年に一回の参拝では、その日は遠いかもしれませんね?
こちらは私たちをポイントに渡してくれたり迎えにきてくれたりする朱鞠内の女神様をイラスト風に。今年もお世話になりました。

[PR]

by andieloop | 2017-05-20 23:00 | 釣り | Comments(8)
Commented by Kawanami at 2017-05-22 22:50 x
andieloopさん、こんばんは!
先日は朱鞠内湖MAX、お疲れ様でした。
昼食のホットサンドご馳走様でした!メチャメチャ美味しかったです。レシピ実は気になってました。笑
今度チャレンジしてみようと思います。笑
寝てる間の抜け駆けイトウキャッチは大変失礼致しました。笑
andieloopさんのブログは楽しいですね。いつもニヤニヤしながら拝見させて頂いております。笑
また是非ご一緒させてください。
宜しくお願いします!

Commented by masa1st1956 at 2017-05-23 14:48
andieloopさん、こんにちは。
土曜日はボリューム満点のホットサンドご馳走様でした。
去年もそうでしたが、朱鞠内苦行MAX耐えられるのもこのお陰かと(笑)。
お互いMAXではイトウの当たりさえ無い仲ですが、おそらく次回は北の本流辺りかと思いますが、その時はよろしくお願いします。
Commented by slowfishing-yun at 2017-05-23 21:56
andieloopさん、こんばんは。
今年も土曜日の朱鞠内湖MAXはお疲れ様でした。
来年はレイクハウスに泊まるというのも悪くはないですよね。
メキシカンなホットサンド、美味しかったです。是非北の本流でもお願いいたします。
さて、今回は本当に釣りに集中されていましたね。
特にKawanamiさんにイトウが微笑んでからのandieloopさんのあんな集中力は拝見したことがありませんでした。
何しろ釣りに集中しすぎて、ずっと無言でしたからね・・・笑。
あの集中力があれば、きっと来年の5月にはandieloopさんに朱鞠内湖のイトウが微笑むのではと思っています。
また宜しくお願いいたします。
Commented by sugi-51 at 2017-05-24 00:59
andieloopさん、こんばんは。
先日はお疲れさまでした。また昨年に引き続きホットサンドの振る舞い、ご馳走様でした。
中々、朱鞠内湖の女神様は微笑んでくれませんが来年はきっと…。yunさんとは朱鞠内湖キャンプも良いよねなんて話をしています。
朱鞠内湖MAX、来年も宜しくお願いします。
来年の前に次回は本流ですね!。
Commented by andieloop at 2017-05-25 05:45
Kawanamiさん、こんばんは!
ホットサンド気に入ってくれたようで嬉しいです。
『ホットサンド タコス味」で検索すると他にも色々レシピが出てきますよ。
ホットサンドメーカーとコンロがあれば、お家でも簡単にできますので、休日の朝、少し早く起きて家族に振る舞ってみてください。
これでも味わい深い言葉や構成を目指してるのですが、仕上がりは全く逆になっちゃうんです(笑)。こちらこそ、また遊んでください!
Commented by andieloop at 2017-05-25 05:46
masa1st1956さん、こんばんは!
次回MAXとは言わず、車中泊釣行などで機会があればまたホットサンドご馳走させてください。
私のホットサンドで苦行が和らぐならこんなに嬉しいことはありません、調子に乗って、もっとレパートリーを増やしていきたいと思います(笑)。
新しい車、早く来ると良いですね。次お会いするときには見れるかな?
楽しみにしています。
Commented by andieloop at 2017-05-25 05:47
Yunさん、こんばんは!
今年もMAX苦行団に加えて頂き、ありがとうございました。でも、3年目にして何となく『苦行』と感じなくなってきたのは、私も感覚が麻痺してきた証拠でしょうか。
レイクハウス泊の夜は、さぞかし楽しいでしょうね。きっと、翌朝は一層辛そうですが(笑)
ホットサンドはお任せください。そのかわり、車中泊釣行の朝ご飯ですよ(笑)  
Kawanamiさんが黙々とキャスト&リトリーブを続けている後ろで、私がグーグーと惰眠を貪っていた状況において、Kawanamiさんが待望の一尾をキャッチしたのですから、自分のだらしなさを責める意味も込めて、遅ればせながらちょっと真剣になっちゃいました。気づかれましたか、恥ずかし〜(笑)
Commented by andieloop at 2017-05-25 05:48
sugi-51さん、こんばんは!
ホットサンド、喜んで頂けたのなら私も嬉しいです。
長丁場のMAXですから、暖かい食事やコーヒー等の気分転換があれば、アングラーのモチベーションも維持しやすいですし、より豊かな休日になりますよね。5月の最終週だったら朱鞠内キャンプも決して無理ではありませんね。ちょっと寒いかもしれませんが、焚き火を囲んでウイスキーをチビチビ飲みながら、釣りの話をするなんて夢みたいです。
私がイトウをキャッチできるのは来年?・・・本当ですか?皆で純朴な私を騙してませんか(笑)?


<< フライタイイング#39 セッジ...      春の道東河川(すべてが此処に・... >>